スワンステークス 2022 出走馬適性チェック!!

スワンS 2022 適性 血統 傾向重賞出走馬適性チェック
スポンサーリンク

3週間後に迫るマイルCSへ向けての前哨戦のスワンステークスが10月29日に阪神競馬場で行われます。

今年も豪華なメンバーが揃い楽しみな1戦になりそうです。

この記事はスワンステークスへの出走予定馬の適性を血統・距離・コース・ローテを細かく分析し、5段階(ABCD・E)で評価。最後に厳選上位馬を挙げたいと思います。

適性チェックは能力や調子、調教、枠順、馬場、天気などのファクターは完全に度外視した競走馬の個性を取り上げるものとなりますので参考にする程度で見てもらえたら幸いです。

血統の適性については下の血統適性評価基準をご覧下さい。

翌日30日に行われる天皇賞・秋の適性チェックはこちらから見れます🔽

同日東京競馬場で行われるアルテミスSの適性チェックはこちらから見れます🔽

スポンサーリンク

スワンステークス 血統適性評価基準

阪神芝1400mで行われるレースで、内回りコースを使用。直線最後には急坂があるパワーのいるコースで行われます。

例年は京都ですが、昨年に引き続き阪神で施行。昨年はディープインパクト産駒のワンツーでした。クラス関係なしの傾向ではロードカナロアキズナミッキーアイルなどが良く、ストームキャットダンチヒの血は重視したいところ。パワー型の血統に注目したい。

スワンステークス 参考重賞レース

ころめん
ころめん

過去に出走したレースの回顧分析の記事をリンクしていますので参考にどうぞ!

スプリンターズS🔽

安田記念🔽

キーンランドC🔽

関屋記念🔽

京成杯AH🔽

スワンステークス 出走馬適性チェック

アイラブテーラー

 父 トーセンラー
 母 タケショウレジーナ
母父 ダンスインザダーク

タケショウベストの下で母のタケショウレジーナはJRAで5勝。母はダンスインザダーク産駒でも短距離で活躍。ニホンピロウイナーが母系にいるのでその影響が大きく、父はトーセンラーでマイルCSを勝った種牡馬。全体的にパワーがある血統かと言われると疑問ですが、トーセンラー産駒はこのコースは割と合うので注意はしておきたいところ。

1200mだと最近は追い込み切れないレースが目立つので1400mは理想かもしれません。坂のある阪神は良さそうで、展開待ちになりますが前が崩れれば。

血統:B 距離:B コース:B ローテ:C

キャプテンドレイク

 父 ロードカナロア
 母 ハシッテホシーノ
母父 アグネスタキオン

母のハシッテホシーノはJRA3勝。マドモアゼルドパリの甥なのでマキシマムドパリキンショーユキヒメが従姉にいる血統。小回り向きの血統でローカルや阪神内回りは合いますし、父ロードカナロアなのでこの舞台と相性は良いです。

距離を1200mにして3連勝。阪神の1200mで勝っていますが、根本的に時計が掛かった方がいいタイプ。速いペースは向かずですから団子の隊列の方が良さそう。距離はギリギリ許容範囲でしょう。

血統:B 距離:C コース:B ローテ:D

キングオブコージ

 父 ロードカナロア
 母 ファイノメナ
母父 Galileo

叔母に愛G1勝ち馬のナイタイム、妹は仏2歳重賞を勝ったハラジュクで、ガイヤースの従弟にあたる血統。ロードカナロアに母系サドラーズウェルズサートゥルナーリアパンサラッサなど距離が伸びて中距離で活躍。自身も目黒記念やアメリカJCCで勝っていますが、ストームバードのクロスを持ち、案外距離が短くても対応はできそうな血統構成。ただ近親が中長距離で活躍してますから本質は2000mくらいでしょうか。

呼吸器系の疾患でやむを得ず短いところを使ってくるローテ。ただ前走で思った以上に先行はできましたし、ある程度のペースで行ってもそれなりには踏ん張れていました。対応はできそうですが、メンバーも強いので相手との兼ね合いでしょう。内回りのコースは合うと思います。

