【オークス(優駿牝馬) 2023】出走馬適性チェック✔︎

オークス 優駿牝馬 2023 出走馬 適性 診断 血統 傾向 評価重賞出走馬適性チェック
スポンサーリンク

2023年5月21日(日) 東京競馬場 芝2400m オークス(優駿牝馬) 出走馬全頭の適性診断記事になります。

この記事はオークス(優駿牝馬)への出走予定馬の適性を血統・距離・コース・ローテを細かく分析し、5段階(ABCD・E)で評価。最後に厳選上位馬を挙げたいと思います。

適性チェック✔︎は能力や調子、調教、枠順、馬場、天気などのファクターは完全に度外視した競走馬の個性を取り上げるものとなりますので参考にする程度で見てもらえたら幸いです。

血統の適性については下の血統適性評価基準をご覧下さい。

スポンサーリンク

オークス 2023 血統適性評価基準

東京芝2400mで行われる3歳牝馬によるレース。

この時期の3歳牝馬にとってはタフな施行条件と言えて、欧州血統が強いレースと言えます。中でも注意したいのはミルリーフの重厚感。キングカメハメハなどのヌレイエフ持ちやゴールドシップなどのステイゴールド系も好走傾向。他にも米国血統ですがヴァイスリージェント持ちも走るのでその血を評価して行きたいと思います。

オークス 2023 出走馬適性チェック✔︎

イングランドアイズ

 父:Kingman
 母:ヌーヴォレコルト
母父:ハーツクライ

母のヌーヴォレコルトはオークス馬で、祖母はJRA3勝。ドンナセレーノの半妹。父キングマンはグリーンデザート経由のダンジグ系欧州スプリンターでシュネルマイスターの父。母父ハーツクライの影響もあり、距離的には中距離に向く構成。ダンジグとリファールのクロスがあり東京でも切れる脚を使えるのは魅力。父系にミルリーフを持ちますし血統的には面白いのかなと思います。前走のトライアルフローラSは外枠に泣いた印象。溜めて斬れるタイプだし距離延長は魅力。スタートは課題も展開と枠次第で好走可能。

血統:A    距離:B    コース:A    ローテ:B

 

エミュー

 父:ハービンジャー
 母:スーリール
母父:スペシャルウィーク

フォーチュンスター、コアプライドの姪で、母のスーリールはJRA1勝。父のハービンジャーはダンジグの系譜で、キングジョージなどを制し、種牡馬としてもブラストワンピースやノームコア、ディアドラなど活躍馬を多数輩出。母系がニジンスキーのクロスを持っていて、血統全体的にパワーとスピードも持つのでバランスは良い構成。ハービンジャー産駒らしくパワー型で道悪のフラワーCを制しました。マイルのスピードというよりも中長距離向きの印象ですし、タイプ的にはオークスに向きます。雨降って道悪になれば脅威になる存在ではないでしょうか。外枠の方が良さが出ると思います。

血統:B    距離:A    コース:C    ローテ:B

キタウイング

 父:ダノンバラード
 母:キタノリツメイ
母父:アイルハヴアナザー

ストーミーシーやトキメキ、カヨウネンカの姪で、父のダノンバラードはディープ産駒のなかでも時計の掛かる馬場向きの血統で、母父アイルハヴアナザーはロベルト内包するパワー型種牡馬。母系の奥がニジンスキーやリファールを持つので、前で受けるよりも後方から差し脚を活かす競馬が合うタイプ。上がりの速い決着になりやすい大箱向きではないですし、血統的にもマイラーっぽさがあるので距離延長と東京変わりは不安。とにかく前が流れて上がりが掛かる決着になれば差し込めるか。

血統:D    距離:C    コース:D    ローテ:C

キミノナハマリア

 父:ハービンジャー
 母:シャドウマリア
母父:ヴィクトワールピサ

母はJRA1勝で祖母のパールシャドウはJRAで5勝。サウスオブボーダーやサトノシリウスの姪にあたります。父のハービンジャーはデインヒル経由のダンジグ系で、ブラストワンピースやディアドラ、ペルシアンナイトなどの父。母系がヴィクトワールピサにクロフネだから機動力とスピード兼備で血統構成は小回り向きのようにも。決め手のあるタイプでは無いだけに、スローになると分が悪いのでマイペースで運んでどこまでやれるか。時計が掛かってくれればという印象ですし、道悪はこなせるので雨が降れば。

