【京都金杯 2024】出走馬適性チェック✔︎

京都金杯 2024 出走馬 適性 診断 血統 傾向 評価重賞出走馬適性チェック
スポンサーリンク

2024年1月6日(土) 京都競馬場 芝1600m 京都金杯 出走馬全頭の適性診断記事になります。

この記事は京都金杯への出走予定馬の適性を血統・距離・コース・ローテを細かく分析し、5段階(ABCD・E)で評価。最後に厳選上位馬を挙げたいと思います。

適性チェック✔︎は能力や調子、調教、枠順、馬場、天気などのファクターは完全に度外視した競走馬の個性を取り上げるものとなりますので参考にする程度で見てもらえたら幸いです。

血統の適性については下の血統適性評価基準をご覧下さい。

スポンサーリンク

京都金杯 2024 血統適性評価基準

4年振りに京都で行われる京都金杯。京都外1600mで行われます。

ディープインパクトストームキャットダンジグが強い舞台ではありますが、平場含めた京都マイルはトニービン持ちが優秀。その点を踏まえた評価をしたい。

京都金杯 2024 出走馬適性チェック✔︎

アヴェラーレ

 父:ドゥラメンテ
 母:アルビアーノ
母父:Harlan’s Holiday

重賞2勝馬のアルビアーノを母に持ち、BCフィリー&メアスプリント勝ち馬のコヴフェフェの姪にあたります。曾祖母からはアーチ、4代母からはヤマニンパラダイスと名馬がズラリと並ぶ牝系。父のドゥラメンテは皐月賞、ダービー勝ちの2冠馬で、タイトルホルダーやスターズオンアース、リバティアイランドなどの父。母父ハーランズホリデーなのでアリーヴォと同じ配合。1400mだと少し忙しい感じが受けたスワンSでしたから、マイルで再度見直しは可能。ただ左回りがベターか。

血統:A    距離:B    コース:B    ローテ:C

アルナシーム

 父:モーリス
 母:ジュベルアリ
母父:ディープインパクト

母はアルアインやシャフリヤールと同血のジュベルアリ。祖母ドバイマジェスティは米BCフィリー&メアスプリント(ダート7F)勝ち馬。父のモーリスはロベルト系で世界で活躍した名マイラーで、ジャックドールやジェラルディーナなどの父。母系も父系もスピードが強く、マイル前後に適性がある構成でしょう。前走のカシオペアSは速い流れの押し切りでしたし、マイルに短縮は歓迎。瞬発力勝負よりは長く脚を使う展開になれば勝負になるタイプでしょう。気難しいので、当日の精神面は注意が必要。

血統:B    距離:A    コース:B    ローテ:B

アンドヴァラナウト

 父:キングカメハメハ
 母:グルヴェイグ
母父:ディープインパクト

女傑エアグルーヴ牝系で、母のグルヴェイグはマーメイドS勝ち馬。自身は中京2000mのローズS勝ち馬です。キングカメハメハにエアグルーヴ牝系はドゥラメンテなどを出すオーソドックスな配合。前走は好条件の東京1800mでしたが、見せ場は十分の6着。あれ以上の競馬があるかというと微妙ですが、距離短縮がいい方向に出れば。京都は問題ないでしょう。

血統:B    距離:B    コース:B    ローテ:C

コレペティトール

 父:ジャスタウェイ
 母:ベガスナイト
母父:コロナドズクエスト

母のベガスナイトはJRA3勝。アメリカズカップやキングオブドラゴンの半弟にあたり、曾祖母からはレーヴンズパスが出て、加芝12FGIのノーザンダンサーTSを勝ったジャストアズウェルのイトコにあたる血統。父のジャスタウェイはハーツクライの後継で、ダノンザキッドやヴェロックス、ルージュエヴァイユなどの父。母父はフォーティナイナーの後継種牡馬のコロナドズクエスト。前走は鞍上の好騎乗も光るイン突きで大駆け。京都より阪神向きなイメージはありますが、ここも展開待ちで一気の脚に賭ける競馬になるでしょう。マイルは現状適距離だと思います。

血統:B    距離:A    コース:C    ローテ:C

サヴァ

 父:アイルハヴアナザー
 母:ダイワバーガンディ
母父:ブライアンズタイム

ダイワメジャー、ダイワスカーレットを出すスカーレットブーケの牝系で、ダイワファルコンの甥で、ヤマノマタカの半弟にあたる血統。父のアイルハヴアナザーはフォーティナイナーの系譜でアナザートゥルースやウインマーベルの父。母父はブライアンズタイムだからロベルトのクロスを持ち、パワー型に出ました。元々ダートで実績がある馬ですし時計勝負になると分が悪いので一雨降って道悪になってどこまでやれるかでしょう。