血統:C 距離:C コース:B ローテ:C

ケイデンスコール

 父 ロードカナロア
 母 インダクティ
母父 ハーツクライ

フェイムゲームバランスオブゲームの甥で、インダストリアの半兄。牝系を遡るとサッカーボーイなどが出る一族。父のロードカナロアはこのコースの相性が良いですが、母父ハーツクライなのでどちらかというと大箱に向きそう。

もともと左回りの方がいい馬で、右回りの内回りの形態でどこまで力を発揮できるか。距離というよりはペース的には1400は向きそうで、前が止まれば。

血統:C    距離:B    コース:D    ローテ:D

サブライムアンセム

 父 ロードカナロア
 母 パストフォリア
母父 シンボリクリスエス

チェッキーノコディーノの姪で、母のパストフォリアはJRAで4勝。東京や新潟の大箱のマイルくらいで活躍した母に、ロードカナロアが父で1400mはベストな距離。母父シンボリクリスエスソングラインと同じで、父がストームキャットを持つのも同じ。

ワンペース向きなタイプでしょうから阪神の内回りコースの方がいいのは納得。フィリーズレビュー勝ち馬ですしコース適性も申し分無しで、外から流れに乗せた方がチャンスありでしょう。

血統:A    距離:A    コース:A    ローテ:C

スカイグルーヴ

 父 エピファネイア
 母 アドマイヤセプター
母父 キングカメハメハ

デシエルトの半姉で、母はドゥラメンテの全姉。エアグルーヴの一族で気性が難しく、血統の字面以上に距離が短い方にシフト。父のエピファネイアエフフォーリアデアリングタクトなどクラシック馬を出す種牡馬で、4歳以降の成績が奮わずの状況ですが、イズジョーノキセキが先日重賞を制覇。血統的にはマイルくらいが良さそうです。

前走の関屋記念のようにマイルだと良さがイマイチ出ずで、現状は1400mの方が切れるイメージがあります。スタートはいい馬ですから好位でレースできれば。

血統:C    距離:A    コース:B    ローテ:B

ダイアトニック

 父 ロードカナロア
 母 トゥハーモニー
母父 サンデーサイレンス

半兄に京王杯SCで2着のレオプライムのいる血統。ストームバードのクロスを持ち、母系にアレミロードですから中距離向き。ロードカナロア×サンデーサイレンスアーモンドアイが代表。血統的にはマイルくらいが合うのかなと思います。

前走のスプリンターズSは内枠を活かして騎乗も4着。本質的には1400mくらいが丁度良く、阪急杯を勝っていますから舞台設定は合います。ペースが速くなりすぎなければ十分圏内。

血統:B 距離:A コース:A ローテ:C

トゥラヴェスーラ

 父 ドリームジャーニー
 母 ジャジャマーチャン
母父 アドマイヤコジーン

トオヤリトセイトの半兄で、スプリントG1馬アストンマーチャンの甥にあたる血統。機動力に優れた血統で大箱よりも小回りコースが合います。ノーザンテーストのクロスが良く、父がステイゴールド系でタフさもあります。速い決着よりは前が止まった時に差し込めるタイプだと思いますし、時計がかかる馬場がいいのかなと思います。

1200m主体で使われていますが、今年の阪急杯で2着。内伸び馬場をしっかり内を通りの結果。使える脚が一瞬なので直線までジッとしておきたい。現状は1200mの方が切れる脚が使えそうな気も。阪神コースは合うと思います。

血統:C 距離:B コース:A ローテ:B

ベステンダンク

 父 タイキシャトル
 母 ユキノマーメイド
母父 スペシャルウィーク

トウシンマカオの半兄で、母のユキノマーメイドはJRAで4勝。父タイキシャトルに母父スペシャルウィークニジンスキーのクロスを持ちで溜めが効くマイラー。直線の長いコースをスローで逃げれたら粘り強い血統で、直線の急坂もタイキシャトル産駒なので合います。

