【チャンピオンズカップ 2023】出走馬適性チェック✔︎

チャンピオンズC 2023 出走馬 適性 診断 血統 傾向 評価重賞出走馬適性チェック
スポンサーリンク

2023年12月3日(日) 中京競馬場 ダート1800m チャンピオンズカップ 出走馬全頭の適性診断記事になります。

この記事はチャンピオンズカップへの出走予定馬の適性を血統・距離・コース・ローテを細かく分析し、5段階(ABCD・E)で評価。最後に厳選上位馬を挙げたいと思います。

適性チェック✔︎は能力や調子、調教、枠順、馬場、天気などのファクターは完全に度外視した競走馬の個性を取り上げるものとなりますので参考にする程度で見てもらえたら幸いです。

血統の適性については下の血統適性評価基準をご覧下さい。

スポンサーリンク

チャンピオンズカップ 2023 血統適性評価基準

冬の中央ダート王決定戦。中京ダート1800mで行われます。

キングカメハメハなどヌレイエフ持ちと機動力パワーを持つロベルト持ちが活躍する舞台。

チャンピオンズカップ 2023 出走馬適性チェック✔︎

アイコンテーラー

 父:ドゥラメンテ
 母:ボイルトウショウ
母父:ケイムホーム

アルゼンチン共和国杯を制したトウショウナイトの姪で、曾祖母はストームバードと同血にあたります。ドゥラメンテ産駒の牝馬で、母父ゴーンウエストの米国のスピードとマッチ。母系にキートゥザミントを持ちバランス的にも2000m前後がベターな構成でしょう。ダート転向し3戦目でJBCレディスクラシックを制覇。中京コースも問題なし、不安材料は少なく感じます。ここも前で受けて強気な競馬で押し切りを。

血統:A    距離:A    コース:B    ローテ:B

アーテルアストレア

 父:リーチザクラウン
 母:スターズインヘヴン
母父:ワークフォース

マーチS勝ち馬のセンチュリオンの姪。父のリーチザクラウンはスペシャルウィークの後継種牡馬。母父ワークフォースは凱旋門賞勝ちのキングマンボ系種牡馬。母系がダート血統で、父もクラウンプライドを出しているようにダート向きの血統に。元々左回り向きですが、近2走は大井できっちり差し込んで来れていることには成長を感じます。このクラスだと展開には左右されると思いますが、ベストな舞台だと思いますし、揉まれず競馬出来ればここも差し込みは可能でしょう。

血統:B    距離:A    コース:A    ローテ:B

ウィルソンテソーロ

 父:キタサンブラック
 母:チェストケローズ
母父:Uncle Mo

母のチェストケローズは船橋1200mで2勝。父のキタサンブラックは芝中長距離でGIを7勝し、種牡馬としてもイクイノックスやソールオリエンスなど活躍馬を輩出しています。母父のアンクルモーは米BCジュヴェナイルを制した名馬で、ロベルトを内包。その奥もフレンチデピュティと母系は機動力パワー向きですが、本馬は早めに動いて競馬をするのが武器な分、中京ダートだと少しイメージとズレる印象も。相手強化されたJBCクラシックは案外の5着。立ち回り次第だと思いますが、自ら動けるポジションで割り切った競馬が理想かもしれません。

血統:B     距離:A    コース:C    ローテ:C

クラウンプライド

 父:リーチザクラウン
 母:エミーズプライド
母父:キングカメハメハ

福島記念勝ち馬のホウオウエミーズの甥で、フクチャンビーナスの半兄にあたります。父リーチザクラウンはスペシャルウィークの後継種牡馬で、上にも書いたアーテルアストレアの父。母父キングカメハメハでレース適性も高い血統構成でしょう。昨年も惜しいところの2着。今年の帝王賞も粘り強く走って2着惜敗と国内では惜しい競馬が続きます。ここも自分のペースで競馬を作れますし、ここも安定して走って来るでしょう。敵は一気の脚で差してくるタイプになるでしょう。

