【紫苑ステークス 2023】出走馬適性チェック✔︎

紫苑S 2023 出走馬 適性 診断 血統 傾向 評価重賞出走馬適性チェック
スポンサーリンク

2023年9月9日(土) 中山競馬場 芝2000m 紫苑ステークス 出走馬全頭の適性診断記事になります。

この記事は紫苑ステークスへの出走予定馬の適性を血統・距離・コース・ローテを細かく分析し、5段階(ABCD・E)で評価。最後に厳選上位馬を挙げたいと思います。

適性チェック✔︎は能力や調子、調教、枠順、馬場、天気などのファクターは完全に度外視した競走馬の個性を取り上げるものとなりますので参考にする程度で見てもらえたら幸いです。

血統の適性については下の血統適性評価基準をご覧下さい。

スポンサーリンク

紫苑ステークス 2023 血統適性評価基準

今年からGⅡに昇格した秋華賞TR。中山芝2000mで行われます。

割と本番には直結するレースで、母父クロフネの血が強いですが今年は不在。開幕週のスピードと機動力パワーに秀でた血統を評価するべきか。

紫苑ステークス 2023 出走馬適性チェック✔︎

アップトゥミー

 父:モーリス
 母:ムードインディゴ
母父:ダンスインザダーク

ユーキャンスマイルやルビーカサブランカの半妹で、母のムードインディゴは府中牝馬S勝ち馬。チャペルコンサートの姪にあたります。父のモーリスは世界で活躍したロベルト系マイラー。ジャックドールやジェラルディーナなどGI馬も輩出。兄弟よりもスピード志向は強いと思いますし、フットワークも大箱に向きます。ポテンシャルは高いですが中山でどこまでやれるか。

血統:B    距離:B    コース:C    ローテ:C

アマイ

 父:ダノンバラード
 母:イオ
母父:タイキシャトル

母のイオはJRA1勝。マイティーストームやマイティーバッカスの姪にあたります。父のダノンバラードはヘイローのクロスを持つディープ産駒。母父タイキシャトルもヘイローの系譜で重厚なクロスを持ちます。線が細く映る体型ですが、母系の奥にダンジグのラインを持つようにタフな馬場に向きます。前走は逃げて快勝。揉まれず今回も開幕週で逃げれれば残っても驚かない存在でしょう。

血統:B    距離:A    コース:B    ローテ:C

エミュー

 父:ハービンジャー
 母:スーリール
母父:スペシャルウィーク

フォーチュンスター、コアプライドの姪で、母のスーリールはJRA1勝。父のハービンジャーはダンジグの系譜で、キングジョージなどを制し、種牡馬としてもブラストワンピースやノームコア、ディアドラなど活躍馬を多数輩出。母系がニジンスキーのクロスを持っていて、血統全体的にパワーとスピードも持つのでバランスは良い構成。ハービンジャー産駒らしくパワー型で道悪のフラワーCを制しました。ローテーション的にも春のGIは酷だったのもありますし、オークスは若干距離が長かったのかもしれません。中山の方が流れは合いますが、道悪になった方がいいのは事実。大胆な競馬がいいタイプでしょう。

血統:B    距離:A    コース:A    ローテ:B

キミノナハマリア

 父:ハービンジャー
 母:シャドウマリア
母父:ヴィクトワールピサ

母はJRA1勝で祖母のパールシャドウはJRAで5勝。サウスオブボーダーやサトノシリウスの姪にあたります。父のハービンジャーはデインヒル経由のダンジグ系で、ブラストワンピースやディアドラ、ペルシアンナイトなどの父。母系がヴィクトワールピサにクロフネだから機動力とスピード兼備で血統構成は小回り向きで中山には適した構成でしょう。前走HTB賞は外から差し切る勢いはありましたが、前を捉えられず、後ろに差され3着。展開の差のいうのはあると思いますがあまりいい印象では無かったのは事実。機動力を活かせる中山はいいですが、距離はもう少し短い方がいいかもしれません。

血統:A     距離:C    コース:A    ローテ:C

グランベルナデット

 父:キズナ
 母:ラブリーベルナデット
母父:Wilburn

母のラブリーベルナデットは米GIIミセズリヴィアS芝8.5F勝ち馬。父のキズナはディープ産駒のダービー馬で、ソングラインやアカイイトなど牝馬の活躍が目立ちます。母父ウィルバーンはインディアナダービー勝ち馬のエーピーインディ系種牡馬。母系は米国のスピード血統で固められ、適性な距離はマイル〜1800mあたりのように感じます。それでも2000mで2勝していて小回りも十分にこなせます。力的には上位争いできると思いますしここでも楽しみな1頭です。

