新潟記念2022 出走馬適性チェック!

新潟記念 2022 血統重賞出走馬適性チェック
スポンサーリンク

夏競馬もいよいよクライマックス。サマー2000シリーズ最終戦の新潟記念が今週行われます!

ここで弾みをつけて秋のG1戦線へ名乗りを上げるのはどの馬でしょうか!

この記事は新潟記念への出走予定馬の適性を血統・距離・コース・ローテを細かく分析し、5段階(ABCD・E)で評価。最後に厳選上位馬を挙げたいと思います。

適性チェックは能力や調子、調教、枠順、馬場、天気などのファクターは完全に度外視した競走馬の個性を取り上げるものとなりますので参考にする程度で見てもらえたら幸いです。

血統の適性については下の血統適性評価基準をご覧下さい。

スポンサーリンク

新潟記念 血統適性評価基準

最終週の新潟外回り2000mで施行される新潟記念

日本一長い直線を最後までしっかりと伸ばす脚力が必要で、スピードだけでは押し切れないので底力も要するレースとなっています。

過去の傾向からだと、キングカメハメハなどを経由したミルリーフ持ちがこのレースとは相性が抜群。サンデー系でもステイゴールド系が好走しているのを見るとタフなレースに強い血がポイントになりそう。

新潟記念 全18頭 適性チェック

イクスプロージョン 牡4 三浦皇成 56㎏

 父 オルフェーヴル
 母 ファシネイション
母父 シンボリクリスエス

牝祖3代母のグレースアドマイヤリンカーンヴィクトリーを輩出した名牝系の血を引き、母系はトニービンを持ち長い直線の持続力を、父のオルフェーヴルはタフな馬場に強いステイゴールドの後継種牡馬で、この舞台には適している血統構成ですが、馬力がかなりありそうな配合の為、直線に急坂がある方が味方するタイプだと思います。

2走前の高山S(3勝クラス)と前走関越Sを連勝でこの舞台へ。スタートしてからのスピード乗りが悪い方ではないのでペースが落ち着く新潟外回りのコース形態は合います。スピードが乗ってからはバテるようなことのない心肺機能の高いタイプでしょうか。超切れる脚があるわけではないので勝負どころまでに程度位置を取って競馬するのが理想。本来距離はもう少しあったほうがレースはしやすそうです。

血統:B 距離:B コース:B ローテ:C

エヒト 牡5 田中勝春 57㎏

 父 ルーラーシップ
 母 ヒーラ
母父 ディープインパクト

母のヒーラはJRAで3勝を挙げていて最終的には1200mで活躍。新潟千直にも勝ったスピードを持ちますが、母父ディープインパクトでもデインヒルサドラーズウェルズだから時計の掛かる馬場やタフな競馬に向いている母系。父のルーラーシップキングマンボ系の中でも晩成傾向の多い種牡馬で、キングカメハメハ経由でミルリーフ持ちで、更にはトニービンのスピード持続力も完備。この新潟2000m外回りには持ってこいの血統で5歳になり充実なのも良いです。

前走七夕賞で重賞初制覇を飾った本馬は、充実一途。早い流れを外から先行し全くバテることなく圧勝でしたからタフな流れが1番向いているのでしょう。前傾ラップの方が向いているので、スローな展開は望みませんが、ある程度流れて直線で凌ぎ合いになれば対等はしてくると思います。本来は小回り周回コース向きですが、コース云々よりも展開に左右されそうですので他メンバーとの兼ね合いがポイントになるでしょう。ポテンシャルは当然上位。

血統:A 距離:B コース:D ローテ:B

カイザーバローズ 牡4 津村明秀 55㎏

 父 ディープインパクト
 母 ジェニサ
母父 ストームキャット

牝系からは米国名馬ティズナウが出ている血統で、ストームキャットシアトルスルーを持つので平坦スピードの持続力の鬼といった母系にディープインパクトが父。ディープ×ストームキャットキズナリアルスティールサトノアラジンラブズオンリーユーなどを出した黄金ニックスで大箱の直線勝負の舞台に強い血統。母系のスピード色が強い分この舞台だと終いが甘くなるかもしれません。