血統:C    距離:A    コース:D    ローテ:D

シャイニーロック

 父:ベルシャザール
 母:ノートラメール
母父:ロックオブジブラルタル

コアレスストーム、コアレスハリケーンの甥。父のベルシャザールはキングカメハメハの後継でジャパンCD勝ち馬でダービー3着。セイヴァリアントなどの父で母父がロックオブジブラルタルだからパワーが強く、阪神や洋芝などタフな馬場に向きます。このクラスになると逃げてどこまでやれるか的なとこはありますし、上手くラップを落とせるかが課題になるでしょう。大箱マイルはその点合っていますから、自分のレースが出来れば残り目は十分。

血統:C    距離:A    コース:B    ローテ:C

セッション

 父:シルバーステート
 母:ミスドバウィ
母父:Dubawi

母のミスドバウィはJRA4勝。ソウテンの半弟で、父のシルバーステートはロベルト内包のディープ系種牡馬。母父ドバウィは英2000ギニーやジャック・ル・マロワ賞などマイルあたりの距離で活躍。英ダービーでも3着。母系のスピードからもマイル以下に適性があるのかなと思います。前走のキャピタルSを見ても1400mの方がいいのかなという感じはしましたし、マイルならペースが流れてほしいところ。平坦よりも坂コースの方が合うかもしれません。

血統:C    距離:C    コース:C    ローテ:C

セルバーグ

 父:エピファネイア
 母:エナチャン
母父:キンシャサノキセキ

ギーロカスタムの半兄で、父エピファネイアに母父がキンシャサノキセキとスピードとスタミナのバランスの取れた血統構成。気性がとにかく荒く、マイペースで行かせればかなりしぶとく粘る走りをします。京都のマイルは悪くないと思いますし、前走のマイルCSは同型にやられた感じもしました。ここも同型次第ですが、単騎で行けるのなら警戒は必要に。

血統:B    距離:A    コース:B    ローテ:C

タイムトゥヘヴン

 父:ロードカナロア
 母:キストゥヘヴン
母父:アドマイヤベガ

桜花賞馬のキストゥヘヴンが母で、ヒュミドールの叔父。曾祖母からはロンググレイスの出る牝系。ロードカナロアのスピードに母父アドマイヤベガはトニービン内包のダービー馬だからマイルあたりが適距離の血統。母系のテーストからもパワー型マイラーという印象で、中山などの急坂コース向き。使える脚が短いので追い込み脚質ながら内回り向きといった印象を受けます。距離は問題ないですが、京都外なら前崩れの展開になってほしいところ。

血統:B    距離:A    コース:C    ローテ:C

ダノンタッチダウン

 父:ロードカナロア
 母:エピックラヴ
母父:Dansili

ダノンザキッドやミッキーブリランテの半弟にあたる血統。兄弟と同じで500kgを優に超える馬体の持ち主で、広いコースに向くタイプでしょう。前走の富士Sはガツンと行ってしまい、流石に直線半ばで失速。気性的にもスプリント向きなのかもしれませんが、前走でガス抜き出来ているなら上積みはあるか。とはいえ、京都向きだとは言い難いのも事実。ここは今後を占うレースになるのかなと思います。

血統:A    距離:B    コース:C    ローテ:C

トゥードジボン

 父:イスラボニータ
 母:コッパ
母父:Yesbyjimminy

母のコッパは米GIIIダ6.5FのヴィクトリーライドS勝ち馬。父のイスラボニータは皐月賞などを制した名馬で、ヤマニンサルバムやバトルクライなどの父。母父のイエスバイジミニーはボールドルーラー系で、米国のダート短距離で活躍。見た目以上に走らすとイスラボニータ産駒らしく大きいストライドで力強さを感じます。ここ2戦は京都マイルで連勝。勢いがありますし、ここで好走も十分か。

血統:B    距離:A    コース:A    ローテ:C

ドルチェモア

 父:ルーラーシップ
 母:アユサン
母父:ディープインパクト

母のアユサンは桜花賞馬で、アップストリームやエンギダルマの下にあたり、マウレアの甥にあたる血統。父はルーラーシップで中距離志向が強いキングカメハメハ系種牡馬ですが、母系のスピードからマイラーに。昨年は不振で試行錯誤の1年。距離はやはりマイルあたりの方がいいか。条件よりもメンタルの問題の方が大きいかもしれませんが、久々のマイル戦でキッカケを。

血統:A    距離:A    コース:B    ローテ:C

ドーブネ

 父:ディープインパクト
 母:プレミアステップス
母父:Footstepsinthesand

地方で7勝を挙げたジェドゥラシャンスの半弟で、母のプレミアステップスは仏7FGIIIカルヴァドス賞2着馬。父はディープインパクトに母父が3戦3勝で英2000ギニーを制したフットステップスインザサンド。ディープインパクト×ストームキャット系だから配合は相性抜群。アルザオのクロスを持つので大箱の方が良さが活きます。本質は1800m型ですが、マイルも十分こなします。逃げに拘らなくても大丈夫で、いよいよ本格化という雰囲気。京都も合いそうてすし、重賞制覇も十分な1頭。

