【日経新春杯 2024】出走馬適性チェック✔︎

日経新春杯 2024 出走馬 適性 診断 血統 傾向 評価重賞出走馬適性チェック
スポンサーリンク

2024年1月14日(日) 京都競馬場 芝2400m 日経新春杯 出走馬全頭の適性診断記事になります。

この記事は日経新春杯への出走予定馬の適性を血統・距離・コース・ローテを細かく分析し、5段階(ABCD・E)で評価。最後に厳選上位馬を挙げたいと思います。

適性チェック✔︎は能力や調子、調教、枠順、馬場、天気などのファクターは完全に度外視した競走馬の個性を取り上げるものとなりますので参考にする程度で見てもらえたら幸いです。

血統の適性については下の血統適性評価基準をご覧下さい。

スポンサーリンク

日経新春杯 2024 血統適性評価基準

4年ぶりに京都での開催になる日経新春杯。芝の2400m外回りで行われます。

過去の京都開催ではディープインパクトステイゴールドなどの京都の長丁場に強い血統が強かったが新京都ではどうか。

日経新春杯 2024 出走馬適性チェック✔︎

インプレス

 父:キズナ
 母:ベアトリスⅡ
母父:Dr Fong

母は独GIII勝ち馬のベアトリスⅡで、父キズナはディープ産駒のダービー馬。母父はロベルト系のドクターフォングで、セントジェームスパレスを制しています。キズナ×クリスエス系はソングラインと同じで持続力に富む血統構成。同コースで行われた京都大賞典では湿った馬場でリズムが悪くなったことを考えると軽い馬場が理想。距離とコースは問題ないですが、多少ゆったり流れてくれた方がいいかもしれません。

血統:B    距離:A    コース:B    ローテ:C

カレンルシェルブル

 父:ハービンジャー
 母:カレンケカリーナ
母父:ハーツクライ

母はJRAで5勝。アカンサスの甥にあたる血統。父のハービンジャーはダンジグ系らしくパワーが強い血統で、産駒は小回りの持続力型が多いです。母系はハーツクライ×アンブライドルドソングの持続力血統。リファールの5×5×4のクロスととてもバランスがいい血統構成。重厚感のある身体の作りで力の要する舞台設定向き。距離は問題ないと思いますが、上がり勝負だと分が悪いので、京都外回りが課題になりそう。前崩れの展開で差し込みたい。

血統:C    距離:B    コース:C    ローテ:C

サヴォーナ

 父:キズナ
 母:テイケイラピッド
母父:スニッツェル

アイムユアドリームやレオパルディナのイトコにあたる血統のキズナ産駒。母父スニッツェルはデインヒルの後継種牡馬で豪州短距離馬。キズナ産駒の牡馬という重さを母系のスピードで緩和させた配合で、中長距離戦で前で粘り込むスタイルで神戸新聞杯は2着。菊花賞は少し長過ぎた感じもしましたし、身体付きがだいぶ逞しい面からも距離短縮は歓迎でしょう。京都の下りも悪くないですし、ここも前で受けれれば。

血統:B    距離:A    コース:B    ローテ:A

サトノグランツ

 父:サトノダイヤモンド
 母:チェリーコレクト
母父:Oratorio

伊オークス、伊1000ギニーを制したチェリーコレクトを母に持ち、父はこのレースを制したサトノダイヤモンド。半兄にワーケア、叔母にシーオブクラスがいます。母系でニジンスキーのクロスを持ち、母父がデインヒルのラインのオラトリオ。父がディープ系のサトノダイヤモンドで如何にも京都でいいイメージ。菊花賞は余りにも進んで行かなかった感じはしましたから斬れ勝負では不安視もスローペースは希望でしょう。

