【安田記念 2023】出走馬適性チェック✔︎

安田記念 2023 出走馬 適性 診断 傾向 血統 評価重賞出走馬適性チェック
スポンサーリンク

2023年6月4日(日) 東京競馬場 芝1600m 安田記念 出走馬全頭の適性診断記事になります。

この記事は安田記念への出走予定馬の適性を血統・距離・コース・ローテを細かく分析し、5段階(ABCD・E)で評価。最後に厳選上位馬を挙げたいと思います。

適性チェック✔︎は能力や調子、調教、枠順、馬場、天気などのファクターは完全に度外視した競走馬の個性を取り上げるものとなりますので参考にする程度で見てもらえたら幸いです。

血統の適性については下の血統適性評価基準をご覧下さい。

スポンサーリンク

安田記念 2023 血統適性評価基準

東京芝1600mで行われるマイルGIの安田記念。

3週前に行われたヴィクトリアマイルと適性が逆になりやすく、短距離志向よりも中距離志向にシフト。毎日王冠との関連性が高いレースです。ディープ×米国血統も強いですが、サドラーなどのノーザンダンサー系を血統面では重視したいと思います。

安田記念 2023 出走馬適性チェック✔︎

イルーシヴパンサー

 父:ハーツクライ
 母:イルーシヴキャット
母父:キングカメハメハ

母のイルーシヴキャットは2勝馬で、芝及びダートの1200mで1勝ずつ。ダイレクトキャッチやステラロッサの甥にあたる血統。ハーツクライの中長距離適性に母系のスプリントのスピードとパワーでマイル〜中距離馬に。母系にストームキャットを持ち、このレースには向く配合といえそう。マイルがベストディスタンスで東京の大箱コースは持ってこいだと思います。超スローの昨年は位置取りに泣きましたが展開次第では上位に食い込める存在でしょう。

血統:B    距離:A    コース:A    ローテ:B

ウインカーネリアン

 父:スクリーンヒーロー
 母:コスモクリスタル
母父:マイネルラヴ

母のコスモクリスタルはJRA4勝で、ウインルチルやウインシリトンの半弟にあたります。4代母からはオペラハウスも出る血統で、父のスクリーンヒーローはロベルト系種牡馬で現役時代はジャパンCを制しました。母父マイネルラヴは1400m志向が強い血統ですから距離的にはマイル〜1800mが合うのは納得。母系のミルリーフのラインからも逃げて渋とい走りで東京新聞杯を制覇。舞台はベストですが、前で競馬するなら軽い馬場になった方がいいのかなと思います。少々の道悪は問題なくこなせます。

血統:C    距離:A    コース:A    ローテ:C

カフェファラオ

 父:American Pharoah
 母:Mary’s Follies
母父:More Than Ready

母のメアリーズフォリーズは米芝8.5FGIIのミセスリヴェラS勝ち馬。トランシルヴァニアS勝ちのナイトプローラーや、ジェニーワイリーS勝ちのリーガルグローリーの半弟にあたります。父のアメリカンファラオは米国3冠馬。母父モアザンレディは米ダ7FGIウィナー。スピード持続力の高い血統で血統構成的にもダート向き。ワンターンのマイルはいいですが、芝では割引は必要でしょう。馬場が渋っても…

血統:D    距離:A    コース:E    ローテ:D

ガイアフォース

 父:キタサンブラック
 母:ナターレ
母父:クロフネ

母のナターレは地方で9勝。祖母のロージーチャームはJRA1勝馬。父のキタサンブラックは中長距離GIを7勝した名馬で、イクイノックスやラヴェル、ソールオリエンスの父。母父のクロフネにテーストを母系に持ち、パワーと持続力が強化。前走のマイラーズCは上手く流れに乗って後方から2着まで差し込んできました。前傾ラップ向きだと思っていましたが前走はかなり大きな収穫であの競馬なら東京コースでも面白いのかなと思います。父譲りの成長力でここでも十分戦えるのではないでしょうか。

