スタニングローズが最後の1冠を制す!秋華賞2022 レース回顧分析!!

秋華賞 スタニングローズ 結果 回顧レース回顧
スポンサーリンク

牝馬3冠の最終戦の秋華賞が10月16日の阪神競馬場で行われました。

早速レースを振り返って分析していきましょう!!

前日行われた府中牝馬Sの回顧分析の記事はこちらから飛べます🔽

スポンサーリンク

秋華賞 結果

1着4枠7番スタニングローズ坂井瑠星1:58.6
2着4枠8番ナミュール横山武史1/2
3着5枠9番スターズオンアースC.ルメールハナ
4着3枠6番メモリーレゾン古川吉洋2
5着5枠10番アートハウス川田将雅ハナ

スタニングローズが中団から抜け出し優勝!騎乗していた坂井騎手はG1初制覇を果たしました!2着は2番人気のナミュール、3着はスターズオンアースで牝馬3冠ならず。オークスの上位3頭での決着!

ローズSを制してきたアートハウスは5着という結果になりました!

秋華賞 レース回顧分析

1着が、2着が、3着が、その他が

スタートしてスタニングローズが寄れながらという形になってしまい有力馬が少しゴチャついた出だしでした。スターズオンアースはそれ以前に出遅れていたのでここが致命的でした。

12番のウォーターナビレラが出して内ラチを取りに行ったので、外の逃げ候補の2頭はものすごく楽な形で前に行けました。

1コーナーで隊列はすんなり。ブライトオンベイスが逃げて、サウンドビバーチェが2番手、ウォーターナビレラは3番手という隊列。スターズオンアースは出遅れた分じっくり後方からレースを進める選択。慌てないのはルメール騎手流石だと思います。

スタニングローズは道中、有力馬のアートハウスを見ながら進められました。そのアートハウスはペースの影響か力みながらの追走に映りました。

スタニングローズの後ろのエグランタインは欲しいポジションが1列後ろになってしまいましたが枠の差ですね。アートハウスの真後ろが理想だったのかと思いますが、上手くスタニングローズに入られてしまいました。

1000m通過タイムは59.7秒。

思ったより流れなかったなという印象。前も残れるペースですが、平場のレースでも外差しが割と効く馬場だったので有力馬がいる中団外目というのがベストなポジションだったのかなと思います。

ラップタイムも

12.2-11.2-12.3-12.3-11.7-12.311.8-11.5-11.5-11.8

ラスト4Fの闘いになりますから長く脚を使える地力がないと基本的には厳しいレースだったと思います。

ポジション良かった3番手内のウォーターナビレラは勝負所前で手が動いていましたから完全距離。

最後方のライラックは展開に恵まれなかったですね。切れる脚があるわけではないので前半流れて後半緩んだところで上がっていけるのが理想の馬。それでなければある程度位置を取らなければなりません。

アートハウスは力ある馬ですし自ら前を捕まえに行く競馬で、どこまで突き放せるかに賭けます。それを見ていたスタニングローズには絶好の形。ナミュールは1頭分外になってしまいましたが立ち回りの上手さの差でしょう。

後方のライラックは馬のタイプ的に外を回すしかという感じで、全馬伸びている中4コーナーで外を回すとなるとかなり脚力が必要になります。

スターズオンアースはここでもじっと我慢して内をピッタリ。距離ロスはなかったでですから後は馬群を捌けるかというところ。

ナミュールはこのコーナリングが痛かったです。かなり外に振られてしまいました。経験の差もあるのかと思いますし、体幹がさらにしっかりしてくれば対応できるのかなと思います。

後は伸び比べですが、スタニングローズが流れの中でも1番いいところにいましたし、前過ぎず、後ろ過ぎず、外過ぎずという絶妙なポジションでした。立ち回りが上手ですし、ジョッキーも上手くエスコートしているなという印象。

アートハウスは勝ちに動いた分もあると思いますが、道中若干力んでた分なのかなと思います。

ナミュールは上で書いたように4コーナーのロスがかなり響いた結果。あれがなければ。と思ってしまいます。

そしてスターズオンアースは終いは素晴らしい伸びですが流石に位置がというところでしょう。上手く捌いてこれましたが阪神の内回りであのポジションは厳しいのかなと思います。

ただ、最後ここまで詰めてくるのは流石2冠馬ですし、瞬発力も相当なもの。スタートだけが痛まれますがこれも競馬。全てが噛み合わないと勝てないなということを実感させられたレースでした。

秋華賞 レース後の各馬の評価

ころめん
ころめん

レース前の適性チェックの記事とあわせて読むと面白いと思いますので是非どうぞ!