血統のイメージ通り、阪神の外回りマイル向き。1400mもここ最近のダッシュ力だと見劣りしますから少し厳しいかもしれません。時計勝負は向かないので多少渋ってくれた方がチャンスはありそうです。

血統:D 距離:D コース:D ローテ:E

ホウオウアマゾン

 父 キングカメハメハ
 母 ヒカルアマランサス
母父 アグネスタキオン

キモーヴの半弟で、母のヒカルアマランサスはヴィクトリアマイルで2着。カレンミロティックの甥にあたる血統で、母系がゴリゴリのマイル血統で、父がキングカメハメハですからパワー型のマイラー。エーピーインディも入りますから高速決着にも対応可能。1400mよりは1600mの方が全開なイメージも。

とにかく関東圏が苦手で関西圏なら安定して走れます。休み明けも問題ないです。流れが速くなる1400m内回りコースでどこまで粘れるかが課題でしょう。

血統:B 距離:B コース:B ローテ:A

マテンロウオリオン

 父 ダイワメジャー
 母 パルテノン
母父 キングカメハメハ

ロードインファイトの下で、ロードロックスターロードアクレイムの甥にあたる血統。母母のレディパステルはオークスを勝った名牝。ダイワメジャー産駒ながらも溜めの効くタイプで、母系の影響が大きい。直線の長いコースが合っているイメージですが、NHKマイルCぼ時のように直線向いてからでも突っ込んでこれる一瞬の切れが魅力。前が流れて止まった時に差し込めるコース形態の阪神1400mは合うと思います。大崩れしたのはダービーだけですから度外視。初戦向きではなさそうなので休み明けは少し懸念したいところ。

血統:B 距離:A コース:A ローテ:D

ミッキーブリランテ

 父 ディープブリランテ
 母 エピックラヴ
母父 Dansili

ダノンザキッドオールザワールドの半兄で父ディープブリランテダンチヒ系のダンジリが母父。高速決着よりは時計がかかる方が合っていて、アルザオのクロス持ちでスローペースの時にキレを発揮する血統。1400m自体は微妙ですが、パワーもあり阪神コースは向く血統構成です。

前走の京成杯AHは中山マイル、スローで前付けが見事にハマったレース。鞍上の好騎乗もありました。昨年の阪急杯で2着でしたが、展開には恵まれた2着。基本的に展開に左右されるタイプですから前走のように自分の競馬に徹してどこまでやれるかでしょう。

血統:B 距離:D コース:B ローテ:D

メイショウミモザ

 父 ハーツクライ
 母 メイショウベルーガ
母父 フレンチデピュティ

京都大賞典など京都巧者の母メイショウベルーガの仔で、半兄のメイショウテンゲンは道悪巧者。個性の強い血統で、ハーツクライに母系サドラーズウェルズがもろに出ていて大箱向き。重厚感のある母系から洋芝や時計のかかる馬場が合います。

阪神牝馬Sは9番人気も激走し1着。スピードが求められたスプリンターズSでは流石に力負け。1400mは2年半ぶりですが1200mよりは対応が出来そうです。時計がかかる決着になれば。

血統:D 距離:C コース:D ローテ:D

ララクリスティーヌ

 父 ミッキーアイル
 母 スーパーマダム
母父 タニノギムレット

オメガファルコンオメガエクスプレスの姪で、父のミッキーアイルメイケイエールナムラクレアなど牝馬で活躍馬を出します。母系はタニノギムレットストームバードが入りスピードの持続力や馬力もありこの舞台にイメージは合います、ダンチヒ持ちですから好印象。

脚質的には先行馬ですが溜めて伸びるタイプで1400mよりもマイラータイプ。速い流れは向かないのでスローペースになって貯めることができればといったところ。馬群に入れた方がいいタイプでしょうから内枠の方がスムーズかなと思います。