血統:B    距離:B    コース:B    ローテ:A

シャンパンカラー

 父:ドゥラメンテ
 母:メモリアルライフ
母父:Reckless Abandon

曾祖母のバルドウィナは仏芝10.5FのGIIIペネロープ賞勝ち馬で、ワンカラットやサンシャインが近親にいる血統。父のドゥラメンテはキングカメハメハの後継で皐月賞、ダービーの2冠馬。母父は欧州6FのGIを2勝したレックレスアバンダンでダンジグのライン。母系にストームキャットを持ちスピード志向がかなり強く、父の中距離適性とバランスのとれたマイラーと言ったところでしょう。今年のNHKマイルCのように雨が降って時計が掛かればチャンスは浮上。東京マイルは負け無しですが、速い決着だと少し厳しい面もあるのかなと思います。

血統:B    距離:A     コース:B    ローテ:C

シュネルマイスター

 父:Kingman
 母:セリエンホルデ
母父:Soldier Hollow

母のセリエンホルデは独オークス勝ち馬。曾祖母からはサロミナも出るのでサリオス、サラキアなどとも繋がる血統です。父キングマンはグリーンデザートを経由したダンジグ系種牡馬で現役時代はジャック・ル・マロワ賞など欧州7F〜8FGIで活躍。母父ソルジャーホロウは中距離馬でしたから、マイル寄りの中距離血統と見ます。前走は馬体も絞れて本来の斬れ味復活の差し切り勝ち。やはり軽い馬場がベストで東京は当然合いますから、3度目の出走で安田記念制覇を。

血統:A    距離:A    コース:A    ローテ:B

ジャックドール

 父:モーリス
 母:ラヴァリーノ
母父:Unbridled’s Song

ディナースタの半弟にあたる血統で、イトコにあたるアルヴァータは豪GIのSTCクールモアクラシック勝ち馬。曾祖母からはストーミングホームもこの牝系から出ます。父のモーリスはロベルト系のマイルGIを中心に国内外で活躍。母父アンブライドルドソングはスワーヴリチャードやコントレイルなどの母父。前走大阪杯は巧みなラップで逃げ切り勝ち。ここにきて初のマイル。モーリス産駒でもマイルよりは中距離馬のように思えます。左回りは歓迎ですがワンターン向きではないかも。多少の渋った馬場ならこなせるのかなと思いますが、ベストは良馬場でしょう。

血統:B    距離:B    コース:B    ローテ:C

セリフォス

 父:ダイワメジャー
 母:シーフロント
母父:Le Havre

フォルテデイマルミの半弟で仏マイルG3で3着のシーフロントが母。父ダイワメジャーはこのレースを勝った名馬でアドマイヤマーズやレシステンシア、レーヌミノルの父。母父ルアーヴルで仏ダービー(2100m)勝ちでデゼルの母父。全体的にマイル向き血統で、ダイワメジャー産駒らしくない斬れ味を持つので大箱コースは当然歓迎。昨年4着と差のない競馬。海外帰りなど諸々ありますが力を出せる状態ならば当然上位。

血統:B    距離:A    コース:A    ローテ:B

ソウルラッシュ

 父:ルーラーシップ
 母:エターナルブーケ
母父:マンハッタンカフェ

ディオの半兄で青葉賞勝ちのヒラボクディープの甥。ルーラーシップにマンハッタンカフェだから血統的には長距離志向が強いものの、母系にストームキャットを持ち、距離をマイルにしてから破竹の連勝で昨年のマイラーズCを制覇。昨年の安田記念はスムーズではなく13着も見直しできます。富士Sで2着とコースは問題ないですが、勝ち切るなら道悪になった方がいいのかなという印象です。

