みやこステークス 2022 出走馬適性チェック!!

みやこS 2022 血統 傾向 適性重賞出走馬適性チェック
スポンサーリンク

11月6日に阪神競馬場で行われるダート重賞のみやこステークス。1ヶ月後のチャンピオンズCや、暮れの東京大賞典につながる前哨戦です。

昨年はメイショウハリオがこの舞台を勝ち、後に帝王賞を制覇。

この記事はみやこステークスへの出走予定馬の適性を血統・距離・コース・ローテを細かく分析し、5段階(ABCD・E)で評価。最後に厳選上位馬を挙げたいと思います。

適性チェックは能力や調子、調教、枠順、馬場、天気などのファクターは完全に度外視した競走馬の個性を取り上げるものとなりますので参考にする程度で見てもらえたら幸いです。

血統の適性については下の血統適性評価基準をご覧下さい。

同日東京で行われるアルゼンチン共和国杯の適性チェックはこちらから見れます🔽

前日阪神で行われるファンタジーSの適性チェックはこちらから見れます🔽

前日東京で行われる京王杯2歳Sの適性チェックはこちらから見れます🔽

スポンサーリンク

みやこステークス 血統適性評価基準

3年連続阪神ダート1800mで行われるレース。

小回りの機動力にダートと直線の急坂のパワーが必要なため、近2年はロベルト持ちがかなり絡んでいます。アンブライドルド持ちとフォーティナイナー持ちも近2年では好走傾向があるので注目したいと思います。

みやこステークス 出走馬適性チェック

ころめん
ころめん

過去に出走した重賞レースの回顧分析の記事をリンクしていますので参考にどうぞ!

シリウスS🔽

エルムS🔽

レパードS🔽

ジャパンダートダービー🔽

プロキオンS🔽

アイオライト

 父 ローレルゲレイロ
 母 ステラアクトレス
母父 オペラハウス

テイエムデジタルの弟で、母母のカムイイットーはシンザン記念で3着。近親にエイムアットビップのいる血統で、母系自体はオペラハウスラッキーソブリンを持つのでタフさが強く、父もローレルゲレイロなので超スピードという感じではなく、キングヘイローの血筋ですからダート向きになる血統でしょう。全日本2歳優駿で2着の実績があるように小回りで機動力を活かす競馬が合いますし、6走前のペテルギウスSはこのコースと同じで勝っています。

逃げて成績を残して居ましたが、2走前は3番手から押し切り勝ち。エルムSでは前残りの展開で残れず8着大敗でした。逃げるよりも今は番手の方が合っているのかもしれませんが、機動力活かせるコースでどこまでやれるか。

血統:C    距離:B    コース:B    ローテ:C

アメリカンフェイス

 父 Tapit
母 Screen Goddess
母父 Giant‘s Causeway

叔母に米国芝8FG1勝ちのスタービリングのいる血統で、母系はジャイアンツコーズウェイサンダーガルチなので早熟ダートマイラーのイメージで、タピットはラニの父でグランアレグリアの母父。持続力の強い血統ですが米国血統なので気性的に難しい面も多いのがネック。

佐賀記念で2着の実績がありますがポテンシャルをうまく出せずにいる現状。大箱でノビノビ走らせてあげるのが本質的にはいいのかもしれません。阪神よりも中山や東京の関東圏がベター。

血統:C 距離:C コース:D ローテ:B

ウィリアムバローズ

 父 ミッキーアイル
 母 ダイアナバローズ
母父 シンボリクリスエス

母のダイアナバローズはJRAで3勝。イチブンの甥で、母系が重たく、ミルリーフのクロスを持ち、母父はロベルト系のシンボリクリスエス。父はミッキーアイルでマイラー気質ですから中距離くらいがちょうどいいタイプ。いかにもパワーが強く、良馬場でしぶとさを活かした方がいいですからスムーズに運べれば十分圏内ではないでしょうか。

血統:A    距離:A    コース:B    ローテ:B

オメガパフューム

 父 スウェプトオーヴァーボード
 母 オメガフレグランス
母父 ゴールドアリュール

ホウオウルーレットの半兄で近親にマルカバッケンエテルナミノルのいる血統で、母系にロベルト系のリアルシャダイを持ち母父ゴールドアリュールに父がスウェプトオーヴァーボードですからダートのパワー型。父系はフォーティナイナーですからこのレースに適性が高い血統で、実際春の同条件のアンタレスSで勝っているようにこの舞台向き。力のいる右回りは得意ですから出来れば良馬場で。