血統:A 距離:C コース:B ローテ:C

ルプリュフォール

 父 ロードカナロア
 母 マイノチカラ
母父 サンデーサイレンス

オリービンチョコレートパインの甥で、母母のシャンクシーは欧州のマイルG2を2勝。ロードカナロアサンデーサイレンスの配合はマイルでも対応可能。母系にヌレイエフのラインも入るのでタフさも兼ね備えています。どちらかというと平坦が合うイメージですが、戦績的にも阪神1400mで2勝を挙げているようにベストで切れ味を発揮できる条件です。スタートは遅いですし後ろからになりますが、終いはしっかりしています。あとは相手関係だと思いますから自分の競馬に徹してどこまでやれるかでしょう。

血統:B 距離:A コース:B ローテ:B

レイモンドバローズ

 父 ヴィクトワールピサ
 母 レッドレイチェル
母父 Medaglia d’Oro

サザナミの甥で、母系全体的にスピード色が強くダンチヒ系のグリーンデザートを持ちます。父がヴィクトワールピサで距離が多少伸びて良くなったパターン。マイルよりも1400m向きだと思うので舞台は合います。

前走、前々走と連勝をしていますが、走りを見ていると大箱向きな気も。直線が長く溜めが活かせるコース形態の方が良さは出そうです。速い流れよりはスローになった方が台頭できるか。

血統:B 距離:A コース:C ローテ:B

ロータスランド

 父 Point of Entry
母 Little Miss Muffet
母父 Scat Daddy

父はロベルト系のポイントオブエントリーで米国の芝の中距離G1を5勝。母父スキャットダディは米国の大種牡馬で、日本ではミスターメロディの父で、カレンブーケドールの母父。ロベルトのクロスとニジンスキーのクロスが効いてパワー型マイラーのイメージ。阪神1400mは年明けの京都牝馬Sを勝っているように1番向く舞台だと思います。

スローな展開よりある程度流れたタフな展開の方が力を発揮するタイプだと思います。そういった意味ではこのクラスのこのコースは合いますから期待はできるのではないでしょうか。休み明けも乗り込んでいるので心配はそこまでいらないかなと思います。

血統:A 距離:A コース:A ローテ:B

ヴァトレニ

 父 グラスワンダー
 母 チアフルスマイル
母父 サンデーサイレンス

母のチアフルスマイルはキーンランドC勝ちで、母母のゴールデンカラーズはクイーンCで2着。グラスワンダー産駒で母父サンデーサイレンスだとスクリーンヒーローサクラメガワンダーなどがいます。グラスワンダーダンチヒ持ちでパワーある血統ですからこのコースにはある程度向くと思います。

近2走は1200mで1着3着ですが、本質的なスプリンターかというと違うのかなと思います。1400mよりも速くならない1600mの方が基本的には良さそうで時計勝負にならない方がチャンスはありそうです。

血統:B 距離:C コース:D ローテ:C

スワンステークス 適性チェック 上位5頭

✔︎ロータスランド
✔︎サブライムアンセム
✔︎ダイアトニック
✔︎ホウオウアマゾン
✔︎ルプリュフォール

以上の5頭をピックアップさせていただきます!!

書きごたえのあるメンバーが揃っていて当日がすごく楽しみになりました!!

冒頭にも書きましたが、

適性チェックは能力や調子、調教、枠順、馬場、天気などのファクターは完全に度外視した競走馬の個性を取り上げるものとなりますので参考にする程度で見てもらえたら幸いです。

最終的な予想はレース当日にパドックを見た後にTwitterにて買い目と共に公開していますのでよろしくお願いします!!

ブログランキングに登録しています!よろしければポチポチお願いします!

この記事を書いた書いた人

ころめんです!30代会社員競馬好き!競馬の魅力を伝えていけたら嬉しいです!

ころめんをフォローする
スポンサーリンク
重賞出走馬適性チェック
スポンサーリンク
シェアする
ころめんをフォローする
ころの競馬人生

コメント

タイトルとURLをコピーしました