血統:B    距離:A    コース:B    ローテ:A

ソダシ

 父:クロフネ
 母:ブチコ
母父:キングカメハメハ

ママコチャの全姉で母のブチコはJRAで4勝。ハヤヤッコの従妹で近親にメイケイエールがいるシラユキヒメの一族。父クロフネ×母父キングカメハメハで仕上がり早く、2歳戦、3歳戦と早くからトップクラスで戦ってきました。ヴィクトリアマイルは惜しくも敗れましたが、ワンターンのマイルならかなりの安定感。ヴィクトリアマイル上位馬との相性が悪いのと、ここまで使い詰めたことがないというところの懸念はありますが、能力なら牡馬とも引けを取らないので上位争いは可能でしょう。軽い馬場の方が粘り込み可能でしょう。

血統:B    距離:A    コース:A    ローテ:D

ソングライン

 父:キズナ
 母:ルミナスパレード
母父:シンボリクリスエス

母のルミナスパレードはJRA4勝。祖母はソニンクなので、ディアドラやロジユニヴァースなどのイトコにあたる血統。父のキズナはディープ産駒のダービー馬。母父シンボリクリスエスはロベルト系で天皇賞・秋と有馬記念を連覇。キズナ×シンボリクリスエスはアカイイトと同じ配合。母系のスピードもあってマイラーに。昨年の勝ち馬で、前走ヴィクトリアマイルの覇者。昨年と全く同じローテーションで来ていますし、本質は後方から外を回って斬れ味勝負が合うと思うので外枠が欲しいところ。上積みはあると思いますし連覇出来てもいいのかなと思います。良馬場でこそ良さが活きるのかなとおもいます。

血統:B    距離:A    コース:A    ローテ:A

ダノンスコーピオン

 父:ロードカナロア
 母:レキシールー
母父:Sligo Bay

ダノンバリジアの半弟で、母のレキシールーは加ナッソーSなど8〜9Fの重賞を3勝。ロードカナロア×サドラーズウェルズ系のスライゴベイだからパンサラッサのようなイメージでマイル以上でも問題ない血統。1800m寄りのマイラーという印象で前走は距離も足らず、休み明けも堪えた印象。1度使って上積みはありますし、昨年のNHKマイルC勝ち馬ですから舞台設定は当然合うと思います。

血統:B    距離:B    コース:A    ローテ:B

ドルチェモア

 父:ルーラーシップ
 母:アユサン
母父:ディープインパクト

母のアユサンは桜花賞馬で、アップストリームやエンギダルマの下にあたり、マウレアの甥にあたる血統。父はルーラーシップで中距離志向が強いキングカメハメハ系種牡馬ですが、母系のスピードからマイラーに。ルーラーシップ×ディープはキセキやエヒトなどと同じでコーナーでの持続力を活かす競馬が合うのかなと思います。東京よりは中山などの時計を要するコースがベスト舞台のようにも感じるので、時計が掛かる決着が良いのかなと思います。

血統:C    距離:A    コース:C    ローテ:C

ナミュール

 父:ハービンジャー
 母:サンブルエミューズ
母父:ダイワメジャー

母のサンブルエミューズはJRA3勝で、フェアリーS3着。曾祖母は桜花賞馬のキョウエイマーチで、マルシュロレーヌやバーデンヴァイラーの姪で、ラヴェルの半姉にあたります。父のハービンジャーはデインヒルのラインで、キングジョージⅥ&QESをレコードで制した名馬で、ブラストワンピース、ディアドラなどを輩出した名種牡馬。母父はダイワメジャーだから仕上がりが早くマイル適性が高い血統。前走時に東京マイルベストと書きましたが、大箱ならもう少し長いところの方が競馬は組み立てやすいのかもしれません。ヴィクトリアマイルで負けた組から安田記念好走はよくあるパターンですし、力さえしっかり出せれば上位にこれてもいいのかなと思います。

血統:B    距離:B    コース:A    ローテ:A

ナランフレグ

 父:ゴールドアリュール
 母:ケリーズビューティ
母父:ブライアンズタイム

インプレスウィナーの半弟で、祖母のビューティークロスはJRA4勝のスプリンター。父ゴールドアリュールはダービー5着の実績も持つダート馬で、母系のブライアンズタイム、ノーザンテーストとパワーやタフさ武器。そういった面では東京の速い決着だと分が悪く、昨年もこの舞台に駒を進めたものの9着に敗れています。スプリント戦ならでは斬れを持つので距離が伸びると良さが削がれるのかなと思います。展開待ちにはなると思いますが、時計が掛かる馬場になってどこまで追い込みが効くかの勝負でしょう。

