【ダイヤモンドステークス 2024】出走馬適性チェック✔︎

ダイヤモンドS 2024 出走馬 適性 診断 血統 傾向 評価重賞出走馬適性チェック
スポンサーリンク

2024年2月17日(土) 東京競馬場 芝3400m ダイヤモンドステークス 出走馬全頭の適性診断記事になります。

この記事はダイヤモンドステークスへの出走予定馬の適性を血統・距離・コース・ローテを細かく分析し、5段階(ABCD・E)で評価。最後に厳選上位馬を挙げたいと思います。

適性チェック✔︎は能力や調子、調教、枠順、馬場、天気などのファクターは完全に度外視した競走馬の個性を取り上げるものとなりますので参考にする程度で見てもらえたら幸いです。

血統の適性については下の血統適性評価基準をご覧下さい。

スポンサーリンク

ダイヤモンドステークス 2024 血統適性評価基準

東京で行われるマラソンレースのダイヤモンドS。芝3400mで行われます。

ステイゴールドヌレイエフの血に注目したいと思います。

ダイヤモンドステークス 2024 出走馬適性チェック✔︎

グランスラムアスク

 父:ディープインパクト
 母:ジェニサ
母父:Storm Cat

カイザーバローズの半妹で、祖母はティズナウと同血という牝系。ディープ×ストームキャットはキズナやサトノアラジン、ラブズオンリーユーなど名馬が並ぶ配合で、大箱に向く構成。ステイヤーというよりは1800mあたりに適性を持ちそうで、楽に行ければ残り目はあってもいいとは思いますが、流石に3400mだと。

血統:C    距離:D    コース:B    ローテ:D

サリエラ

 父:ディープインパクト
 母:サロミナ
母父:Lomitas

サラキア、サリオス、サフィラの兄妹で、イトコにスーパーチーフやフェイト、近親にシュネルマイスターに繋がるセルエンホルデのいる血統。小柄なディープインパクト産駒の牝馬ですが、大箱に向くフットワークの大きさが武器。3400mベストでは無いにせよ、距離は伸びても問題は無いタイプで上位争いは可能。後方一気にはなるかもしれませんが、頭数も手頃でストレスのない競馬が出来れば。東京コースはベストでしょう。

血統:B    距離:B    コース:A    ローテ:B

テーオーロイヤル

 父:リオンディーズ
 母:メイショウオウヒ
母父:マンハッタンカフェ

ダートで活躍しているメイショウハリオの半弟で、メイショウカドマツの甥にあたります。リオンディーズ産駒ですが割と小さめで肉付き少ないタイプで長距離適性が高くでました。前走ステイヤーズS2着ですが元々大箱の東京が合っていて、一昨日のダイヤモンドSで優勝。使いつつ上昇もしていて、ここでは負けられない立場になりそうな一頭です。

血統:B    距離:A    コース:A    ローテ:A

トロピカルライト

 父:キズナ
 母:トロピカルスイーツ
母父:フレンチデピュティ

スズカダークの姪で、父のキズナはディープ産駒のダービー馬。母系にトニービンを持つ血統なので、長距離志向が強く出ました。牝馬のキズナ産駒らしく脚先は軽く大箱ベターで、距離も伸びて問題は無いタイプだとは思います。2勝クラスで格上挑戦ですが、軽斤活かして一発魅せるか。

血統:B    距離:B    コース:A    ローテ:C

ニシノレヴナント

 父:ネロ
 母:ニシノアモーレ
母父:コンデュイット

曾祖母はGI3勝の名牝ニシノフラワー。祖母のニシノマナムスメはマイラーズCなど重賞で2着など。父のネロはヨハネスブルグの後継にあたり、現役時代はスプリンターとして活躍。母父のコンデュイットは世界で活躍した中長距離馬でミルリーフのラインと重厚感があります。馬体的にも無駄のない作りで長いところもこなせるとは思いますし、東京も悪くないでしょう。上位に食い込む権利は十分だと思います。