血統:A    距離:B    コース:A    ローテ:B

クリンチャー

 父 ディープスカイ
 母 ザフェイツ
母父 ブライアンズタイム

フロンタルアタックミスイロンデルの甥。母父ブライアンズタイムの馬力とダンチヒのクロスで持続力が高い血統。パワーが強くダートに主戦場を移し長く活躍しています。ロベルト持ちですから血統適性は高く、一昨年は優勝、昨年は1番人気も6着。先行してしぶとく伸びるタイプですが今は1800よりも長い距離の方がスムーズだと思います。

血統:A 距離:D コース:A ローテ:D



サクラアリュール

 父 ゴールドアリュール
 母 シロガネーゼカフェ
母父 Gulch

サクラブライアンズサクラエンパイアの下で、ヌレイエフクロスが効くのでスタミナが強いながらも母父ガルチでスピードを補填。タフな競馬向きで距離はもう少しあった方が向く血統構成。

2走前は右回りの小回りコースで2着と新たな面を見せました。前走のシリウスSは好条件と思いきや案外の5着。今回は右回りですから展開に左右されると思います。東京2100mがベストな馬ですからここでは少し疑問。

血統:C 距離:C コース:D ローテ:C

サンライズホープ

 父 マジェスティックウォリアー
 母 オーパスクイーン
母父 スペシャルウィーク

サンライズベガの甥で、母のオーパスクイーンはJRAで3勝。母系がスペシャルウィークヌレイエフの血脈で、スタミナの要素が強く、シアトルスルーのクロスを持つので持続力が高い血統。母系の方が強く出ているのでタフな馬場の方が合うのでできれば良馬場の時計がかかる馬場がいいと思います。

父が米国血統ですから気難しい面も多く、気持ちの問題で競馬をやめてしまうところがありますから好走のキッカケが欲しいところ。阪神コースも問題ですから気分良くいければ。

血統:C 距離:C コース:B ローテ:C

タイセイドレフォン

 父 ドレフォン
 母 デイトユアドリーム
母父 トワイニング

ユアマイラブイルデレーヴの下で、母のデイトユアドリームはJRAで4勝。ヒンドゥタイムズが従弟にいる血統で、父のドレフォンは皐月賞馬ジオグリフやダートでより強さを発揮したデシエルトが代表産駒。母父はフォーティナイナー系のトワイニングヌレイエフも母系に入るのでスタミナとスピードのバランスが取れた血統ですから中距離くらいがベスト。

レパードSは立ち回りの上手さも際立つ2着。内枠の方がいいタイプですから、阪神もこなしますが、中京のようなコース形態がベストでしょう。距離は問題ないですから時計のかかる馬場でやりたいところ。

血統:B 距離:A コース:C ローテ:B

タガノディアマンテ

 父 オルフェーヴル
 母 タガノレヴェントン
母父 キングカメハメハ

タガノトネールタガノエスプレッソの下で、兄のタガノトネールはダートで活躍も父は米国血統のケイムホームでした。本馬はオルフェーヴルなのでダートが合わないことはないと思いますが母系がトニービンヌレイエフも入るので長距離のスタミナ型血統。ダートよりも芝の長いところが適性だと思います。

前走の京成杯AHは初のマイルでスピード負け。血統通りパワーというよりもスタミナなのでここの舞台もズレると思います。時計がかかるのがいいのは間違いないのでパサパサ馬場でどこまでやれるか。

血統:E 距離:D コース:D ローテ:D



ハギノアレグリアス

 父 キズナ
 母 タニノカリス
母父 ジェネラス

タニノギムレットの甥でタニノエポレットホウオウエーデルの半弟。このファミリーは馬力に富んでいる血統だから父のキズナのパワーも重なりダートで全開。キズナ産駒はこのコースは相性良く好走します。距離はもう少しあったほうが競馬はしやすいと思いますが、前走も勝った舞台ですから勢いに乗ってここでも好走を。

血統:B 距離:B コース:B ローテ:B

ハピ

 父 キズナ
 母 クイーンパイレーツ
母父 キングカメハメハ

ダノンアイリスダノンフォワードの甥で、母母のカルフォニアネクターは米国ダート7FのG2勝ち馬。父キズナに母父キングカメハメハでパワーが強い血統で、ストームキャットのクロスを持ちますから直線での持続力に優れた血統。阪神の急坂はこの馬にとってはプラスに出ると思います。

近3走はスッキリしないレースが続きますが、力があるのは事実。軽いダートよりも良馬場の方が向くタイプですが阪神だと脚質的に外から差すと届かない可能性も。前が止まる展開が欲しいところ。