血統:C    距離:C    コース:D    ローテ:C

コナコースト

 父:キタサンブラック
 母:コナブリュワーズ
母父:キングカメハメハ

母はJRA4勝で、祖母のアンブロワーズは函館2歳S勝ち馬。テオドールやロシュフォールの姪で、4代母はバレークイーンだからファミリーにはダービー馬のフサイチコンコルドや皐月賞馬のアンライバルドなどがいます。父キタサンブラックはディープの全兄弟のブラックタイド産駒で中長距離GIを7勝。イクイノックスやソールオリエンスの父。母父キングカメハメハにその奥がフレンチデピュティとスピードと器用さを兼備した構成。血統的にはこなせるものの、牝系のスピードが強いので適距離はマイル前後のようにも。桜花賞は完璧な立ち回りをしての2着。距離延長は課題もポテンシャルの高さでどこまで。

血統:A    距離:C    コース:C    ローテ:C

ゴールデンハインド

 父:ゴールドシップ
 母:オレゴンレディ
母父:Shamardal

マイネルアストリアの半妹にあたる血統で、父のゴールドシップはスタミナ豊富なステイゴールド系種牡馬。ユーバーレーベンやウインキートス、ウインマイティー、マカオンドールなど産駒もステイヤー寄りに。母系がストームキャット、ゴーンウエスト、シアトルスルーとスピード血統だからバランスは取れていて中距離向きに。スピードとスタミナが上手く融合して一定のペースで走れるタイプといえて、前目で運べれば渋とく粘れます。前走のフローラSは開幕週、スローペースとはいえ逃げて強しの内容。距離延長も問題ないし、東京の方がストライド的にも合うので面白い1頭だと思います。ゴールドシップ産駒でも極端な道悪は良くないので良馬場で。

血統:B    距離:A    コース:A    ローテ:B

シンリョクカ

 父:サトノダイヤモンド
 母:レイカーラ
母父:キングカメハメハ

母のレイカーラはJRA5勝(1600~1800)。フィオレドーロやインターミッションの下で、マイルCS勝ち馬のダノンシャークの姪。4代母まで遡るとモンジューも出る牝系です。父のサトノダイヤモンドは菊花賞と有馬記念を制したディープ産駒。母父キングカメハメハにカーリアンのスピードとミルリーフのラインのシャーリーハイツのタフさが入る構成で、如何にもこの舞台に合う血統構成。前走は出走ボーダーギリギリで調整も難しいところはあったと思います。内前有利の桜花賞を外からジリジリ伸びてきていたし、距離延長は歓迎。東京も合うし上位に食い込める1頭ではないでしょうか。

血統:A    距離:A    コース:A    ローテ:B

ソーダズリング

 父:ハーツクライ
 母:ソーマジック
母父:シンボリクリスエス

母は桜花賞3着のソーマジック。ソーグリッタリングやマジックキャッスル、ソーヴァリアントの半妹という良血馬。父ハーツクライはトニービン内包のサンデー直仔で、母父のシンボリクリスエスはロベルト系で馬力が強い血統。如何にも大箱向きの構成だし、距離は中距離向き。前走のフローラSは内から綺麗に立ち回ったものの逃げた勝ち馬を捕えられず2着。割と器用に立ち回れるので勝ち切れないタイプにも感じますが、工夫次第では上位に食い込めるのではと思います。