血統:A    距離:A    コース:A    ローテ:C

シンリョクカ

 父:サトノダイヤモンド
 母:レイカーラ
母父:キングカメハメハ

母のレイカーラは重賞格上げ前のターコイズSなどJRAの芝1600~1800で5勝。インターミッションの半妹で、サトノオラシオンの全姉にあたり、ダノンシャークの姪。サトノダイヤモンド産駒の牝馬で、母系はキングカメハメハやカーリアンやシャーリーハイツなど欧州の名血の配合で、幾分時計のかかる馬場に向くタイプでしょう。馬群に入れて進んでいく馬なので内枠やそのようなポジションを取れればポテンシャルを発揮。馬自体は徐々に良い方向に成長しているので、展開ハマれば面白い存在に。距離は恐らく熟すとは思いますし、この時期の京都は悪くないと思います。

血統:B    距離:B    コース:A    ローテ:B

ディアスティマ

 父:ディープインパクト
 母:スウィートリーズン
母父:ストリートセンス

母のスウィートリーズンは米ダート8F9FGI勝ち馬で、ドバイゴールデンシャヒーン勝ち馬のゼンデンのイトコにあたる血統。ディープ×米国血統の成功例の多い配合で、母系のブラッシンググルームも効いて中長距離向きに。斬れずバテずなディープ産駒ですが、前走のアルゼンチン共和国杯は前に行けず凡走。休み明けというのもありましたから1度使ってピリッとしてくれば。距離とコース自体には特に不安は無いですし、自分の形に持ち込みたい。

血統:B    距離:B    コース:B    ローテ:B

ナイママ

 父:ダノンバラード
 母:ニシノマドカ
母父:ジャングルポケット

母のニシノマドカはJRA1勝、NAR5勝。祖母はJRA5勝馬で、曾祖母は府中牝馬Sで3着になったブランドノーブルという牝系。父ダノンバラードはディープインパクトの初年度産駒でキタウイングの父。母父ジャングルポケットはスタミナが強く、母系にブライアンズタイムを持つので機動力と粘着に富む中距離馬。前走はダートなので度外視して、2走前の福島記念は澱みないペースで追走し切れず失速。もう少しゆったり走れる方がいいと思いますし、距離延長はいいかもしれません。あとは力関係でしょう。

血統:B    距離:B    コース:C    ローテ:B

ハーツイストワール

 父:ハーツクライ
 母:レツィーナ
母父:キャプテンスティーヴ

母のレツィーナはJRAダート1600m~1800mで3勝。全兄に青葉賞3着のヴェラヴァルスターがいる血統。ハーツクライ産駒で母系にブライアンズタイムと東京や中山の2500m向きの血統構成。本馬は左回りだと別馬になるのでアルゼンチン共和国杯で好走。右回りの京都2400mだとパフォーマンスは落としますが、長期休み明けから1度使ったのはプラスにはなると思います。馬は8歳でも多く使われてないのでそこは問題ないでしょう。

血統:C    距離:B    コース:D    ローテ:C

ハーツコンチェルト

 父:ハーツクライ
 母:ナスノシベリウス
母父:Unbridled’s Song

ナスノシンフォニーの全弟で、母のナスノシベリウスはJRAで3勝。ハーツクライ×アンブライドルドソングだからスワーヴリチャードと同じ配合で高い持続力を持ちます。母系のスピード持続力にハーツクライが父で、バランスの良い血統構成。未だ1勝馬ですが、ダービー3着の戦績でポテンシャルは高いです。菊花賞はスムーズでは無かったのもあり6着。今回の距離短縮もいいですし、一瞬の脚よりも長く脚を使う展開になればここでも上位争いは十分。ただ、ダンジグが母系に入るし直線坂コースの方がいいかも。

血統:B     距離:A    コース:C    ローテ:B

ヒンドゥタイムズ

 父:ハービンジャー
 母:マハーバーラタ
母父:ディープインパクト

母のマハーバーラタは1勝馬で、リアンクールの半兄。デイトユアドリームの甥なのでタイセイドレフォンがイトコにいる血統。父のハービンジャーはデインヒル経由のダンジグ系。リファールのクロスと母系のヌレイエフで京都の外回りは血統的にも合います。上がりは掛かった方がいいのと、2400mは微妙に長い点だけ気になりますが、京都大賞典でも4着と好走していますし、色々噛み合って上位は可能でしょう。