血統:A    距離:B    コース:A    ローテ:B

グロリアムンディ

 父:キングカメハメハ
 母:べットーレ
母父:Blu Air Force

伊GIIIのカルロキエザ賞(芝6F)勝ち馬のベットーレを母に持つ血統で、父はキングカメハメハ、母父はロベルト系で仏のパレロワイヤル賞(芝7F)勝ち馬のブルエアフォースという構成。血統的には舞台適性は十分で、中京ダ1800mも2勝しています。ただ、もう少し距離があった方が良いタイプでもあると思いますから、外からふかし気味で早めに抜け出す競馬が理想でしょうか。能力は通用するものはあると思いますから地力でどこまで。

血統:A    距離:C    コース:B    ローテ:B

ケイアイシェルビー

 父:ディープインパクト
 母:ケイアイガーベラ
母父:Smarty Jones

母はプロキオンSなどを制したケイアイガーベラで、フィアスインパクトやケーアイノーテックの全弟にあたる血統。父ディープインパクトで母父がゴーンウエスト系のスマーティジョーンズは米国2冠馬。母系はダンジグも持つスピードとパワーが強い血統。東京コースがベストで中京ダートで更に距離延長はイマイチな印象。揉まれずマイペースで行ってどこまで粘れるかというレースになるとは思います。

血統:C    距離:C    コース:C    ローテ:D

ジオグリフ

 父:ドレフォン
 母:アロマティコ
母父:キングカメハメハ

母はクイーンS2着、秋華賞、エリザベス女王杯3着などの実績を持つアロマティコ。イトコにレディスプレリュードやエンプレス杯などを制したアンデスクイーンのいる血統。父のドレフォンはストームキャット系種牡馬で、芝ダートで活躍馬を出します。母父キングカメハメハということもあってパワー型で、ダート志向が強くなったタイプでしょう。皐月賞勝ち馬で、仕上がり早く、コーナリング性能が高いのが武器。周回コースの1800mは今は合うと思いますが、ここ最近の戦績不振は懸念材料。前走後芝の方がいいというコメントも少し気になるところで、ここでどのような走りが出来るかは色々と注目しておきたい。

血統:B     距離:A    コース:B    ローテ:C

セラフィックコール

 父:ヘニーヒューズ
 母:シャンドランジュ
母父:マンハッタンカフェ

祖母がハルーワソングなので、ヴィルシーナやシュヴァルグランのイトコにあたる血統。ヘニーヒューズ産駒の3歳牡馬でデビューから負け無しの5連勝。母系にヌレイエフを持ち、ヘイローのクロスで機動力にも長けて捲っていく競馬がこの馬のスタイル。当然中京はタフで捲り難い所もあると思いますが、勢いに乗っていますし、ここもまとめて差し切れるだけの能力はあるのかなと思います。

血統:A    距離:A    コース:C    ローテ:C

テーオーケインズ

 父:シニスターミニスター
 母:マキシムカフェ
母父:マンハッタンカフェ

半弟に3勝馬のテーオーラフィット、叔母にレディスプレリュード勝ち馬のタマモブリュネットがいます。ダートで勢いのあるシニスターミニスター産駒で、一昨年のこのレースの勝ち馬です。内枠に入った時の中京ダートは鬼の様な強さを見せますし、時計のかかる大井よりは今回の方が得意舞台。速い決着になった方がいいので雨が降れば更に面白いのではないでしょうか。インで脚を溜めれれば復権も。

血統:B    距離:A    コース:A    ローテ:C

ドゥラエレーデ

 父:ドゥラメンテ
 母:マルケッサ
母父:オルフェーヴル

サトノダイヤモンドやリナーテの甥で、祖母のマルペンサはアルゼンチンGIを芝ダートで3勝。父のドゥラメンテはダービー、皐月賞の2冠馬のキングカメハメハの後継。タイトルホルダーやスターズオンアース、リバティアイランドの父。母父オルフェーヴルはステイゴールド系の3冠馬。トニービンとステイゴールドを持ち、スタミナ志向の強い持久力に富む血統で、前で受けてバテない走りが武器。ダートは未勝利勝ちとUAEダービーで2着。ヘイローのクロスを持ち機動力は十分でスタミナ勝負になれば面白いかもしれません。距離はもう少し欲しいものの意外性に期待。

