【阪神カップ 2023】出走馬適性チェック✔︎

阪神C 2023 出走馬 適性 診断 血統 傾向 評価重賞出走馬適性チェック
スポンサーリンク

2023年12月23日(土) 阪神競馬場 芝1400m 阪神カップ 出走馬全頭の適性診断記事になります。

この記事は阪神カップへの出走予定馬の適性を血統・距離・コース・ローテを細かく分析し、5段階(ABCD・E)で評価。最後に厳選上位馬を挙げたいと思います。

適性チェック✔︎は能力や調子、調教、枠順、馬場、天気などのファクターは完全に度外視した競走馬の個性を取り上げるものとなりますので参考にする程度で見てもらえたら幸いです。

血統の適性については下の血統適性評価基準をご覧下さい。

スポンサーリンク

阪神カップ 2023 血統適性評価基準

阪神内1400mで行われる短距離重賞。

パワーとスピードの両方が必要で、ストームキャットダンジグを評価したいと思います。

阪神カップ 2023 出走馬適性チェック✔︎

アグリ

 父:カラヴァッジオ
 母:オールドタイムワルツ
母父:War Front

米9FGIのQE2世チャレンジC勝ち馬のトゥギャザーが祖母で、4代母まで遡るとアベイドロンシャン勝ち馬のインペリアルビューティがいる血統。父カラヴァッジオはストームキャット系のスキャットダディの後継で、欧州スプリンターとして活躍。母父のウォーフロントはダンジグの後継で、様々な分野で活躍馬を出すオールマイティな種牡馬。スピードとパワーを兼ね備えた血統構成で、急坂は問題なくこなせると思います。1200mだと忙しく、1400mに戻るのはプラス。阪神1400mは春の阪急杯を制しているように、舞台設定は合うので巻き返しは十分。

血統:A    距離:A    コース:A    ローテ:B

アサヒ

 父:カレンブラックヒル
 母:ライクザウインド
母父:デインヒル

祖母ウインドインハーヘアはとても優秀でディープインパクトやブラックタイドなど輩出した名繁殖。アドマイヤミヤビやルフトシュトロームの叔父にあたる血統になります。父のカレンブラックヒルは無敗でNHKマイルCを制したダイワメジャーの後継。母父デインヒルはダンジグ系種牡馬。距離を詰めて成績は良くなり、前走東京1400mの奥多摩Sを上がり勝負で勝ち切りOP入り。大箱向きなのには違いないですが、現状は1400mは競馬しやすそうなので立ち回りスムーズなら上位があっても。

血統:A    距離:A    コース:C    ローテ:C

ウイングレイテスト

 父:スクリーンヒーロー
 母:グレートキャティ
母父:サクラユタカオー

母のグレートキャティはJRA2勝。東京ハイジャンプを勝ったイコールパートナーや京都新聞杯を勝ったベストメンバーの下にあたる血統。父スクリーンヒーローはロベルト系でジャパンCを制した種牡馬。ゴールドアクターやモーリス、ウインマリリンなどGI馬を輩出。母父サクラユタカオーはプリンスリーギフト系の中距離馬。ロベルトの機動力にブラッシンググルームの粘りで先行して成功。前走はそこまで早くないペースを先行し早め先頭で押し切り勝ち。案外3~4角を下っていくコースが合うのかも知れませんが阪神内回りも持ち味活きそうで、楽に追走出来るのなら再現は十分か。ベストディスタンスはマイルだとは思います。

血統 :B    距離:B    コース:B    ローテ:B

ウインマーベル

 父:アイルハヴアナザー
 母:コスモマーベラス
母父:フジキセキ

母のコスモマーベラスはJRA7勝で、愛知杯2着。函館2歳Sで2着のウインジェルベーラの全弟で、父のアイルハヴアナザーはロベルトとダンジグを内包したパワーの強い種牡馬で、アナザートゥルースなどダート向きの馬を良く出す血統。昨年のスプリンターズS2着、今年の京王杯SC2着と良馬場の時に限りますがスプリント路線では上位の一角。前走スワンSの時にも書いたように京都よりも阪神向きですし、巻き返しは可能な舞台設定でしょう。

血統:A     距離:A    コース:A    ローテ:B

エイシンスポッター

 父:エイシンヒカリ
 母:マーゼリン
母父:Barathea

エイシンムジカの下で、愛ダービー3着のステラーマスの甥。父のエイシンヒカリはディープ×ストームキャットのニックスで、香港Cやイスパーン賞勝ち馬。母系がサドラーにデインヒルだから血統的なバランスは取れていて、タフなコースでもスピードのいる決着でも対応出来ます。道悪も苦にしないし弱点の少ないスプリンターで、出脚が付かない分距離延長がプラスになるかどうかですが、1200mベターな印象のある追い込み馬ですし、末脚が甘くなる可能性も。1400mでも同じような競馬が出来るかが課題でしょう。阪神内は問題ないと思います。