2走前の新潟大賞典で2着と健闘。勝ちパターンでも最後止まってしまったのは血統のイメージ通りで、仕掛けどころが鍵になりそう。前走の鳴尾記念もさあここからという場面から伸びあぐねているのを見ると、実際のところはマイルや1800mくらいの距離が最適性なのかなと思います。

血統:C 距離:D コース:B ローテ:C

カナリキケン 牝4 木幡初也 49㎏

 父 ジャスタウェイ
 母 ブリリアントレイ
母父 キングカメハメハ

叔母に3冠牝馬のスティルインラブがいる血統で、母父キングカメハメハロベルトなので母系はパワーが強く、父のジャスタウェイダノンザキッドヴェロックスの父でやや早熟傾向が強い血統ですが、ジャスタウェイ×キングカメハメハの牝馬といえばアウィルアウェイで5歳になってもそこそこ活躍。全体的にパワーが強くダート向きなのは否めない血統構成です。

ダートを主戦場としていて、3勝クラスの柳都S(新潟ダート1800m)を7着からの参戦。ダート馬らしいワンペースで芝のレースで尚且つ外回りの長い直線だとスピード負けしそうで、軽斤量でどこまでやれるかでしょう。

血統:D 距離:D コース:E ローテ:D

カラテ 牡6 菅原明良 57.5㎏

 父 トゥザグローリー
 母 レディーノパンチ
母父 フレンチデピュティ

牝祖4代母がダイナサッシュサッカーボーイステイゴールドがいる名牝系。本馬はフレンチデピュティが母父、リヴァーマン系のパラダイスクリークが入り、パワーやタフさに特化。父もトゥザグローリーだからキングカメハメハ系の中でもスタミナが強く、平坦の新潟向きかというとそうでもないです。良馬場よりも馬場が渋った方がチャンスはありそうです。

急坂のある中山での実績があるのは血統からは納得で、本来は最後踏ん張りの効くコースがいいのでしょう。長い直線を踏ん張るという面では昨年の関屋記念で2着にきているようにコース的には問題ないでしょう。前走の安田記念は切れ負けしていて瞬発力勝負は分が悪いです。2000mという距離は約2年振りで距離を伸ばして良くなるイメージは特になく。栗東に転厩してからパッとしない戦績ですが、復調へのキッカケが欲しいところ。

血統:C 距離:E コース:C ローテ:D

ココロノトウダイ 牡5 戸崎圭太 55㎏

 父 エイシンフラッシュ
 母 フェアリーダンス
母父 アグネスタキオン

母母フェアリードールトゥザヴィクトリーサイレントディールを出し、姉には中山牝馬S福島牝馬S勝ちのフェアリーポルカがいる血統。父エイシンフラッシュ日本ダービー天皇賞秋を制した名馬で、キングマンボ系の中でも瞬発力に優れています。血統的にはバランスが取れていますが、父も母系も勝ち切れるタイプではなく善戦タイプ。全体的にスピードが足りないので新潟で高速決着になると少し厳しい印象があります。

昨年の中山金杯で2着にきていますが怪我で間隔が空いて、オクトーバーSで9着、福島記念で16着。さらに骨折で約10ヶ月ぶりの実戦復帰です。実績的には福島で3勝を挙げているように福島巧者で立ち回りが器用なタイプ。大箱よりも小回り向きで終い重視の競馬が合うかどうか…。

血統:C 距離:B コース:D ローテ:E

コトブキテティス 牝5 武藤雅 51㎏

 父 ハービンジャー
 母 エヴァ
母父 キングカメハメハ

叔父に平安Sを勝ったロールオブダイスがいて、ハービンジャー×キングカメハメハはこのレースを勝ったブラストワンピースと同じ掛け合わせ。馬力が強い血統構成ですがこの配合は大箱でもしっかりと結果を出すバランスのいい血統構成。瞬発力よりも持続力の血統だから直線の長い新潟は合います。