血統:B    距離:C    コース:B    ローテ:C

ノットゥルノ

 父:ハーツクライ
 母:シェイクズセレナーデ
母父:Unbridled’s Song

ショウナンバビアナ、ハーツラプソディの下で、祖母のデザートストーマーは米BCスプリント勝ち馬で、米国芝マイルG1を2勝のベターラッキーの従兄弟にあたります。ハーツクライ×アンブライドルドソングの配合はスワーヴリチャードやハーツコンチェルトと同じで、持続力に富む血統構成。大井2000mに自信で、左回りは毎度案外ですから中京コースは疑問。前走は馬体が絞れて2着に好走と底力は見せましたし状態維持なら。

血統:C     距離:B    コース:D    ローテ:C

ハギノアレグリアス

 父:キズナ
 母:タニノカリス
母父:ジェネラス

タニノギムレットの甥で、母のタニノカリスはJRA3勝。半兄のタニノエポレットはダイヤモンドS3着。姪のプリュムドールはステイヤーS2着と長距離向きの馬がよく出る血統。父はダービー馬キズナで、ソングラインやアカイイトなどの父。母父は英・愛ダービー馬のジェネラスでニジンスキー由来の切れ味が遺伝。前走のシリウスSでいよいよ本格化かなというレースっぷり。2000m以上が合うタイプだとは思いますが、充実した今ならこなせても驚きません。

血統:C     距離:B    コース:B    ローテ:B

メイクアリープ

 父:シニスターミニスター
 母:スペシャルクイン
母父:スペシャルウィーク

ヴェンジェンスの半弟。父のシニスターミニスターに母父スペシャルウィークですから揉まれずに先行出来れば強いタイプで、前走のみやこSは叩き2戦目でスムーズに運んで2着と重賞でも戦えることを証明。兄からも京都向きの血統ではあると思いますし、中京に変わること自体は特に大きな上積みにはならないとは思いますが、揉まれず速い決着になればここもそこそこやれるのではないでしょうか。

血統:B    距離:A    コース:B    ローテ:C

メイショウハリオ

 父:パイロ
 母:メイショウオウヒ
母父:マンハッタンカフェ

ダイヤモンドS勝ち馬のテーオーロイヤルの半兄で、メイショウカドマツの甥にあたります。父のパイロは言わずと知れたエーピーインディ系ダート種牡馬。牝系がコートリーディーでグリーンデザートやヤマニンパラダイスなどが出るスピード牝系でもあり、軽いダートを好む血統でしょう。基本大箱中距離ダート馬ですが、母系にロベルトを持ちますし、そこそここなしてくるとは思います。仕上がりも前走から上積みは十分あると思いますし、地力もトップクラスで一気に差し込む可能性は大。

血統:B     距離:B    コース:B    ローテ:A

レモンポップ

 父:Lemon Drop Kid
 母:Unreachable
母父:Giant’s Causeway

祖母はデインヒルの全妹という血統。父のレモンドロップキッドはキングマンボの後継種牡馬で、米ベルモントS勝ちなど長いところでも活躍。母父のストームキャットの系譜のジャイアンツコーズウェイで血統的には中距離までこなせる配合でしょう。今年のフェブラリーSでGI初制覇。ドバイSGでは10着でしたが、前走の南部杯は圧巻の逃げ切り勝ち。出脚も良いし自分の形に持ち込めればかなり強いでしょう。いよいよ完成された印象で距離延長も特に気になりません。寧ろプラスくらいに思っていますし、ここも当然主役に。

血統:A     距離:A    コース:B    ローテ:B

チャンピオンズカップ 2023 適性チェック✔︎上位馬4頭

✔︎アイコンテーラー
✔︎アーテルアストレア
✔︎クラウンプライド
✔︎レモンポップ

以上の4頭をピックアップさせて頂きます。

ブログの冒頭にも書きましたが、

適性チェック✔︎は能力や調子、調教、枠順、馬場、天気などのファクターは完全に度外視した競走馬の個性を取り上げるものとなりますので参考にする程度で見てもらえたら幸いです。

最終的な予想(本命馬)はレース当日の朝までに予想記事を投稿しますのでそちらもあわせてよろしくお願いします。

今週末行われる重賞レース適性チェック✔︎

12月2日(土)中山11R ステイヤーズS

12月2日(土)阪神11R チャレンジC

ブログランキングに登録しています!よろしければポチポチお願いします!









タイトルとURLをコピーしました