血統:B     距離:B    コース:B    ローテ:A

シランケド

 父:デクラレーションオブウォー
 母:フェアブルーム
母父:ディープインパクト

祖母のビーフェアーはブラジルでディアナ大賞などGIを3勝挙げた名牝。近親にもブラジルで活躍したヴァージニーのいる血統。父のデクラレーションオブウォーはダンジグ系大種牡馬ウォーフロントの後継で、トップナイフやセットアップなどの父。身のこなしが割と柔らかいのでベストは大箱コースのように感じます。それでも小回りは対応出来ると思いますし、急坂は助けになるのではないでしょうか。良馬場でやりたいところ。

血統:B    距離:B    コース:C    ローテ:B

ソレイユヴィータ

 父:スクリーンヒーロー
 母:スターペスミツコ
母父:カーネギー

メイショウナルトやエピカリスの半妹にあたり、タガノデンジャラスやバアゼルリバーのイトコでイトコ甥にファストフォースのいる血統。父スクリーンヒーローはジャパンCを制したグラスワンダーの後継。母父カーネギーはモーリスと同じ構成。母系からも渋とさの活きる血統だから先行して良績。中山2000mは十分こなせるし、開幕週はプラスでしょう。成長力で権利を取れるか。

血統:B     距離:B     コース:A     ローテ:B

ダルエスサラーム

 父:ダイワメジャー
 母:ザズー
母父:Tapit

母のザズーはダートとAW8F~8.5FのGIを3勝。アルーシャやプライドランドの半妹。父のダイワメジャーはマイル志向の強いサンデー系。母父タピットはエーピーインディの後継で、UAEダービー勝ち馬のラニの父で、グランアレグリアの母父。スピードと持続力の血統で、父がダイワメジャーでも溜めを効かせた方がいいタイプ。前走は外枠で出脚一息。1400mだと少し忙しいですが、2000mだと長い印象。中山向きとも言い難いですがどこまでやれるか。

血統:C    距離:D    コース:D    ローテ:C

ニシノコウフク

 父:サトノクラウン
 母:ニシノマメフク
母父:スペシャルウィーク

ニシノフウジンの下で、ニシノジャブラニの姪にあたる血統。父のサトノクラウンは香港や宝塚記念などタフ馬場を制した道悪の鬼で、母系もニジンスキーを持つスペシャルウィークにサドラーズウェルズ系のシングスピールでタフな馬場が合う構成ですが、馬自体を見ると重馬場はそこまでな感じがします。大箱の方が案外向きそうで、ペース的にはスローが合うか。距離は持つと思います。

血統:B     距離:B     コース:C     ローテ:C

ヒップホップソウル

 父:キタサンブラック
 母:ダンスファンタジア
母父:ファルブラヴ

母はフェアリーS勝ち馬のダンスファンタジアで、祖母は桜花賞馬のダンスインザムードという名牝系。カイザーバルの姪で、父はキタサンブラックでイクイノックスやガイアフォース、ソールオリエンスなどを輩出した勢いのある種牡馬。母父がファルブラヴなので中距離向きの血統構成。斬れるタイプではないので中山のような小回りコースは向くと思います。道悪になれば更に良いと思いますし、距離も2000mは歓迎でしょう。有力視できる1頭だと思います。

血統:B     距離:A    コース:A    ローテ:B

フィールザオーラ

 父:ブラックタイド
 母:フィールザレース
母父:Orpen

母のフィールザレースは亜GI エストレラススプリント大賞典勝ち馬で、フィートファーストの姪にあたる血統。父ブラックタイドはディープの全兄でキタサンブラックの父。母父オーペンはダンジグ系のモルニ賞勝ち馬。日本ではサトノダイヤモンドの母父として馴染みがあります。母系のスピードからも先行力が強い中距離馬のイメージですが、本質はマイラーでしょう。スローで上手く運べるかが課題。中山は問題ないでしょう。

血統:B    距離:D    コース:B    ローテ:C

フルール

 父:キズナ
 母:レリカリオ
母父:Malibu Moon

祖母のアンライバルドベルは米BCレディーズクラシック勝ち馬で、米ダートマイル前後GI3勝馬ユニークベラの姪。父キズナはディープ産駒のダービー馬で、ソングラインやアカイイトなど牝馬が好走傾向。母父マリブムーンにアンブライドルドソングと米国のスピードが強いのでマイルあたりがベストの血統構成に感じます。福島で2勝と小回りの適性が高く見えますが、一瞬の斬れよりも持続力が勝っているからでしょう。2000mは圏内だと思いますが、決着が速すぎるのは酷かも。