昨年のエリザベス女王杯で13着からの参戦で、いきなりG1は少し酷でした。実績は東京の2400mで3勝と新潟2000m内回りで1勝。早い脚が使えるタイプではなくスローで瞬発力決着になると厳しいので適度に流れて前がバテる展開が欲しいところ。東京の2400mで結果を出していますが、本来は中山が合いそうです。

血統:B 距離:D コース:C ローテ:D

ゴールドスミス 騸8 吉田豊 53㎏

 父 ステイゴールド
 母 ザミリア
母父 Cape Cross

母のザミリアは英・加G12勝のシリアスアティテュードを輩出し、その仔はスティッフェリオ出しました。他にもバスラットレオンもこのファミリーで血統的には母父ケープクロスで2000m以上のレースに対応。父もステイゴールドだからスタミナ寄りの血統構成で時計のかかるタフ馬場が理想。新潟野芝の適性はあまりなさそうで中山福島のタフな競馬向きでしょう。

前走阿武隈Sはマイペースに持ち込み逃げ切り勝ち。溜めが効いた方がいいタイプでスローペースが理想。前走のように逃げて溜めてのレースができれば噛み合いそうですが時計的な対応に限界がありそうですから雨が降って時計がかかってくれればチャンスは浮上。

血統:D 距離:C コース:D ローテ:D

サンレイポケット 牡7 鮫島克駿 57.5㎏

 父 ジャングルポケット
 母 アドマイヤパンチ
母父 ワイルドラッシュ

叔父に日経賞日経新春杯勝ちのアドマイヤデウスがいる血統で、父ジャングルポケットはスタミナが豊富な分スピードに欠けますが、母系がワイルドラッシュサンデーサイレンスなのでバランスが取れている血統です。直線の持続力勝負に向く配合ですから新潟外回りコースはプラス。距離はもう少しあった方が対応は楽だと思います。

戦績の通り左回りの大箱コース巧者で、昨年は秋の天皇賞JCを4着。新潟大賞典1着と新潟記念3着の実績がある通りコース適性は抜群も距離があった方がレースはしやすそう。前走の函館記念は適性外なので度外視できますし、ハンデさえこなせれここでも十分チャンスありです。

血統:B 距離:C コース:A ローテ:B

スカーフェイス 牡6 岩田康誠 55㎏

 父 ハーツクライ
 母 スプリングサンダー
母父 クロフネ

母母スプリングマンボは天皇賞春を勝ったスズカマンボを出し、母のスプリングダンサー阪急杯CBC賞で2着と短距離戦線で活躍。血統のイメージは母系が短距離馬のスピードに父が中長距離のハーツクライだから2000mくらいがベスト。母系に底力のあるニジンスキーがいて、最後まで力強く走れるのはこの血の影響でしょう。馬力も強く軽い馬場で瞬発力勝負には向いていない血統で、コーナー4つの小回り2000mが合います。

戦績を見ても小回りコースの方で実績が出ていて、中山金杯2着や前走函館記念3着のように決着タイムが遅い方がいいタイプ。大阪杯でも0.5秒差の6着と健闘しましたし、ハーツクライの晩成型で今が充実期で能力上位ですが、上がりが必要なこのレースには少し不向きな印象も。

血統:C 距離:A コース:D ローテ:C

ディアマンミノル 牡5 荻野極 55㎏

 父 オルフェーヴル
 母 イソノスワロー
母父 デヒア

母母のイソノルーヴルオークス勝ち馬で、兄のモンストール新潟2歳Sの勝ち馬。在来牝系で野芝の新潟は合うイメージがあり、母父デヒアスピードがありますが、母系はニジンスキー入り底力を持ち、父のオルフェーヴルで欧州的なタフさも入るのでスピードが足りないイメージはあります。