1着 スタニングローズ

オークスのレースっぷりからかなり地力があるなとは思っていましたが、立ち回りも上手なタイプで内回り向きなのかなと思いました。競馬センスのある馬で今後も楽しみです。距離は伸びても大丈夫ですし、スピードがあるタイプではないですからエリザベス女王杯や有馬記念が面白いのかなと思います。

2着 ナミュール

ようやく馬体が出来てきて、調整面の心配がなくなったのかなと思います。結果は2着で課題も多いと思いますが、ゆくゆくはマイラーなのかなと思います。条件的には不向きだったと思いますし、その中で2着は強さを強調させました。スタートのごちゃつきも痛かったですから今回は不運だったのかなとも思います。

3着 スターズオンアース

スタートが全てというレースだったと思います。プランとしては前に行きたかったようですし、アンラッキーでしたね。タイプ的には大箱の方が合っているのでジャパンCで見たいなと思いました。十分通用すると思います。

4着 メモリーレゾン

持ってる力を全て出していると思いますし、有力馬の近くで競馬が出来たのもプラス。枠も良かったのかなと思います。右回りの方が現状はいいのかもしれませんし、一回使った上積みもあったのかなと思います。まだまだ先のある馬ですし、オルフェーヴル産駒の牝馬ですから期待したいです。

5着 アートハウス

懸念していた使い詰め2走目なのかなというところを感じましたし、初戦向きなのでしょう。間隔開けて使った方がいいタイプ。競馬自体は完璧でしたが、最後止まってますから使える脚も短いのかなと思います。展開も向かないといけないタイプでヨーイドンに強いのかなと思います。

6着 エグランタイン

夏も使って、前走も走ってますから結構ギリギリの状態だったのかなと思います。力は確実につけています。もう一列前で競馬できたらとも思いますが上位との差は大きく感じました。いい経験になったと思いますし、今後も順調なら重賞戦線で活躍できると思います。

7着 サウンドビバーチェ

放馬の影響もありながら最後までしぶとかったですから、ポテンシャルはかなり高いのでしょう。一瞬残るのかなと思う手応えで直線を迎えました。放馬が多いので気掛かりですが、前走の走りはトラックバイアスだけではないなという印象を受けました。

9着 プレサージュリフト

距離の懸念もそうですし、枠も大外で条件が揃わなかったですね。ただ何もなさすぎる負け方に見えたので力負けなのかもしれません。関西圏への輸送もあまり良くないのかなと思いますから走る条件がかなり絞られるタイプでしょう。

10着 ライラック

ゲートも出ましたが枠が内過ぎで後方から。前半が遅いと後半の流れでポジションを押し上げられないので展開的には厳しかったですね。瞬発力があるタイプではないので展開にかなり左右されるのかなと思います。

12着 ウォーターナビレラ

完璧なレース運びでこの結果は騎手も言っている通り距離ですね。マイル以下に距離を縮めてどうかですね。競馬センスはかなりあるのでいい馬だと思います。

13着 エリカヴィータ

もう少しペースが流れてくれた方が展開的には楽だったのかなと思います。馬はこれから良くなるのかなと思いますし、このレベルでも前の位置が取れるようになればもう少しやれると思います。

秋華賞 適性チェック 結果

✔︎スタニングローズ1着
✔︎エリカヴィータ13着
✔︎アートハウス5着
✔︎エグランタイン6着
✔︎ライラック10着

スタニングローズが見事1着!自分の予想も単勝が的中し1ヶ月ぶりくらいの重賞的中になりました!おそらく前回もスタニングローズで馬券を獲っています。笑

さて、来週は牡馬クラシック最終戦の菊花賞です。土曜にはマイル重賞の富士Sもあります。秋競馬楽しいですね!!週中も頑張って適性チェックを更新しますので、予想の参考に是非よろしくお願いします!!

ブログランキングに登録しています!よろしければポチポチお願いします!

この記事を書いた書いた人

ころめんです!30代会社員競馬好き!競馬の魅力を伝えていけたら嬉しいです!

ころめんをフォローする
スポンサーリンク
レース回顧
スポンサーリンク
シェアする
ころめんをフォローする
ころの競馬人生

コメント

タイトルとURLをコピーしました