血統:B    距離:B     コース:B    ローテ:C

マーゴットミニモ

 父:サトノダイヤモンド
 母:フクシア
母父:ゴールドアリュール

ジンフラッシュの半妹で、チャレンジシチーの姪。父のサトノダイヤモンドは菊花賞と有馬記念を制したダービー馬。母父ゴールドアリュールはダート志向のサンデーサイレンス産駒で、エスポワールシチーやスマートファルコンなどダートの名馬を多数輩出。ダートを主に使ってきていますが、脚先は軽く感じるし芝でも十分対応出来ると思います。時計が掛かっていいタイプだから雨は歓迎でしょう。

血統:C    距離:B    コース:B    ローテ:C

ミシシッピテソーロ

 父:ダノンバラード
 母:ハピネスフォーユー
母父:A.P.Indy

母のハピネスフォーユーはJRA1勝。ミエノサクシードの半妹。父のダノンバラードはディープの初年度産駒で、重賞2勝。母父エーピーインディですが、デインヒルやミルリーフを母系に持つので全体的にパワー型。前走の豊栄特別は32.7の上がりで差し切り。ワンターンでこそで距離よりもコースの方が不安材料な気も。ポテンシャルでどこまでやれるか。

血統:B    距離:C    コース:C    ローテ:C

ミタマ

 父:ハーツクライ
 母:モナリザ
母父:Giant’s Causeway

母のモナリザは仏GIオペラ賞2着。曾祖母からはオペラハウスに繋がる牝系で、父ハーツクライはサンデー直仔の大種牡馬で、リスグラシューやヌーヴォレコルトなど牝馬も活躍馬多数。母父ジャイアンツコーズウェイはシュリと同じ。外回りで結果を出している分やはり大箱向きだと思いますが、距離は2000m以上に適性を感じます。結果を出すなら課題も多いと思いますが流れ次第で一発あっても。

血統:B     距離:A    コース:C     ローテ:C

モリアーナ

 父:エピファネイア
 母:ガルデルスリール
母父:ダイワメジャー

母のガルデルスリールはJRA2勝。ヒストリアノワールやカズポメラニアンの半妹で、ダノンフェニックスの姪。父エピファネイアは菊花賞やジャパンC勝ち馬で、ロベルト系の長距離志向の強い血統。母系がダイワメジャーにチーフズクラウンだからパワー型で、距離的にはマイルよりも中距離向きの血統。春から使える脚が長くないととことん書いてきたので距離延長でどうなるか。大箱向きにも見えるので上手く立ち回れるかが課題もポテンシャルは上位で。

血統:B    距離:C    コース:C     ローテ:C

ワイズゴールド

 父:レインボーライン
 母:キタサンテンニョ
母父:キングヘイロー

母のキタサンテンニョはJRA1勝。4代母からはストリートクライやシャマーダルなどが出る牝系で、父のレインボーラインはステイゴールド系の天皇賞・春勝ち馬。母父キングヘイローはBMSとして優秀で、イクイノックスやディープボンドなどの母父。カク地ですが、血統構成は悪くない印象ですが、距離的には少し長いか。走法的にもダートの方が向くし、道悪の方がいいかも。

血統:A    距離:D     コース:D    ローテ:C

紫苑ステークス 2023 適性チェック✔︎上位馬4頭

✔︎エミュー
✔︎ヒップホップソウル
✔︎グランベルナデット
✔︎ソレイユヴィータ

以上の4頭をピックアップさせて頂きます。

ブログの冒頭にも書きましたが、

適性チェック✔︎は能力や調子、調教、枠順、馬場、天気などのファクターは完全に度外視した競走馬の個性を取り上げるものとなりますので参考にする程度で見てもらえたら幸いです。

最終的な予想(本命馬)はレース当日の朝までに予想記事を投稿しますのでそちらもあわせてよろしくお願いします。

今週末行われる重賞レース適性チェック✔︎

9月10日(日)阪神11R セントウルS

9月10日(日)中山11R 京成杯AH

ブログランキングに登録しています!よろしければポチポチお願いします!









この記事を書いた書いた人
ころめん

ころめんです!30代会社員競馬好き!競馬の魅力を伝えていけたら嬉しいです!

ころめんをフォローする
スポンサーリンク
重賞出走馬適性チェック
スポンサーリンク
シェアする
ころめんをフォローする
ころの競馬人生

コメント

タイトルとURLをコピーしました