血統:B 距離:B コース:C ローテ:B

ヒストリーメイカー

 父 エンパイアメーカー
 母 チヨノドラゴン
母父 バブルガムフェロー

母のチヨノドラゴンは地方で18勝と勝ちまくり、兄のリノサンスも地方で9勝。名古屋グランプリで2着のクラシカルノヴァの甥で、一昨年の2着があるようにこの舞台の適性は高く、エンパイアメーカー産駒でアンブライドルドの血を持ち、母系にリアルシャダイロベルトも持ちます。

溜めて切れるというよりもハイペースを追走して後方から雪崩れ込むのが最近のスタイルで展開に左右されるタイプです。時計が速くなりやすい軽いダートの方が結果は出てますから雨が降れば面白いと思います。今の馬のタイプとコースは少し合わない気も。ローカルの方が合うと思います。

血統:A 距離:C コース:C ローテ:C



ブリッツファング

 父 ホッコータルマエ
 母 リリーオブザナイル
母父 バゴ

ツクバソヴァールの下で、母系がバゴミルリーフで欧州的重厚感を持ち、父もキングマンボ系のホッコータルマエだからスタミナとパワーを持つ血統。フォーティナイナーも母系に入るのでバランスが良く、ホッコータルマエアンブライドルドも持つのでこのレースに向く血統だと思います。

前走は色々と試す競馬をして5着に敗れました。砂をかぶってあまりいいところがなく進まなくなったので外目を先行するのがいいと思います。外枠が理想。スムーズな競馬ができればチャンスはあると思います。

血統:B 距離:B コース:A ローテ:B

メイショウドヒョウ

 父 アイルハヴアナザー
 母 エリモフィナーレ
母父 サンデーサイレンス

ファンファーレメイショウロセツの下で、エリモマキシムトウシンイーグルの甥にあたる血統で、父のアイルハヴアナザーフォーティナイナー系で、ロベルトを持つ種牡馬で、母系はサンデーサイレンスシアトルスルーですから持続力を持ちます。先行して良さが出るタイプですが、なんなら行き切った方がしぶとさが出ます。そういう面では中京の方が向くのかなと思いますが、阪神でも実績はありますし問題ないと思います。

血統:A 距離:A コース:C ローテ:C

メイショウフンジン

 父 ホッコータルマエ
 母 シニスタークイーン
母父 シニスターミニスター

母のシニスタークイーンはJRAで3勝。父ホッコータルマエシニスターミニスターが母父ですからダート血統で、母系の奥はサドラーズウェルズミルリーフのラインが入りタフさを持つので逃げて良さが出るのは納得。

前走のブラジルCは4着でしたが交わされてからかなりしぶとく粘っていました。コース形態的に阪神の方が粘りが効きそうですから相手は揃いましたが展開次第では一発あっても。

血統:B 距離:B コース:B ローテ:B

ヴァンヤール

 父 タートルボウル
 母 ブライトエルフ
母父 ブライアンズタイム

母母のスウィートエルフはJRAで6勝、母父はロベルト系のブライアンズタイムで母系全体的に欧州色が強くなりダート向きのパワーを持つ血統。父もタートルボウルですから欧州色が強く、日本の芝では切れ負け。ダンシングブレーヴのラインも持ちますから持続力よりも瞬発的な力を発揮する血統ではないでしょうか。

レースを見てもなるべく溜めた方がいいタイプですから中団くらいからの競馬が合いそうです。馬群も問題ないですから距離ロスのない内枠が理想で、坂下までにはトップギアに入っていれば。距離はもう少しあったほうが良さそうです。

血統:B 距離:C コース:C ローテ:D



みやこステークス 適性チェック 上位3頭

✔︎ウィリアムバローズ
✔︎オメガパフューム
✔︎ブリッツファング

以上の3頭を挙げさせていただきます!

オメガパフュームは年末の大記録に向けての大事な1戦になりますから楽しみですね!

ブログの冒頭にも書きましたが、

適性チェックは能力や調子、調教、枠順、馬場、天気などのファクターは完全に度外視した競走馬の個性を取り上げるものとなりますので参考にする程度で見てもらえたら幸いです。

最終的な予想はレース当日にパドックを見た後にTwitterにて買い目と共に公開していますのでよろしくお願いします!!

ブログランキングに登録しています!よろしければポチポチお願いします!









この記事を書いた書いた人

ころめんです!30代会社員競馬好き!競馬の魅力を伝えていけたら嬉しいです!

ころめんをフォローする
スポンサーリンク
重賞出走馬適性チェック
スポンサーリンク
シェアする
ころめんをフォローする
ころの競馬人生

コメント

タイトルとURLをコピーしました