血統:B     距離:C    コース:B    ローテ:C

エエヤン

 父:シルバーステート
 母:シルクヴィーナス
母父:ティンバーカントリー

京成杯勝ち馬のプレイアンドリアルの半弟で、牝系はケイティーズという血統。父のシルバーステートはディープ×ロベルトの種牡馬で、セイウンハーデスやウォーターナビレラなどを輩出。血統らしく機動力にパワーがあるタイプで中山マイルを3勝しています。阪神内になるのは良さそうで、距離短縮もプラスに働きそうです。時計が掛かるレースになるなら更に合いそうですし、巻き返しの可能性は十分ある存在だと思います。

血統:A    距離:A    コース:B     ローテ:A

グレイイングリーン

 父:ディープインパクト
 母:リトルゲルダ
母父:Closing Argument

母はセントウルSや北九州記念を制したリトルゲルダ。リヴェールの半弟にあたる血統です。父ディープインパクトに母系はインリアリティーのラインにストームキャットやゴーンウエストを内包と短距離志向に出ました。広いコースでも走ってはいますが、内回りの流れの方が馬的には合いそう。今年の阪急杯も4着と舞台設定は良いので、あとは相手関係になりそうです。

血統:B     距離:A    コース:A    ローテ:B

グレナディアガーズ

 父:Frankel
 母:ウェイヴァルアベニュー
母父:Harlington

20年の朝日杯FS勝ち馬のフランケル産駒。母は米BCフィリー&メアスプリント勝ち馬のウェイヴェルアべニューという良血馬。母系のスピードと父系のパワーの融合で、本馬もパワー型に。徐々に重厚感の増す身体付きになってきましたし、距離はマイルよりもスプリントよりにシフトはしている感じはします。前走スワンSはペースに対して外差しは厳しい面がありました。最後は詰めてきていましたし、1度使った上積みでラストランを飾りたい。

血統:B     距離:A    コース:B    ローテ:B

ダディーズビビッド

 父:キズナ
 母:ケイティーズギフト
母父:フレンチデピュティ

ケイティープライドの弟で、祖母がケイティーズファーストだからアドマイヤムーンやエフフォーリアなどのイトコにあたる血統。父キズナはディープインパクト産駒のダービー馬でストームキャット内包種牡馬。母父フレンチデピュティで持続力が高く、母系のスピードからもスプリント色が強い血統。前走京王杯SCで2着がありますが内回り適性が元々高く、今年の阪急杯で2着なら阪神内1400mはプラスでしょう。骨折明けで7ヶ月振りですが、力を出せれば十分通用。

血統:B    距離:A    コース:B    ローテ:D

ダノンスコーピオン

 父:ロードカナロア
 母:レキシールー
母父:Sligo Bay

ダノンキラウェアの全兄で、ダノンバリジアの半弟。母のレキシールーは加ナッソーSなど8〜9Fの重賞を3勝。ロードカナロア×サドラーズウェルズ系のスライゴベイだからパンサラッサのようなイメージで血統的には距離延長も可能な配合。昨年のNHKマイルC勝ち馬ですが、それ以降は成績不振。前走のマイルCSのレースを見ていても4コーナー辺りから手応えが悪くなる感じですし、集中力の面でも距離短縮はいいかもしれません。ポテンシャルはあるので、前向きになるキッカケが欲しい。

血統:A     距離:B    コース:C    ローテ:B

ピクシーナイト

 父:モーリス
 母:ピクシーホロウ
母父:キングヘイロー

フェーングロッテンの半兄で、母のピクシーホロウはJRA3勝。曾祖母からはダノンカモンやクィーンズバーン、ウキヨノカゼなどもこの牝系から出ています。父のモーリスは日本と香港のマイル〜中距離GIで勝ちまくった名馬でジェラルディーナやジャックドールの父。母父キングヘイローはイクイノックスやディープボンドなど活躍馬が多いです。母系にサクラバクシンオーを持ち、モーリスのスピードでスプリンターに。2年前のスプリンターズS勝ち馬ですが、長期休養明け後は今一息。元々は先行力が武器ではありますが、ここ最近の負けはメンタル面が大きそう。距離延長は問題ないと思いますから前目に付けて押し切る態勢に入れれば。