戦歴からもここ最近は2000m以上のレースを使っていますし、長距離レースの物凄いスローペースで上がりを使うので根本的なスタミナが強いのだと思います。2000mの追走が一つ課題で、相手がバテるようなレースになれば差し込めると思いますが…。前走の目黒記念のように直線だけでどこまで詰められるか注目。

血統:C 距離:D コース:C ローテ:C

ヒートオンビート 牡5 池添謙一 57㎏

 父 キングカメハメハ
 母 マルセリーナ
母父 ディープインパクト

母のマルセリーナは桜花賞馬で父キングカメハメハ×母父ディープインパクトだから主流中の主流血統構成も、母母父のマルジュで若干重たさがあるので、兄のラストドラフトほどではないですがスピードよりもスタミナ馬力に少し寄っている血統構成でしょうか。血統適性評価基準にも記した通り、最後の一踏ん張りに使う底力は必要ですから血統適性はありそうですが、大箱よりも小回りコースの方がこの馬にとっては向きそうです。

前走の七夕賞エヒトの2着と少し離されましたがこれは距離短縮による位置取りの差でしょう。上がりのかかる展開の方が向いていそうで、ワンターンの2000mでも対応は可能だと思いますが、平坦コースよりも最後直線急坂のあるコースの方がベター。七夕賞からのローテーションは案外良いので好感は持てます。

血統:B 距離:C コース:C ローテ:B

フェーングロッテン 牡3 松若風馬 53㎏

 父 ブラックタイド
 母 ピクシーホロウ
母父 キングヘイロー

半兄にスプリンターズS勝ち馬のピクシーナイトがいる血統で、父がブラックタイドで馬力が強くなりスピードをキングヘイローサクラバクシンオーの入る母系で補った血統構成。パワー型なイメージが強く、中山のような坂のあるコースが向きそうなので平坦新潟は少し疑問。距離は1800mくらいがベストでしょう。

前走ラジオNIKKEI賞で重賞初制覇。内枠をうまく活かしたレースで最後も狭いところを臆せず突っ込めたのは評価したいところ。ただ、理想は淀みなく流れる周回コースだと思いますから、新潟外回りの条件だと上がりが足りずで切れ味勝負になると分が悪い印象が…。

血統:C 距離:C コース:D ローテ:C

フォワードアゲン 騸5 江田照男 53㎏

 父 ローズキングダム
 母 エーシンシャイナー
母父 グラスワンダー

叔母に関屋記念2着馬のエーシンリターンズがいる血統で母母のエイシンサンサン小倉3歳S(現2歳S)勝ち馬。在来牝系で夏場に強いイメージがあるのと、父もローズキングダムで全体的に馬力に富んだ血統構成だと思うので大箱平坦コース向きでは無いというのが正直なところ。距離も2000mは少し長く1600m〜1800mがベター。

前走のSTV賞は単勝134倍の人気を覆し優勝。時計が掛かる馬場が間違いなく良くて、荒れた馬場になれば多少は向きそう。タフな流れで上がりがかかるレースが良くて、ある程度溜めが必要なこのレースではどうでしょうか。過去に新潟外回りコースで2着が2回あるのでコース形態はマイナスにならないも距離延長初距離ですから課題は多そうです。

血統;C 距離:E コース:B ローテ:D

プリマヴィスタ 牡5 松岡正海 53㎏

 父 ハーツクライ
 母 サンヴァンサン
母父 クロフネ

サンヴァンサンはJRAダート競走で3勝。母系はスピードが強く父がハーツクライで溜めが入り、中距離のスピード持続力が強い現在ではポピュラーな配合で、長い直線のコースは合うイメージがあります。

前走小倉記念取消からこのレースへ参戦。2000mだとポジションが取れないのがネックで、根本的なスピード不足。距離は伸びたほうが競馬はしやすいと思いますが、後継ラップになるコース形態なのはまだ救い。時計も速いと対応できないので雨が降った方がプラスになります。