血統:B    距離:C    コース:B    ローテ:B

ブローザホーン

 父:エピファネイア
 母:オートクレール
母父:デュランダル

母のオートクレールはJRA4勝(1200~1600)。デザートスネークの甥にあたる血統で、近親にはダイヤモンドS2着のジョーヤマトがいます。父エピファネイアはジャパンC、菊花賞勝ち馬で、母系のスピードと合わさり中距離馬に出ました。細身な牡馬で、長いところに向くアウトライン。前走同コースの京都大賞典は心房細動で競走中止でしたがその影響次第でしょう。舞台設定は悪くないと思います。タフな馬場は歓迎。

血統:B    距離:A    コース:A    ローテ:D

リビアングラス

 父:キズナ
 母:ディルガ
母父:Curlin

近親にシャックルフォードやレディジョアンのいる血統で、母のディルガは忘れな草賞勝ち馬。キズナ産駒の牡馬で母父カーリンだからダートで走ったら面白そうだなと思うようなパワーに寄ったタイプで馬格もそれなりにあります。菊花賞4着、京都新聞杯3着と京都は悪くないコース。距離も守備範囲ですが上がりを求められると厳しく消耗戦になる展開が希望でしょう。

血統:B    距離:B    コース:A    ローテ:C

リレーションシップ

 父:ルーラーシップ
 母:カラフルブラッサム
母父:ハーツクライ

母のカラフルブラッサムはJRA3勝。浦和記念や佐賀記念を勝ったピイラニハイウェイの甥で、父ルーラーシップはキングマンボ系でトニービンを内包した持続力血統。母父ハーツクライもトニービンを持っていて、自身はトニービンの3×4を持ちます。血統構成的には中長距離は大歓迎ですが、1200mの速いラップでもそれなりに追走出来ていることを考えると一気の距離延長も折り合い面は課題になりますが、行き来ってマイペースならそこそこ走っても驚かない存在ではあります。

血統:B     距離:C    コース:C     ローテ:D

レッドバリエンテ

 父:ディープインパクト
 母:サボールアトリウンフォ
母父:Dance Brightly

母は亜GIラテンアメリカ大賞典勝ち馬のサボールアトリウンフォ。ディープインパクト産駒で、母父はミスプロ系のダンスブライトリーはダンジグを内包。斬れるディープインパクト産駒というタイプではなく、上がりの掛かる競馬に向くのかなと思います。前走のアルゼンチン共和国杯は直線スムーズさに欠けた競馬でしたが、ジワジワ脚を伸ばした7着。スタートしてからあまり進んでいかないのでポジションは後方からになると思いますが、展開ハマれば上位も可能でしょう。ただ内回りの流れ向きなのでその点は気になるところ。

血統:B     距離:B     コース:C    ローテ:B

日経新春杯 2024 適性チェック✔︎上位馬3頭

✔︎サヴォーナ
✔︎サトノグランツ
✔︎シンリョクカ

以上の3頭をピックアップさせて頂きます。

ブログの冒頭にも書きましたが、

適性チェック✔︎は能力や調子、調教、枠順、馬場、天気などのファクターは完全に度外視した競走馬の個性を取り上げるものとなりますので参考にする程度で見てもらえたら幸いです。

最終的な予想(本命馬)はレース当日の朝までに予想記事を投稿しますのでそちらもあわせてよろしくお願いします。

今週末行われる重賞レース適性チェック✔︎

1月13日(土)小倉11R 愛知杯

1月14日(日)中山11R 京成杯

ブログランキングに登録しています!よろしければポチポチお願いします!









タイトルとURLをコピーしました