【エプソムカップ 2023】出走馬適性チェック✔︎

エプソムカップ 2023 出走馬 適性 診断 傾向 血統重賞出走馬適性チェック
スポンサーリンク

2023年6月11日(日) 東京競馬場 芝1800m エプソムカップ 出走馬全頭の適性診断記事になります。

この記事はエプソムカップへの出走予定馬の適性を血統・距離・コース・ローテを細かく分析し、5段階(ABCD・E)で評価。最後に厳選上位馬を挙げたいと思います。

適性チェック✔︎は能力や調子、調教、枠順、馬場、天気などのファクターは完全に度外視した競走馬の個性を取り上げるものとなりますので参考にする程度で見てもらえたら幸いです。

血統の適性については下の血統適性評価基準をご覧下さい。

スポンサーリンク

エプソムカップ 2023 血統適性評価基準

東京芝1800mで行われる重賞。非根幹距離+時期も雨季ということもあって、サドラーズウェルズやヌレイエフ持ちの好走が目立ちます。米国血統よりも欧州血統を重視するべきでしょう。

エプソムカップ 2023 出走馬適性チェック✔︎

インダストリア

 父:リオンディーズ
 母:インダクティ
母父:ハーツクライ

母はJRA2勝。ケイデンスコールの下にあたる血統で、バランスオブゲームやフェイムゲームの甥にあたります。曾祖母はサッカーボーイの全妹。父リオンディーズはシーザリオ一族で、現役時代に朝日杯FSを制した馬。母父ハーツクライはキングマンボ系種牡馬と相性が良く走る馬が多い。母系がトニービンとテーストを持ち、戦績通り中山マイル向きの血統の様にも。安田記念からのスライドで距離も1ハロン延長。東京はベストでは無いと思いますが、前走の様に終いを使える展開になるのであればこなせても。高速馬場よりは多少湿った馬場の方がチャンスはあるのかなと思います。

血統:B    距離:B    コース:C    ローテ:C

エアファンディタ

 父:ハットトリック
 母:Nokaze
母父:エンパイアメーカー

エアアルマスやエアサージュの半兄弟で、米ダ8.5FのGIII勝ちのユウギリが従兄弟にいる血統。ファミリーからはダノンバラードなども出ています。父のハットトリックはサンデー系のマイラーで母父エンパイアメーカーはパワー型で馬力を伝えます。ヘイローのクロスで芝向きのパワーを持つので直線急坂の阪神で良績を集めます。前走は京都外1800mの都大路Sを外から差し切り。終いはしっかりしてきていますし、直線の長い東京コースは合いそうです。ただ、勝ち切るなら道中ロスなく回るのが理想でしょう。上手く馬群で脚を溜められれば面白い存在だと思います。

血統:B    距離:A    コース:B    ローテ:C

エアロロノア

 父:キングカメハメハ
 母:エアワンピース
母父:ロックオブジブラルタル

母のエアワンピースはJRA4勝で、祖母は秋華賞馬のエアメサイア。エアスピネルやエアウィンザーの甥にあたる血統で、父キングカメハメハに母父がロックオブジブラルタルとパワーが強く、1800m志向は強いマイル血統。マイル重賞だとワンパンチ足りない印象で1ハロン延長は面白いと思います。時計勝負は厳しいので雨が降って多少時計の掛かる馬場になった方がチャンスは浮上するのかなと思います。前走は外を回らされたので内からスムーズに立ち回った京都金杯のようなレースが理想でしょう。

血統:B    距離:B    コース:B    ローテ:B

カワキタレブリー

 父:ドレフォン
 母:カフジビーナス
母父:ディープインパクト

カフジアスールやニシキギミッチーの兄弟でローレルブレットやウィンドライジズの甥にあたる血統。父ドレフォンはストームキャット系種牡馬で芝ダート兼用の産駒が多く、ジオグリフやデシエルトの父。マイル中心でローテを組み前走湘南SでOP入り。上がり勝負になると少し分が悪いのでパンパンの良馬場よりは、湿ったタフな馬場が合うのでは無いでしょうか。1800mでも問題は無いと思いますし、NHKマイルCでも大駆けする地力はあるのでイキナリやれてもおかしくはない存在でしょう。

