【ステイヤーズステークス 2023】出走馬適性チェック✔︎

ステイヤーズS 2023 出走馬 適性 診断 血統 傾向 評価重賞出走馬適性チェック
スポンサーリンク

2023年12月2日(土) 中山競馬場 芝3600m ステイヤーズステークス 出走馬全頭の適性診断記事になります。

この記事はステイヤーズステークスへの出走予定馬の適性を血統・距離・コース・ローテを細かく分析し、5段階(ABCD・E)で評価。最後に厳選上位馬を挙げたいと思います。

適性チェック✔︎は能力や調子、調教、枠順、馬場、天気などのファクターは完全に度外視した競走馬の個性を取り上げるものとなりますので参考にする程度で見てもらえたら幸いです。

血統の適性については下の血統適性評価基準をご覧下さい。

スポンサーリンク

ステイヤーズステークス 2023 血統適性評価基準

12月中山開幕週恒例のマラソンレース、芝3600mで行われます。

とにかくステイゴールド系が強い舞台。その他ならサドラーズウェルズトニービンの長距離志向血統だろう。

ステイヤーズステークス 2023 出走馬適性チェック✔︎

アイアンバローズ

 父:オルフェーヴル
 母:パレスルーマー
母父:Royal Anthem

ジャスティンパレスの半兄で、こちらは父がオルフェーヴルとスタミナ志向が強い血統。典型的な長距離馬で、一昨年は2着、昨年は4着とこのレースでは上位。母系がレッドランサム(ロベルト)を持つのも中山内回りを2周するのに適していそう。前走も当然ここに向けた感じの仕上がりでしたし、1度使った上積みで今年も好走可能。

血統:A    距離:A    コース:A    ローテ:B

アケルナルスター

 父:トーセンラー
 母:パリージョ
母父:タイキシャトル

近親にウインクリューガーのいる血統で、父のトーセンラーはサドラーズウェルズ内包のディープ産駒でマイル〜長距離で活躍。母父タイキシャトルは世界を制した名マイラー。母系は米国のスピードを持ち、欧米のブレンドでバランスは取れています。無駄な肉が少なく脚長に映る体型である程度の長いところはこなしてくるのかなと思います。ヘイローのクロスからも捲って好走した札幌2600mのように内回り向き。展開には左右されると思いますが、徐々に力をつけてきている印象で、ここも大きく崩れることはなく走ってきそうです。

血統:B    距離:B    コース:A    ローテ:C

アフリカンゴールド

 父:ステイゴールド
 母:ブリクセン
母父:Gone West

ドバイWCを制したアフリカンストーリーの半弟。父ステイゴールドに母系が米国のスピードと中和された血統構成。バリバリステイヤーという感じでは無いですがスローに落とし込んで逃げれたレースは中長距離問わずかなり粘り強いので、ここもマイペースに運べるかが鍵でしょう。中山は意外と初。特に問題はないのかなと思います。

血統:B    距離:B    コース:B    ローテ:C

キングズレイン

 父:ルーラーシップ
 母:タッチングスピーチ
母父:ディープインパクト

母はローズS勝ち馬のタッチングスピーチ。祖母はフィリーズマイル勝ち馬のリッスンで、叔父にサトノルークス、いとこにアスコリピチェーノのいる血統。父はルーラーシップでトニービンを持ち、母父ディープインパクトはキセキなどを輩出したニックス。母系にサドラーズウェルズを持つのもありますし、スタートからスピード乗りが遅く、長いところに適性を持ちます。大箱歓迎のタイプだとは思いますが、ポテンシャルで中山の小回りもこなしてくるのかなとも思えます。3600mは流石に長いかもしれませんが、どこまで走ってくるか注目の1頭。

血統:B    距離:B    コース:C    ローテ:B

グランオフィシエ

 父:キングカメハメハ
 母:マーブルカテドラル
母父:ダイワメジャー

アルテミスS勝ち馬のマーブルカテドラルを母に持ち、祖母はチューリップ賞勝ち馬のヘルスウォール。父キングカメハメハに母父がダイワメジャーという血統ですが、母系にエリシオが入るので中距離馬に出ました。前走のアルゼンチン共和国杯があまりにも案外。今回距離は流石に長いと思いますし、何かあるなら道悪で時計が掛かった時くらいでしょうか。上がりが掛かること自体はプラスだと思うので中山は悪くないでしょう。