血統:A    距離:B    コース:B    ローテ:A

ビューティフルデイ

 父:ディープインパクト
 母:マルケサ
母父:Kingmambo

トラインやセントウルの下にあたり、4代母エイヴィアンスはアルデバランⅡやスピニングワールドへ繋がる名繁殖。ディープインパクト×キングマンボ×ストームキャットの王道配合で大箱にはもってこいの構成。1400mベターではあると思うのですが、終いの斬れる脚は相当なもの。後方で我慢が効けば京都なら弾けても驚きません。

血統:B    距離:C    コース:B    ローテ:C

フリームファクシ

 父:ルーラーシップ
 母:ライツェント
母父:スペシャルウィーク

ディアドラやリューベックの半弟にあたり、ダービー馬ロジユニヴァースの従兄弟にあたります。父ルーラーシップはキングカメハメハの後継種牡馬で、トニービン内包し長距離志向もしくはワンペースに向く産駒が多く、本馬はスペシャルウィークが母父にマキャヴェリアンを母系に持つのでスピード能力が高く出ました。性格的に幼いところもあって、2000mだとだいぶ掛かるので、マイルへの短縮は面白いのかなと思います。前走は久々でしたし1度使って馬が変わってくれば素質的には十分通用。

血統:B    距離:B    コース:B    ローテ:B

マテンロウオリオン

 父:ダイワメジャー
 母:パルテノン
母父:キングカメハメハ

祖母のレディパステルはオークス勝ち馬で、ロードインファイトが半兄にいる血統。父ダイワメジャーはマイル志向が強く、現役ではセリフォスの父。母父キングカメハメハに母母父がトニービンと如何にも大箱コースで走る血統構成。戦績以上に馬は復調気配を感じます。前走は噛み合いませんでしたが、重賞レベルなら上位争いも十分可能な存在。ブリンカー効果で集中力持てば。

血統:B    距離:A    コース:B    ローテ:B

メイショウシンタケ

 父:ワールドエース
 母:アドマイヤビアン
母父:アドマイヤコジーン

祖母のアドマイヤラピスはステイヤーズS2着。アドマイヤフジやアドマイヤホープの甥で、アドマイヤデウスのイトコにあたります。父ワールドエースはワールドプレミアの全兄でマイラーズCなどの勝ち馬。母父アドマイヤコジーンからも距離はマイルがベターな構成。牝系はスタミナがあるし、父系もドイツ血統が入る重厚感があるので上がりが掛かる展開に強いイメージです。展開次第ですが重賞でも上位争い出来るポテンシャルはありますし、速いペースになるのであれば差し込みは警戒必要でしょう。季節的に馬がどこまで絞れているかは確認したい。距離はもう少し短くてもいいかも。

血統:B     距離:B     コース:B     ローテ:C

ルプリュフォール

 父:ロードカナロア
 母:マイノチカラ
母父:サンデーサイレンス

母のマイノチカラはJRAで2勝。祖母のシャンクシーは仏GIムーラン・ド・ロンシャン賞で2着。オリービンやチョコレートバインの甥で、父のロードカナロアはキングマンボ系の世界的スプリンター。1400mはベストで終いの脚は鋭く、溜めて切れるタイプ。距離は1ハロン長いですが、京都外回りでロスなく立ち回れれば一瞬の脚は使えるのかなと思います。前崩れでどこまでやれるかでしょう。

血統:B     距離:C    コース:B    ローテ:C

京都金杯 2024 適性チェック✔︎上位馬5頭

✔︎ドーブネ
✔︎アルナシーム
✔︎トゥードシボン
✔︎ドルチェモア
✔︎マテンロウオリオン

以上の5頭をピックアップさせて頂きます。

ブログの冒頭にも書きましたが、

適性チェック✔︎は能力や調子、調教、枠順、馬場、天気などのファクターは完全に度外視した競走馬の個性を取り上げるものとなりますので参考にする程度で見てもらえたら幸いです。

最終的な予想(本命馬)はレース当日の朝までに予想記事を投稿しますのでそちらもあわせてよろしくお願いします。

今週末行われる重賞レース適性チェック✔︎

1月6日(土)中山11R 中山金杯

1月7日(日)中山11R フェアリーS

1月8日(月)京都11R シンザン記念

ブログランキングに登録しています!よろしければポチポチお願いします!









この記事を書いた書いた人
ころめん

ころめんです!30代会社員競馬好き!競馬の魅力を伝えていけたら嬉しいです!

ころめんをフォローする
スポンサーリンク
重賞出走馬適性チェック
スポンサーリンク
シェアする
ころめんをフォローする
ころの競馬人生
タイトルとURLをコピーしました