血統:C    距離:B    コース:A    ローテ:C

ガロアクリーク

 父:キンシャサノキセキ
 母:ゴールドレリック
母父:Kingmanbo

近親に世界的名牝マイラーのゴルディコヴァや、ヴェルメイユ賞勝ち馬のガリコヴァの居る血統で、父のキンシャサノキセキは高松宮記念連覇の名スプリンター。母系の重厚感からもマイル〜2000mがベストの構成でしょう。昨年2着から1年の休養を経て参戦。この時期の東京の芝は合うと思いますし、距離もちょうどいいので後は状態次第でしょう。十分好走出来る1頭だと思います。

血統:A    距離:A    コース:B    ローテ:D

ショウナンマグマ

 父:ザファクター
 母:レッドメアラス
母父:ステイゴールド

祖母のセイランクイーンは3勝馬で、母系はステイゴールド×メジロマックイーンのニックス。父はダートとオールウェザーの7FGI勝ち馬のザファクター。スピード×スタミナで中距離志向が強くて、母母母父がマグニテュードのスピードも活きて1800mの前で渋とさを活かす競馬が合います。距離は合いますが、ワンターンよりも周回コース向きなので東京の広いコースよりは中山のようなコース向きでしょう。多少なら問題ありませんが、あまりにも重い馬場は酷なので天候には左右されると思います。

血統:C    距離:A    コース:D    ローテ:C

ジャスティンカフェ

 父:エピファネイア
 母:カジノブギ
母父:ワークフォース

母は1勝馬で、祖母のギミーシェルターは5勝。4代母はオークス馬のアンバーシャダイという牝系。父は菊花賞とジャパンCを制したエピファネイアで、エフフォーリアやデアリングタクトらの父。母父ワークフォースはキングマンボ系種牡馬で凱旋門賞を現役時代に制しています。ロベルトの4×5、サドラーズウェルズの4×4と重厚感ある血統ながらサンデーの4×3も入りスピードも持ちます。重賞でも十分勝ち負けの力を持ちますし、この舞台設定は毎日王冠で2着とこなせます。欲を言うとマイルの方が斬れる脚を使えるのかなという印象で、あとは昨年同様安田記念を使えずこちらにスライドになるのでそこの調整面が課題かなと思います。

血統:A    距離:B    コース:A    ローテ:C

トーラスジェミニ

 父:キングズベスト
 母:エリモエトワール
母父:マンハッタンカフェ

ジョイスの叔父で、ジャンプ重賞勝ち馬エリモマキシムやダイオライト記念2着のトウシンイーグルのイトコにあたる血統。父のキングズベストはキングマンボ系で、英2000ギニー勝ち馬。エイシンフラッシュやワークフォースの父として知られます。母父マンハッタンカフェなので掛け合わせはミスニューヨークと同じ。道悪巧者で時計が掛かるタフな馬場になればという感じでしょうか。それでも昨年は11着と大敗していますからやはり衰えは隠せないのかなと思います。新潟の道悪よりは東京の道悪の方が向くとは思うので雨が降って再度どこまでやれるかでしょう。

血統:B    距離:   コース:C    ローテ:C



ピースワンパラディ

 父:ジャングルポケット
 母:クリアソウル
母父:アグネスデジタル

シゲルヒラマサの半弟で、曾祖母はグローバルピースを輩出していて、ホエールキャプチャやパクスアメリカーナが近親にいる血統。父ジャングルポケットはダービーやジャパンCを制したトニービンの直仔で、スタミナが強い血統。母父がアグネスデジタルなのでパワー型。時計が掛かるレースが良くて、中京のようなタフなコースが合うので東京の時計勝負だと少し酷。ただ、雨季なので雨降って力の要る馬場になればチャンスはあると思います。1800mも問題ないですが、もう少し距離があった方が相対的に着順を上げてくるタイプでしょう。