血統:B    距離:B    コース:B    ローテ:B

ホウオウアマゾン

 父:キングカメハメハ
 母:ヒカルアマランサス
母父:アグネスタキオン

母のヒカルアマランサスは京都牝馬S勝ち馬。キモーヴやクインアマランサスの弟で、カレンミロティックの甥にあたる血統。父キングカメハメハは日本ダービーとNHKマイルCを勝った変則2冠馬。母父のアグネスタキオンは無敗で皐月賞を制しています。父がキングマンボ系らしく、母系の良さを引き出しマイルくらいが合う本馬は、パワー型で時計が掛かる力のいる馬場で良績。中京記念は本調子ではなく大敗。セントウルSを回避と少し順調さは欠いているものの、阪神コースは相性の良い舞台。阪急杯3着からも条件は悪くないし、状態次第では上位争いに。

血統:C    距離:B    コース:A    ローテ:C

ママコチャ

 父:クロフネ
 母:ブチコ
母父:キングカメハメハ

祖母シラユキヒメでお馴染みの白毛一族で、ソダシの全妹にあたり、シロニイやホワイトベッセル、ユキチャンなどの姪にあたる血統です。ソダシと同じ血統ですからクロフネ×キングカメハメハでパワー型マイラーといったイメージですが、スプリンターズSを制しGI馬に。ピュアスプリンターというよりは1400mにも適性高いタイプで、今回の条件の方が合うと思います。持ち前の先行力とGIウィナーの意地でねじ伏せるか。

血統:B    距離:A    コース:B    ローテ:A

ミッキーブリランテ

 父:ディープブリランテ
 母:エピックラヴ
母父:Dansili

ダノンザキッドやダノンタッチダウンの半兄。ディープブリランテ産駒の7歳牡馬で、パワー型マイラーらしく中山マイルで良績が集まります。近走は流石に崩れていますがラストランですし、まずは無事にといったところ。阪神も1400mも適性的には圏内。

血統:B    距離:B    コース:B    ローテ:C

ララクリスティーヌ

 父:ミッキーアイル
 母:スーパーマダム
母父:タニノギムレット

オメガファルコンの姪で、近親にオークス馬のエリンコートのいる血統。ミッキーアイル産駒の牝馬で母系にストームキャットを持ち母父タニノギムレットからもバランスの取れた構成。機動力パワー兼備なので京都外よりは阪神内の方が立ち回り易いので、前走スワンSよりも上積みがあってもいいのかなと思います。実績豊富な舞台で勝ち負けも可能。

血統:A    距離:A    コース:A    ローテ:B

ルプリュフォール

 父:ロードカナロア
 母:マイノチカラ
母父:サンデーサイレンス

母のマイノチカラはJRAで2勝。祖母のシャンクシーは仏GIムーラン・ド・ロンシャン賞で2着。オリービンやチョコレートバインの甥で、父のロードカナロアはキングマンボ系の世界的スプリンター。1400mはベストで終いの脚は鋭く、溜めて切れるタイプ。イメージ的には京都外が差し込めそうではありますが、阪神も実績はあるし悪くは無いコース。ここもお終いに賭けた競馬で一閃を。

血統:B     距離:A    コース:B    ローテ:C

ロータスランド

 父:Point of Entry
 母:Little Miss Muffet
母父:Scat Daddy

近親にアメリカンオークス勝ち馬のゴシップガールがいる血統で、父のポイントオブエントリーはロベルト系で米芝中距離GIを5勝。母父がストームキャット系のスキャットダディでスピードの持続と、ロベルトを母系に持つのでクロスが効くパワー型マイラーという血統。最近の競馬っぷりだと1200mでも悪くない感じですが、前走同様溜めて直線一気が出来れば上位も十分。

血統:B    距離:B    コース:A    ローテ:A

阪神カップ 2023 適性チェック✔︎上位馬4頭

✔︎アグリ
✔︎ウインマーベル
✔︎エエヤン
✔︎ララクリスティーヌ

以上の4頭をピックアップさせて頂きます。

ブログの冒頭にも書きましたが、

適性チェック✔︎は能力や調子、調教、枠順、馬場、天気などのファクターは完全に度外視した競走馬の個性を取り上げるものとなりますので参考にする程度で見てもらえたら幸いです。

最終的な予想(本命馬)はレース当日の朝までに予想記事を投稿しますのでそちらもあわせてよろしくお願いします。

今週末行われる重賞レース適性チェック✔︎

12月24日(日)中山11R 有馬記念

ブログランキングに登録しています!よろしければポチポチお願いします!









この記事を書いた書いた人
ころめん

ころめんです!30代会社員競馬好き!競馬の魅力を伝えていけたら嬉しいです!

ころめんをフォローする
スポンサーリンク
重賞出走馬適性チェック
スポンサーリンク
シェアする
ころめんをフォローする
ころの競馬人生
タイトルとURLをコピーしました