血統:C    距離:B    コース:A    ローテ:B

ハーツイストワール

 父:ハーツクライ
 母:レツィーナ
母父:キャプテンスティーヴ

母のレツィーナはJRAダート1600m~1800mで3勝。全兄に青葉賞3着のヴェラヴァルスターがいる血統。ハーツクライ産駒で母系にブライアンズタイムと東京や中山の2500m向きの血統構成。本馬はサウスポーで東京は庭ですし、距離も圏内。8歳でも馬は若いので休養明け3戦目で重賞奪取を。

血統:B    距離:B    コース:A    ローテ:A

ヒュミドール

 父:オルフェーヴル
 母:アヴェクトワ
母父:チチカステナンゴ

祖母が桜花賞馬キストゥヘヴンなので、タイムトゥヘヴンの甥にあたる血統。オルフェーヴル産駒でスタミナが豊富で、昨年のダイヤモンドSは経済コースを回って2着に激走。8歳になりましたが現状長いところは合ってはいますし、底力は十分で今年も要注意な一頭でしょう。

血統:A     距離:B    コース:C    ローテ:B

メイショウユズルハ

 父:ディスクリートキャット
 母:メイショウコブシ
母父:スペシャルウィーク

メイショウタムシバの半兄で、バーニングぺスカのいとこにあたります。父のディスクリートキャットはストームキャット系種牡馬でオオバンブルマイの父。血統背景的にもステイヤーという感じはしませんし、芝も道悪になってというところだとは思います。母父スペシャルウィークなので揉まれないで競馬をしてどこまで。

血統:D    距離:D    コース:C    ローテ:D

ワンダフルタウン

 父:ルーラーシップ
 母:シーオブラブ
母父:ディープインパクト

ビッシュやホウオウサーベル、ホウオウバニラの甥で、ライトウォーリアのイトコにあたる血統。ルーラーシップ×ディープインパクトはキセキやエヒト、マスクトディーヴァと同じで、持続力の高い血統構成。母系にアカテナンゴも入るので、スタミナに少し寄っては居ますからこの条件のレースは面白いのではないかと思います。前走の万葉Sもジリジリと脚を伸ばした5着。消耗戦になった方がいいとは思います。

血統:B    距離:A    コース:B    ローテ:B

ワープスピード

 父:ドレフォン
 母:ディープラヴ
母父:ディープインパクト

菊花賞3着馬の牝馬、ディヴァインラヴの半弟で、サンデーウィザードやヒーズインラヴの甥にあたります。父がドレフォンで血統的には半姉よりは短いとこ向きに感じますが、馬自体は脚長に映り、そこそこ長いところもこなせる印象。前走のステイヤーズSよりは東京のダイヤモンドS向きではあると思いますし、ここはチャンスでしょう。揉まれない競馬をしたいのでこの頭数は歓迎でしょう。

血統:C    距離:A    コース:B    ローテ:B

ダイヤモンドステークス 2024 適性チェック✔︎上位馬4頭

✔︎テーオーロイヤル
✔︎ハーツイストワール
✔︎サリエラ
✔︎ワンダフルタウン

以上の4頭をピックアップさせて頂きます。

ブログの冒頭にも書きましたが、

適性チェック✔︎は能力や調子、調教、枠順、馬場、天気などのファクターは完全に度外視した競走馬の個性を取り上げるものとなりますので参考にする程度で見てもらえたら幸いです。

最終的な予想(本命馬)はレース当日の朝までに予想記事を投稿しますのでそちらもあわせてよろしくお願いします。

今週末行われる重賞レース適性チェック✔︎

2月18日(日)東京11R フェブラリーS

2月17日(土)京都11R 京都牝馬S

2月18日(日)小倉11R 小倉大賞典

ブログランキングに登録しています!よろしければポチポチお願いします!









タイトルとURLをコピーしました