血統:C    距離:C    コース:C    ローテ:C

フィアスプライド

 父:ディープインパクト
 母:ストロベリーフェア
母父:Kingmanbo

ミッドサマーフェアやソフトフルートの下で、祖母はBCジュベナイルフィリーズなどを制した全米2歳牝馬チャンピオンのストームソング。オーダーオブセントジョージやアイスストームのイトコにあたる血統です。ディープインパクト×キングマンボの配合に母系がストームバードのラインを持ちますから大箱ベストの構成。前走のターコイズSは行き脚つかず後方から。それでも直線だけで3着まで追い上げて来ましたし、重賞でも通用する脚力は見せていました。東京に変わるのはプラスと見ますし、多少なら重い馬場になってもこなせるのでここでも上位争い可能でしょう。決め手比べになった方がいいと思います。

血統:B    距離:B    コース:A    ローテ:C

マテンロウスカイ

 父:モーリス
 母:レッドラヴィータ
母父:スペシャルウィーク

母はJRA3勝。レッドデイヴィスの甥にあたる血統で、近親にはデルタブルースがいます。父のモーリスは世界的名マイラーで、ジャックドールやジェラルディーナの父。母系がスペシャルウィークにトニービンと東京大箱向きの構成で、前走のメイSでも2着に好走。ここまでセントライト記念以外は馬券内と安定している分、勝ち切るにはひと工夫必要なようにも。逃げて2勝とハナに拘った方が良さは出るのでは無いでしょうか。ここでも勝ち負けになる1頭だと思います。

血統:B    距離:A    コース:B    ローテ:B

ヤマニンサルバム

 父:イスラボニータ
 母:ヤマニンエマイユ
母父:ホワイトマズル

母のヤマニンエマイユはJRA1200m〜1600mで6勝。ヤマニンマンドールやヤマニンペダラーダの半弟で、父イスラボニータは皐月賞勝ち馬。母父ホワイトマズルは伊ダービー馬で、欧州中長距離路線で活躍。産駒はイングランディーレやアサクサキングスのような長距離馬からメリッサやビハインドザマスクのように幅広い活躍馬を輩出。母系にダンジグ、トニービンと重たい血に父系のスピードでバランスは取れていて、タフな展開に向く中距離馬というイメージ。前走の新潟大賞典は不良馬場でジリジリの末脚。やはり斬れ味活きる綺麗な芝の方がタイプ的には合うのでしょう。2000mから距離が短縮するのは歓迎だと思いますし、決め手勝負になったら台頭してくるのではないでしょうか。

血統:B    距離:A    コース:B    ローテ:A

ヤマニンサンパ

 父:ディープインパクト
 母:ヤマニンパピオネ
母父:スウェプトオーヴァーボード

母のヤマニンパピオネはJRA4勝のスプリンター。ヤマニンウルスの半兄にあたる血統です。父ディープインパクト×母父スウェプトオーヴァーボードはグローリーヴェイズと同じ配合。どちらかというとパワー寄りの配合で時計が掛かった方が良さが出るタイプでしょう。とはいえ重たすぎる馬場は向かないので稍重くらいがベストなイメージではあります。距離も合いますし直線の長い東京の舞台もいいですが、約1年ぶりになるのでその点は懸念しなければならないのかなと思います。

血統:C    距離:A    コース:B    ローテ:D

ラストドラフト

 父:ノヴェリスト
 母:マルセリーナ
母父:ディープインパクト

母は桜花賞馬のマルセリーナ。ヒートオンビートの半兄で、グランテッツァの甥にあたります。父のノヴェリストは独血統で、欧州のクラシックディスタンスをメインに活躍。ブレークアップやコスモカレンドゥラの父。全体的に欧州色が強くて中長距離向きに出ました。決め手に欠ける分、消耗戦になった方がいいタイプ。東京は合うのと距離短縮はプラスになると思うので後方で脚を溜めてどこまで弾けるかというところでしょう。前走は大外枠で中途半端な競馬になってしまいましたし腹を括った競馬が出来れば。道悪よりは良馬場の方がいいと思います。