血統:C    距離:D    コース:C    ローテ:C

マテンロウオリオン

 父:ダイワメジャー
 母:パルテノン
母父:キングカメハメハ

祖母のレディパステルはオークス勝ち馬で、ロードインファイトが半兄にいる血統。父ダイワメジャーはマイル志向が強く、現役ではセリフォスの父。母父キングカメハメハに母母父がトニービンと如何にも大箱コースで走る血統構成。昨年のNHKマイルCで2着以降、今ひとつパッとしない戦績が続きます。前走は追走もしっかり出来て直線内を突くも上位馬の決め手に屈した5着。復調気配は感じますし、時計が速すぎなければ巻き返せてもいいのかなと思います。

血統:C    距離:A    コース:A    ローテ:B

メイケイエール

 父:ミッキーアイル
 母:シロインジャー
母父:ハービンジャー

祖母のユキチャンは交流重賞3勝の白毛馬で、曾祖母がシラユキヒメなのでソダシやハヤヤッコなどが出る白毛一族。父のミッキーアイルはマイル志向の強いディープ産駒で、ロックオブジブラルタル内包のパワー型マイラー。母父はハービンジャーなのでデインヒルのクロスを持ち、母系はクロフネも持つのでスピード持続力の高い血統といえます。スプリンターという感じでは無いですが気性の問題が大きく距離を詰めて使ってきました。年齢とキャリアを重ね大分レースでの折り合いもつくようになってきましたし、マイルをこなすのは自分との戦いになるのかなと思います。前が流れたときにスムーズに競馬が出来ていればひょっとしてもおかしくはない1頭だと思います。

血統:B    距離:B    コース:B    ローテ:C

レッドモンレーヴ

 父:ロードカナロア
 母:ラストグルーヴ
母父:ディープインパクト

ランフォザローゼス、レッドルレーヴの半弟で、祖母は女傑エアグルーヴ。アドマイヤグルーヴやルーラーシップなどが甥にいて、ドゥラメンテがイトコにあたります。父ロードカナロアのスピードにトニービンの中長距離的の持続力やノーザンテーストが入りバランスの良い血統構成のように感じます。前走の京王杯SCは目の覚めるような末脚で勝利。決め手勝負には自信がありますから良馬場でこそなのかなと思います。血統からも前走からもスプリント寄りの馬かもしれませんが、侮れない1頭なのは違いありません。

血統:B    距離:B    コース:A    ローテ:C

安田記念 2023 適性チェック✔︎上位馬6頭

✔︎シュネルマイスター
✔︎ソングライン
✔︎イルーシヴパンサー
✔︎セリフォス
✔︎ソウルラッシュ
✔︎ナミュール

以上の6頭をピックアップさせて頂きます。

ブログの冒頭にも書きましたが、

適性チェック✔︎は能力や調子、調教、枠順、馬場、天気などのファクターは完全に度外視した競走馬の個性を取り上げるものとなりますので参考にする程度で見てもらえたら幸いです。

最終的な予想(本命馬)はレース当日の朝までに予想記事を投稿しますのでそちらもあわせてよろしくお願いします。

今週末行われる重賞レース適性チェック✔︎

6月3日(土)阪神11R 鳴尾記念

※書き上がり次第投稿

ブログランキングに登録しています!よろしければポチポチお願いします!









この記事を書いた書いた人
ころめん

ころめんです!30代会社員競馬好き!競馬の魅力を伝えていけたら嬉しいです!

ころめんをフォローする
スポンサーリンク
重賞出走馬適性チェック
スポンサーリンク
シェアする
ころめんをフォローする
ころの競馬人生

コメント

タイトルとURLをコピーしました