血統:B    距離:B    コース:B     ローテ:B

ドゥーラ

 父:ドゥラメンテ
 母:イシス
母父:キングヘイロー

函館2歳Sを勝ったクリスマスの姪で、オシリスブレインの半妹にあたる血統。父ドゥラメンテはクラシック2冠馬でタイトルホルダーやスターズオンアースなどの父。母父として優秀なキングヘイローにステイゴールドが母系に入り若干重たさもあるので中距離志向が強い血統構成。前回の記事にも書いた通り桜花賞よりもオークス向きですし、札幌2歳Sの勝ち方からも距離延長は歓迎できます。瞬発力勝負になるよりは持続力勝負になって良さが出るタイプですし、流れてくれた方が良いのかなと思います。

血統:A    距離:B    コース:C    ローテ:B



ドゥアイズ

 父:ルーラーシップ
 母:ローズマンブリッジ
母父:ディープインパクト

母はJRA2勝で、祖母のサミットヴィルは英8FGIIIのメイヒルS勝ち馬。シンギュラリティの姪で、ルークズネストやペコリーノロマーノのイトコにあたる血統。父ルーラーシップに母父ディープの配合はドルチェモアやキセキ、エヒトなどよく走ります。母系の奥にシャーリーハイツ、ヌレイエフを持ち、オークスで走る血統構成。1600mでも忙しいながら堅実な走りを出来ているのはポテンシャルの高さを感じます。速い上がりを使えるタイプではないですが、距離延長で楽になると思いますし、持続力の高さから上位争いまで可能な1頭だと思います。

血統:A    距離:B    コース:A    ローテ:A

ハーパー

 父:ハーツクライ
 母:セレスタ
母父:Jump Start

母のセレスタはアルゼンチン2歳女王で、ヴァレーデラルナの半妹でダノンセレスタの全妹。ハーツクライが父、母父がエーピーインディ系のジャンプスタートでストームキャットを内包。母系の奥のロベルトもあるし競馬自体は器用に立ち回ることが出来ます。桜花賞は仕掛けても反応的に中距離馬が出ていました。2400mまで行くと少し長い印象もありますが、堅実な走りは出来るタイプですしある程度上位に来れる1頭だと思います。

血統:C    距離:B    コース:A    ローテ:B

ヒップホップソウル

 父:キタサンブラック
 母:ダンスファンタジア
母父:ファルブラヴ

母はフェアリーS勝ち馬のダンスファンタジアで、祖母は桜花賞馬のダンスインザムードという名牝系。カイザーバルの姪で、父はキタサンブラックでイクイノックスやガイアフォース、ソールオリエンスなどを輩出した勢いのある種牡馬。母父がファルブラヴなので中距離向きの血統構成。2400mだと少し長い印象もありますが、この時期ならこなしてくれる範囲だと思います。フラワーCは道悪で好走。時計が掛かる馬場になるのならやれてもいいのではないでしょうか。

血統:B    距離:B    コース:B    ローテ:B

ペリファーニア

 父:モーリス
 母:ケイティーズハート
母父:ハーツクライ

エフフォーリアの半妹で、アドマイヤムーンのイトコ。曾祖母ケイティーズからはヒシアマゾンやヒシピナクルなども出る名牝系。父がモーリスに変わりスピード志向が強まった血統で、リファールのクロスを持ち大箱向き。マイルでも折り合いに若干の不安があるので距離延長はあまり良くないかもしれません。とはいえ地力は前走、前々走で証明されていますし、ロスなく回ってどこまでやれるかというところでは無いでしょうか。

血統:C    距離:C    コース:B    ローテ:C

ミッキーゴージャス

 父:ミッキーロケット
 母:ミッキークイーン
母父:ディープインパクト

母のミッキークイーンはオークスと秋華賞の牝馬2冠馬。祖母のミュージカルウェイは仏GIIドラール賞(芝1950m)や、仏GIIIメゾンラフィットC(芝2000m)勝ち馬で、トーセンマタコイヤの姪で、エピファニーのイトコにあたります。父のミッキーロケットは宝塚記念勝ち馬のキングカメハメハの後継種牡馬。ヌレイエフのインブリードで重厚感のある血統構成。渋った馬場で2戦2勝。大箱向きの上がり勝負向きでは無さそうでも、バテないタイプだと思うので雨が降ったり前が崩れれば浮上してくるタイプに感じます。