血統:B    距離:B    コース:A    ローテ:C

ルージュエヴァイユ

 父:ジャスタウェイ
 母:ナッシングバットドリームズ
母父:Frankel

祖母のデインドリームは凱旋門賞勝ち馬。オンラインドリームの姪で、デインバランスの半妹にあたります。父のジャスタウェイはドバイDFや天皇賞・秋などビッグレースを制した名馬で、母父フランケルは世界的名マイラー。母系がデインヒルクロスを持ち、高速決着よりは時計が掛かった方が向くタイプでしょう。後方からの脚質なので展開にかなり左右されますが末脚は一級品。ドボドボの馬場よりは湿っている位の方が斬れ味は削がれないので良馬場が理想。1800mもちょうどいいので展開ハマれば面白い1頭。

血統:B    距離:A     コース:A    ローテ:B

レインフロムヘヴン

 父:ドゥラメンテ
 母:レディオブヴェニス
母父:Loup Solitaire

母のレディオブヴェニスはキャッシュコールマイルS勝ちなどマイル中心で活躍。アクションスターやアッフィラートの半弟で、父のドゥラメンテは皐月賞、ダービーの2冠馬で、タイトルホルダーやリバティアイランド、スターズオンアースなどの父として活躍。母父はロベルト系のルーソリテールで仏グランクリテリウム勝ち馬。2000m以上で勝ち上がって来ましたが、母系のスピードと父系の中距離志向からも1800mが割と合う構成に感じますし、リファール持ちというところからも東京コースは合うのかなと思います。軽い走りをするので道悪はあまり良くないと思いますが、良馬場でやれるのであればこのクラスでも通用してもおかしくないと思います。

血統:A    距離:B    コース:A    ローテ:B

レクセランス

 父:ディープインパクト
 母:エクセレンスII
母父:Champs Elysees

エクセランフィーユの半弟で、母のエクセランスIIは仏の重賞戦線で活躍。アンプルダンス賞勝ち馬。父ディープインパクトに母父はデインヒルのラインのシャンゼリゼ。血統的にはパワーのいる馬場が合うタイプで、阪神と中京に良績が集まります。長いところを中心に使ってきているので1800mへの短縮はスピード的に不安があるのかなという印象で、上位に入るなら消耗戦になった方がいいのかなと思います。バテないのは魅力なのでスピードさえ通用すれば面白いのかなと思います。

血統:C    距離:D    コース:C    ローテ:D



エプソムカップ 2023 適性チェック✔︎上位馬4頭

✔︎ヤマニンサルバム
✔︎ルージュエヴァイユ
✔︎レインフロムヘヴン
✔︎マテンロウスカイ

以上の4頭をピックアップさせて頂きます。

ブログの冒頭にも書きましたが、

適性チェック✔︎は能力や調子、調教、枠順、馬場、天気などのファクターは完全に度外視した競走馬の個性を取り上げるものとなりますので参考にする程度で見てもらえたら幸いです。

最終的な予想(本命馬)はレース当日の朝までに予想記事を投稿しますのでそちらもあわせてよろしくお願いします。

今週末行われる重賞レース適性チェック✔︎

6月11日(日)函館11R 函館スプリントS



ブログランキングに登録しています!よろしければポチポチお願いします!









この記事を書いた書いた人
ころめん

ころめんです!30代会社員競馬好き!競馬の魅力を伝えていけたら嬉しいです!

ころめんをフォローする
スポンサーリンク
重賞出走馬適性チェック
スポンサーリンク
シェアする
ころめんをフォローする
ころの競馬人生

コメント

タイトルとURLをコピーしました