武蔵野ステークス 2022 出走馬適性チェック!!

武蔵野S 2022 血統 適性 傾向重賞出走馬適性チェック
スポンサーリンク

11月12日に東京競馬場で行われるダート重賞の武蔵野ステークス

過去にはノンコノユメがこのレースを勝ちチャンピオンズCを制すなど、今後のダート路線に繋がる一戦です。

この記事は武蔵野ステークスへの出走予定馬の適性を血統・距離・コース・ローテを細かく分析し、5段階(ABCD・E)で評価。最後に厳選上位馬を挙げたいと思います。

適性チェックは能力や調子、調教、枠順、馬場、天気などのファクターは完全に度外視した競走馬の個性を取り上げるものとなりますので参考にする程度で見てもらえたら幸いです。

血統の適性については下の血統適性評価基準をご覧下さい。

翌日に行われるG1エリザベス女王杯の適性チェックの記事はこちらから見れます🔽

同日阪神競馬場で行われるデイリー杯2歳Sの適性チェックの記事はこちらから見れます🔽

同日福島競馬場で行われる福島記念の適性チェックはこちらから見れます🔽

スポンサーリンク

武蔵野ステークス 血統適性評価基準

東京ダート1600mで行われる重賞。フェブラリーSと同じ条件です。

近年の武蔵野ステークスロベルト持ちとニジンスキー持ちが好走中。このコースと相性のいいシアトルスルーの血にも注目。

武蔵野ステークス 出走馬適性チェック

ころめん
ころめん

過去に出走した重賞レースの回顧分析の記事をリンクしておりますので参考に是非どうぞ!!

シリウスS🔽

エルムS🔽

ユニコーンS🔽(※マーメイドSの回顧分析と一緒になっています。)

アシャカトブ

 父 シニスターミニスター
 母 ヴェリタスマリコ
母父 キングカメハメハ

3代母のメイクアウィッシュテレグノシスの母で、兄弟はダートで活躍。この馬も同じで、母父キングカメハメハと父のシアトルスルーの系統のシニスターミニスターでパワーと持続力が富み、母系のニジンスキーからもこのレースと相性がいい血統構成。

前走は不良馬場を3番手から押し切り勝ち。シアトルスルーらしい持続力が武器。マイルですから後方よりのポジションになるかもしれませんが東京コースも問題ないと思います。

血統:A    距離:C    コース:A    ローテ:C

アドマイヤルプス

 父 ヘニーヒューズ
 母 カールファタレー
母父 キングカメハメハ

3代母のダイナカールエアグルーヴの母。シフォンカールの半弟で、ビービーガウディの甥にあたる血統。母系がキングカメハメハノーザンテーストが入り、切れよりもパワーと根性寄りで、父のヘニーヒューズでスピードを補う構成といったところ。特にこのレースにおいては強調する点はありませんが、ヘニーヒューズ産駒はそれなりにこのコースを走りますし、ストームキャットの持続力は活きると思います。

去勢してから成績が安定。走りを見ると外枠よりも内枠で前に壁を作りながら競馬をした方が良さが出そうですし、時計が掛かった方がチャンスはありそうです。コース距離共に問題は無いでしょう。

血統:B    距離:B    コース:A    ローテ:C

エアスピネル

 父 キングカメハメハ
 母 エアメサイア
母父 サンデーサイレンス

母母はオークス2着のエアデジャヴーで、母は秋華賞馬のエアメサイアエアウインザーの全兄で、エアシェイディの甥にあたる血統。キングカメハメハ×サンデーサイレンス×ノーザンテーストで芝ならパワーのある馬場向きで、タフな馬場で成績を残していました。そのパワーがダートでも通用し、フェブラリーSなどでも2着の成績。ワンターンが合うので、この舞台の適性は高く、過去2年で2度の複勝圏内。年齢的な成績の落ち度はありますが、得意レースに昨年と同じローテーションでどこまでやれるか。

血統:B    距離:B    コース:A    ローテ:B



ギルデッドミラー

 父 オルフェーヴル
 母 タイタンクイーン
母父 Tiznow

ストロングタイタンミラアイトーンの半妹で、米国ダート7FのG2勝ちのレネーズタイタンが半姉にいる血統で、母系がスピードの持続力が強く、母父のティズナウシアトルスルーを持ちます。父オルフェーヴルらしくダート変わりでいきなり勝ち、続くグリーンチャンネルCも2着とダートの適性の高さを示しています。マイルだと少し引っかかるので1400mの方が競馬はしやすそうです。軽いダートでしか走っていませんがパサパサのダートでも問題ないと思います。ここでも十分通用。

