リバーラが逃げ切りV ファンタジーステークス2022 レース回顧分析!!

リバーラ ファンタジーS 結果 回顧 分析レース回顧
スポンサーリンク

11月5日に阪神競馬場で行われたファンタジーステークスリバーラが勝利!

早速ですがファンタジーステークスをスタートから振り返っていきましょう!

同日に東京競馬場で行われた京王杯2歳Sの回顧分析はこちらから見れます🔽

スポンサーリンク

ファンタジーステークス 結果

1着6枠8番リバーラ石橋脩1;21.3
2着5枠5番ブトンドール鮫島克駿1.1/4
3着5枠6番レッドヒルシューズ酒井学1
4着4枠4番トゥーテイルズC.デムーロ1/2
5着7枠9番サラサハウプリティ菱田裕二3/4

石橋脩騎手騎乗の10番人気リバーラが逃げ切り勝ち!2着は後方から追い込んできたブトンドール。3着はレッドヒルシューズは入りました!

1番人気のアロマデローサは10着。3番人気のバレリーナは9着という結果になりました。

ファンタジーステークス 回顧分析

1着馬が、2着馬が、3着馬が、その他が

ミカッテヨンデイイはスタートが良くなく後方から。1番人気のアロマデローサは好スタート。リバーラも同じく好スタートを切りました。

スタートして引っ張ることなくリバーラがすんなり先手。アロマデローサブトンドールは今後のことを考えてゆっくり走られる競馬を優先しました。

外からバレリーナシルフィードレーヴが思ったより行きました。

最初の600m通過が34.5秒。主張して逃げたい馬がいませんでしたからペースは落ち着いたのかなと思います。

12.2-10.7-11.6-11.8-11.6-11.5-11.9

ラップを見ても淡々と流れたレースで逃げたリバーラのマイペースという感じ。

内の白帽のサツマノオンナが少し行きたがってましたが、スタートダッシュがあまり効かず出していった分掛かったという感じだと思います。

直線向いた時はアロマデローサの手応えはあまり良くなく、後方にいたブトンドールが楽に交わしていきました。

2番手集団にいた、バレリーナシルフィードレーヴは追い出しても逃げたリバーラとの差を詰めることなくという感じでしたが、これはリバーラが気分良く行った分余力があったという解釈でいいと思います。

直線で外の馬がゴチャゴチャとしていましたが、アロマデローサが外に張ってきたコスモフーレイと外のブトンドールに挟まれるアクシデント。

コスモフーレイが、内に戻ってサラサハウプリティと接触。前のレッドヒルシューズも少し外に出てきていましたからサラサハウプリティも少し不利を受けました。

それを尻目にリバーラはスイスイと逃げ切り勝ち。

このレースに関しては、上位馬以外の他の馬が力を出せていないようなレースだったのかなと思います。原因などわかる範囲で下の評価欄に書いていこうと思います。

ファンタジーステークス後の各馬の評価

ころめん
ころめん

レース前の適性チェックの記事をあわせて読むと面白いと思いますので是非!

1着 リバーラ

約2ヶ月半ぶりのレースでしたが、馬が成長しているのかなという感じを受けました。馬体重もそうですけど、ゲートの出も更に良くなりましたし、楽に逃げれる先行力も付いてきたのは武器になりますね。今後可能性を感じるレースだったと思います。次は1ハロン伸びて外回りに変わりますから課題はありますが、逃げにこだわる必要もないですし、自分のリズムを大事に走れれば上位争いも可能だと思います。

2着 ブトンドール

負けましたが内容は良かったと思います。函館の1200mデビューですから距離が課題になってくるのを考えての前走と今回の後方待機策。前を捕まえられなかったですが、本番は外周りですし、今回の競馬が活きると思います。距離も問題ないと思いますから次も主役候補になると思います。

3着 レッドヒルシューズ

これといって強調する内容がなかった印象ですが、正攻法の競馬でしっかり3着確保できたのは大きいのかなと思います。しぶとさがある馬なのでなるべく前目でレースできれば。距離はマイルも問題ないですから次も同じようなイメージで競馬が出来れば。

4着 トゥーテイルズ

適性チェックでも記した通り、距離が短くて忙しいのかなと思います。道中追っ付けながらでしたからマイルくらいからならちょうどいいと思います。しぶとく伸びてますからポテンシャルは高いと思います。大箱向きでしょうか。

5着 サラサハウプリティ

直線伸び掛かったところで進路が狭くなる不利がありました。なんとも言えないですがスムーズならもう少し前にいたかもわかりません。これも競馬ですから仕方がないですが、距離は1400mでも問題なかったです。マイルで外回りなら脚を使えると思いますから本番で出れれば。

7着 シルフィードレーヴ

距離を伸ばした分先行ができたのですが力負けかなという印象。前付けよりも後方からの方がいいのかもしれませんね。

9着 バレリーナ

レース前からテンションが高くてという騎手のコメント。気性的には1200mまでなのかもしれません。レース前に疲れてしまっていたということなので今後気性面が成長していってほしいところ。

10着 アロマデローサ

直線の不利があったにせよ勝負どころの手応えが全くなかったのが気掛かりですね。こんな馬ではないと思うのですが。立て直しが必要かもしれません。

ファンタジーステークス 適性チェック 結果

✔︎バレリーナ10着
✔︎サラサハウプリティ5着
✔︎シルフィードレーヴ7着

いいところがなく…という結果になりました。参考にしてくださった方には申し訳ありません。

さて、来週も2歳戦はありますから結果を出せるように頑張っていきます。難しいですが、適性を見抜けるように今後とも精進して参りますのでこれからもよろしくお願い致します!

明日は、日曜重賞2つの回顧分析を投稿予定ですのでそちらもよろしくお願いします!

ブログランキングに登録しています!よろしければポチポチお願いします!

この記事を書いた書いた人

ころめんです!30代会社員競馬好き!競馬の魅力を伝えていけたら嬉しいです!

ころめんをフォローする
スポンサーリンク
レース回顧
スポンサーリンク
シェアする
ころめんをフォローする
ころの競馬人生

コメント

タイトルとURLをコピーしました