血統:B     距離:B    コース:C    ローテ:C

ライトクオンタム

 父:ディープインパクト
 母:イルミナント
母父:Quality Road

母のイルミナントは米芝9FGI勝ち馬で、父は大種牡馬ディープインパクト。母系が米国のゴーンウエスト系やダンジグとインリアリティを持ち血統的な仕上がり面はかなり高いといえます。桜花賞はキャリアの浅さが出てしまい8着でしたが、思ったよりは走れていた印象。東京の様な広いコースでゆったりと走れる方が良さそうですし、体型もスラッとした感じなので2400mの距離もこなせてもいいのかなと思います。流れ一つで巻き返しも可能ではないでしょうか。輸送もあるので馬体のキープが鍵になりそう。

血統:B    距離:B    コース:B    ローテ:B

ラヴェル

 父:キタサンブラック
 母:サンブルエミューズ
母父:ダイワメジャー

母サンブルエミューズはJRA3勝で、ナミュールの半妹にあたり、マルシュロレーヌやバーデンヴァイラーの姪。曾祖母は桜花賞勝ち馬のキョウエイマーチという血統です。父キタサンブラックはJRAGI7勝を挙げた名馬でイクイノックスやソールオリエンスが代表産駒。母父ダイワメジャーなのでノーザンテーストのクロス、更にはリファールのクロスを持つ配合で姉よりもしなやかさのある配合かと思います。桜花賞、阪神JF共に外枠に泣かされた印象も。直線ゴール少し手前で前をカットされたのも影響していたし、東京2400mに舞台が変わって一変があっても驚かない1頭だと思います。極端な枠は避けたい。

血統:B    距離:B    コース:A    ローテ:B

リバティアイランド

 父:ドゥラメンテ
 母:ヤンキーローズ
母父:All American

ロムネアの下で、母のヤンキローズは豪G1を2勝。ドゥラメンテはタイトルホルダーやスターズオンアースなどの父で皐月賞、ダービーを制した2冠馬。母父がロベルト系のオールアメリカンでゴーンウエストのラインも入りスピードもパワーも兼ね備えた血統です。母系からも2400m向きの構成ではないものの、気性的に道中進んでいかないのでこの距離もあっさりこなせてしまうのではないかなと思います。桜花賞は内前有利を後方外からという絶望的なシチュエーションを跳ね除けて優勝。ポテンシャルの高さは随一だし、あっさり2冠達成しても驚きません。

血統:B    距離:B    コース:A    ローテ:B

レミージュ

 父:キズナ
 母:バイコースタル
母父:Gone West

ティルナノーグやシャンドフルールの下で、スマートダンディーやスマートリアン、スマートセラヴィーらのイトコにあたる血統。父キズナはストームキャット内包のディープ産駒。母父がゴーンウエスト、母系が欧州色の強いヌレイエフやリヴァーマン、ニジンスキーだから切れる脚を使うよりも前で粘り込んだエリカ賞のような競馬が理想。1800mあたりが適距離なような感じはしますが、マイルの経験を経て先行出来ればというところでしょう。東京自体は悪くないと思うのでスムーズに運びたい。

血統:B    距離:C    コース:B    ローテ:C



オークス 2023 適性チェック✔︎上位馬6頭

✔︎シンリョクカ
✔︎ドゥアイズ
✔︎イングランドアイズ
✔︎ゴールデンハインド
✔︎ラヴェル
✔︎リバティアイランド

以上の6頭をピックアップさせて頂きます。

ブログの冒頭にも書きましたが、

適性チェック✔︎は能力や調子、調教、枠順、馬場、天気などのファクターは完全に度外視した競走馬の個性を取り上げるものとなりますので参考にする程度で見てもらえたら幸いです。

最終的な予想(本命馬)はレース当日の朝までに予想記事を投稿しますのでそちらもあわせてよろしくお願いします。

今週末行われる重賞レース適性チェック✔︎

5月20日(土)京都11R 平安S



ブログランキングに登録しています!よろしければポチポチお願いします!









コメント

タイトルとURLをコピーしました