血統:B 距離:C コース:B ローテ:A

ケイデンスコール

 父 ロードカナロア
 母 インダクティ
母父 ハーツクライ

インダストリアの半兄で、フェイムゲームバランスオブゲームの甥。ダイナサッシュの牝系はサッカーボーイステイゴールドが出ています。母のインダクティ自体がダートがまるっきりダメで、母系は芝適性が高く、父もロードカナロアの分パワーやスピードを伝えますが、根本は芝向き。近走は完全に芝で切れ負けしているのでそういった面では多少は可能性はあるかなと思います。左回りは過去は安定していましたから東京なら。ダートなら軽い馬場の方が合うと思います。

血統:D 距離:B コース:D ローテ:D

サンライズノヴァ

 父 ゴールドアリュール
 母 ブライトサファイア
母父 サンダーガルチ

地方で21勝を挙げたサイモンリッターの半弟で、フェブラリーS勝ちのサンライズバッカスの甥にあたる血統。母父サンダーガルチリアルシャダイですからロベルトを持ち、父はゴールドアリュールで東京ダートで強い血。ニジンスキーも持ち合わせ、血統的にも申し分ないと思います。このレースに関しても2勝を挙げていますが、コース適性が高くユニコーンSも勝っています。年齢的なものもありますから良馬場で時計が掛かった方がいいでしょう。

血統:A 距離:A コース:A ローテ:C

スマッシングハーツ

 父 ヘニーヒューズ
 母 プリティメイズ
母父 ゼネラリスト

アフォードの半弟で母のプリティメイズはJRA5勝。母はデインヒルの血を引くスプリンターで父はヘニーヒューズですから本質は仕上がりの速いダートマイラーという血統のイメージ。持続力の方が強いですから東京特有の溜める競馬よりも小回りコースを持続力で上がっていく方が流れ云々関係なく上位に来れるのかなと思います。力のいる馬場で前が止まる展開になればこの馬にもチャンスはありそうです。

血統:C 距離:C コース:C ローテ:C



セキフウ

 父 ヘニーヒューズ
 母 シヤボナ
母父 Kingmanbo

高松宮記念を制したビッグアーサーの半弟で、父がヘニーヒューズに変わりダート向きにシフト。母系自体がキングマンボサドラーズウェルズなのでスタミナやパワーがあり、ヘニーヒューズ産駒でスピードもあるのでバランスが取れています。ビッグアーサーの下ですから基本的には短いところが合います。ユニコーンSで2着ですが、展開や馬場にも恵まれた感がありますから今回も展開頼みなところはあると思います。時計がかかった方がチャンスはありそうです。

血統:C 距離:D コース:B ローテ:C

タガノビューティ

 父 ヘニーヒューズ
 母 スペシャルディナー
母父 スペシャルウィーク

NHKマイルC2着のタガノブルグの半弟で、母父スペシャルウィークですからニジンスキーを持ち、ヘニーヒューズはこのコースに相性のいい種牡馬ですから適性面は高く、ワンターン向きで本質的には1400mの方が終いが切れると思いますが、東京コースならマイルでも十分通用。後方から追い込むスタイルですから良馬場の方が差し込めると思います。外枠で展開がハマれば一発も。

血統:A 距離:B コース:A ローテ:B

デュードヴァン

 父 デクラレーションオブウォー
 母 ジェラスキャット
母父 Tapit

フラワーC2着のエンスージアズムやフロリダオークス勝ちのタピキャットの甥にあたる血統。母系はタピットストームキャットと米国のスピード持続力血統で、デクラレーションオブウォーダンチヒ系統の持続力血統。母父タピットラニの父でグランアレグリアの母父。シアトルスルーのラインにニジンスキーも入るタピットですからここの適性は高い血統。

デビューして間もない時は東京の1600mはベスト条件でしたが、最近はコーナーでの持続力を活かした競馬が合っているようで、前走の阿蘇Sで逃げ切り勝ち。歳を重ねて適性がズレているのが気になりますが、元々好走経歴のある舞台でどこまでやれるか。マイペースで前目に付けれればチャンスはあると思います。

血統:A 距離:C コース:C ローテ:C

デュープロセス

 父 ダイワメジャー
 母 ローズロー
母父 New Approach

ヨークシャーオークス2着のショートスカートが祖母で、3代母のマッチトゥリスキーホワイトウォーターアフェアの母なので近親にアサクサデンエンヴィクトワールピサのいる血統。母父ニューアプローチサドラーズウェルズの系統でスタミナを持ち、ダイワメジャーが父なのでスピードと先行力を持ち合わせます。歳を重ね先行力は落ちてきましたが、前走は追い込む競馬でジュンライトボルトの3着。復調のきっかけになればいいとは思いますが、コース形態的に地力が求められやすい東京コースは今は不向きかもしれません。前が止まる展開が欲しいところ。