血統:B 距離:E コース:B ローテ:D

プレシャスブルー 牡8 M.デムーロ 55㎏

 父 ディープインパクト
 母 オンワードミシェル
母父 アンバーシャダイ

ディープインパクトに母父アンバーシャダイで少し地味に映りますが、ノーザンテーストの血とサンデーの配合はマイルの能力を引き出しやすい構成で、アンバーシャダイの分距離は中距離にシフトしますが、タフな馬場の方が合う印象で、高速決着には不向き。

過去に新潟大賞典で3着の結果を残していますが、現在は瞬発力勝負になると厳しくなっています。3走前に福島民放杯アンティシペイトの3着。前が潰れる展開待ちのような競馬を望むので、このレースだと少し厳しい印象があります。時計のかかる馬場になって上がりがかかるレースで勝負したいところです。

血統:D 距離:B コース:C ローテ:C

ユーキャンスマイル 牡7 石橋脩 57㎏

 父 キングカメハメハ
 母 ムードインディゴ
母父 ダンスインザダーク

叔母にチャペルコンサート、母は府中牝馬S勝ちのムードインディゴ、全妹に愛知杯勝ちのルビーカサブランカがいる血統で中長距離の活躍が目立つ血統です。母系のダンスインザーダークには入るキートゥザミントキングカメハメハに入るミルリーフの影響が大きそうで、スタミナ勝負に向いている血統です。キングカメハメハにサンデー系の母父ですからスピード自体は足りると思いますが、消耗戦の方が合いそうな血統構成です。

近走は凡走続きで昨年の阪神大賞典で2着があります。3年前にこのレースを勝っているようにレースの適性自体は高く、年齢によるスピード負けが不安材料。元々左回りの方が得意な馬ですからメンバーレベルが落ちる新潟ハンデ戦でどこまでやれるか。

血統:B 距離:C コース:A ローテ:C

レッドジェネシス 牡4 内田博幸 56.5

 父 ディープインパクト
 母 リュズキナ
母父 ストームキャット

ディープに母父ストームキャットカイザーバローズの時に書いたように黄金配合で大箱で直線のスピード持続力に適しています。本馬は母系にサドラーズウェルズが入るので若干重たくなりますから重馬場で結果を出しているのはその影響でしょう。長い直線の新潟は合いますかし最後の最後でバテ合いになればこの血統が対等してもおかしくはありません。

前走七夕賞は小回りコースで根本的に合わず。過去のレースからも大箱コースの時計のかかる決着に強く、雨が降れば面白い存在。2000mでも距離は若干短く思えますからあまり速いペースだと追走で終わってしまう可能性があるので注意が必要。内枠よりも外枠の方がいいのは間違いありませんからノビノビと走らせてどこまでやれるか。

血統:B 距離:C コース:B ローテ:B

新潟記念 適性チェック 厳選上位馬5頭

今回適性チェックでの厳選馬は5頭。こちらになります。

✔︎サンレイポケット
✔︎イクスプロージョン
✔︎エヒト
✔︎ユーキャンスマイル
✔︎レッドジェネシス

以上の5頭になります。正直この馬だ!というのは特に居なくて、評価を書いている内容通り不安材料を抱えている馬が多いのが本音です。その中でもサンレイポケットは1つポイントが高かったので当日楽しみにしたいと思います!

適性チェックは能力や調子、調教、枠順、馬場、天気などのファクターは完全に度外視した競走馬の個性を取り上げるものとなりますので参考にする程度で見てもらえたら幸いです。

新潟記念の最終的な予想はパドック推奨と合わせてTwitterにて公開しますので是非よろしくお願いします!

ブログランキングに登録しています!よろしければポチポチお願いします!

この記事を書いた書いた人
ころめん

ころめんです!30代会社員競馬好き!競馬の魅力を伝えていけたら嬉しいです!

ころめんをフォローする
スポンサーリンク
重賞出走馬適性チェック
スポンサーリンク
シェアする
ころめんをフォローする
ころの競馬人生

コメント

タイトルとURLをコピーしました