血統:D 距離:C コース:D ローテ:D



ハヤブサナンデクン

 父 ゴールドアリュール
 母 ホワイトクルーザー
母父 クロフネ

母のホワイトクルーザーはJRA2勝で、チャンピオンズCを勝ったサンビスタの甥にあたる血統。ゴールドアリュール×クロフネゴールドドリームにイメージが近く、父にニジンスキーを持ちますが、母系がヴァイスリージェントのクロスで東京よりも中京向き。前走はベスト条件も重賞の壁に阻まれました。今回は距離がマイルということもあり流れに乗れるかが課題。こなせないことはないと思いますがコース含めワンターン向きかというとどうでしょうか。一度使った上積みは期待したいところ。

血統:B 距離:C コース:D ローテ:C

バスラットレオン

 父 キズナ
 母 バスラットアマル
母父 New Approach

英芝6FG1のチヴァリーパークSなど短距離G1を3勝のシリアスアティテュードの甥で、スティッフェリオの従兄弟にあたる血統。母系がサドラーズウェルズグリーンデザートのラインのケープクロス。父がキズナでタフな馬場のマイルが合います。その分ダートに適性が向き、ゴドルフィンマイルで優勝。近走は欧州マイルG1に挑戦しましたが壁は高く。昨年の武蔵野Sは13着大敗。乾いたダートは不安ですが、初ダートだった昨年よりはチャンスはありそうです。先行してしぶとい競馬でどこまで。

血統:C 距離:A コース:C ローテ:D

フルデプスリーダー

 父 ヘニーヒューズ
 母 ファーストチェア
母父 ジャングルポケット

アドマイヤムーンプレイの甥で、近親にエフフォーリアなど名馬が揃う牝系。母系自体はジャングルポケットシャーペンアップとスタミナが強い血統にヘニーヒューズが父でダートの中距離向き。マイルのスピードが少し不安ですが過去このコースで3勝。本質は4つコーナー向きですが充実している今なら十分こなせても不思議ではありません。血統的にもスタミナが強いので乾いたダートの方が向きます。前走ゲートでアクシデントがあり除外の影響がなければ。

血統:C 距離:C コース:C ローテ:D



ブラッティーキッド

 父 シニスターミニスター
 母 デザートレジーナ
母父 タヤスツヨシ

地方で14勝を挙げたデザートレジーナの仔で、ファミリーは地方で活躍するダート血統。父がシニスターミニスターシアトルスルーのラインで、母系はタヤスツヨシトニービンでなのでダート中距離向きではないでしょうか。持続力が強い血統構成ですから先行して良さが出るタイプ。再転入前後で8連勝で挑んだ重賞のエルムSは4着。勝負所の3コーナー付近で進まなくなる点があるのでワンターンになるのがどちらに転ぶかでしょう。直線の長い東京なら持続力を活かせる可能性はありそうです。

血統:B 距離:C コース:C ローテ:B

レモンポップ

 父 Lemon Drop Kid
 母 Unreachable
母父 Giant‘s Causeway

母母のハーピアデインヒルの全妹で、母父はジャイアンツコーズウェイなので早い時期から活躍する血統でスピードの持続力が高く、父のレモンドロップキッドシアトルスルーを持ちパワーと持続力を持つ血統ですから東京のダートコースは合います。戦績通りダート1400mが合う血統ですから1ハロン延長はプラスにはならないと思います。2戦目でこの距離は経験していますが2歳の時なので適性が出てくる今の時期ではどうでしょうか。能力でカバーはできると思いますが転ける展開も可能性として十分に。

血統:B 距離:C コース:A ローテ:C



武蔵野ステークス 適性チェック 上位3頭

✔︎サンライズノヴァ
✔︎タガノビューティ
✔︎エアスピネル

リピーターがいましたから上位馬がこの3頭ということになりました!

その他だとアシャカトブアドマイヤルプスギルデッドミラーが続いているのでそちらも面白いと思っています!

ブログの冒頭にも書きましたが、

適性チェックは能力や調子、調教、枠順、馬場、天気などのファクターは完全に度外視した競走馬の個性を取り上げるものとなりますので参考にする程度で見てもらえたら幸いです。

最終的な予想はレース当日にパドックを見た後にTwitterにて買い目と共に公開していますのでよろしくお願いします!!

ブログランキングに登録しています!よろしければポチポチお願いします!









この記事を書いた書いた人

ころめんです!30代会社員競馬好き!競馬の魅力を伝えていけたら嬉しいです!

ころめんをフォローする
スポンサーリンク
重賞出走馬適性チェック
スポンサーリンク
シェアする
ころめんをフォローする
ころの競馬人生

コメント

タイトルとURLをコピーしました