血統:C    距離:D    コース:B    ローテ:D

ジェットモーション

 父:ハーツクライ
 母:トップモーション
母父:シンボリクリスエス

レッドヴェロシティの半兄で、祖母のプロモーションはクイーンS勝ち馬。アドマイヤメインの甥にあたる血統で、曾祖母からはアドマイヤジュピタに繋がる牝系です。ハーツクライ産駒で母父がシンボリクリスエスと確かに胴長で重厚感のある見た目。牝系もスタミナ色強めですし距離は長いところも大丈夫でしょう。札幌の芝は重たすぎた印象もありますし、開幕週の中山ならある程度格好を付けられるか。

血統:B    距離:B    コース:B    ローテ:C

シルブロン

 父:トーセンジョーダン
 母:グレイシアブルー
母父:サンデーサイレンス

コーフィールドC勝ち馬のメールドグラースの半弟で、ローカルで活躍したグラスボンバーの甥。父のトーセンジョーダンはジャングルポケットの後継種牡馬で天皇賞・秋を制した名馬。母系にヌレイエフを持ちスタミナ面は十分で2400m以上で3勝、ダイヤモンドS3着と戦績からも長いところは問題ないでしょう。近走はズブい面が見えてきて、勝負所で着いていけない印象で、その点は課題になってくるかもしれません。距離延長が上手くハマれば。

血統:B    距離:B    コース:B    ローテ:B

セファーラジエル

 父:キズナ
 母:ダークサファイア
母父:Out of Place

サフィロスやコーディエライトの半弟で、名種牡馬サウスヴィグラスの甥。キズナ産駒の牡馬で、母系にボールドルーラー。母父も米国で活躍したアウトオブプレイスとパワー型の中距離馬でスピード勝負には分が悪く、スタミナ勝負は寧ろ歓迎の部類でしょう。先行力が武器で時計が掛かってくれば前で粘り込みもあると思います。多少馬場が渋った方がいいかもしれません。

血統:C    距離:A    コース:B    ローテ:B

ダンディズム

 父:マンハッタンカフェ
 母:ビューティーコンテスト
母父:シングスピール

ムーンクレストやフォルテ、ダノンマッキンリーの半弟で、父のマンハッタンカフェは天皇賞・春や有馬記念、菊花賞を制したステイヤー。母父シングスピールはサドラー系でも日本の馬場への適性は高い血。上がり勝負だと斬れ負けしますが、上がりが掛かる決着になれば浮上するタイプでしょう。夏は札幌の2600mで複勝圏に入る活躍。確かに長いところはこなせるタイプで、洋芝の長丁場には合っていました。前走の福島記念も速い流れを後方追走で勝ち馬に迫る2着ならここでも十分足りると思います。小回りも問題ないですし楽しみな1頭です。

血統:A    距離:B    コース:B    ローテ:B

テーオーロイヤル

 父:リオンディーズ
 母:メイショウオウヒ
母父:マンハッタンカフェ

ダートで活躍しているメイショウハリオの半弟で、メイショウカドマツの甥にあたります。リオンディーズ産駒ですが割と小さめで肉付き少ないタイプで長距離適性が高くでました。昨年のダイヤモンドSを制しているようにスタミナは豊富。母系にロベルトを持ちますが、東京に向くタイプのようにも感じます。前走は長欠明けで今回は叩き2戦目。前走よりは上積みがあるのかなと思います。

血統:B    距離:A    コース:C    ローテ:B

ヒュミドール

 父:オルフェーヴル
 母:アヴェクトワ
母父:チチカステナンゴ

祖母が桜花賞馬キストゥヘヴンなので、タイムトゥヘヴンの甥にあたる血統。オルフェーヴル産駒でスタミナがあるのか今年のダイヤモンドSで距離延長がハマった2着の好走歴。母父チチカステナンゴですし、小回りはドンと来いだと思います。距離も特に問題ないと思いますし、叩いて2戦目。スムーズなら上位もあるのかなと思います。

血統:A    距離:B    コース:A    ローテ:B

フジマサインパクト

 父:ディープインパクト
 母:ベイトゥベイ
母父:Sligo Bay

ダートで活躍のスワーヴアラミスの半弟で、母のベイトゥベイは加ナッソーS(GII・芝8F)勝ち馬。父はディープインパクトで母父のスライゴベイはダノンスコーピオンの母父として馴染みのあるサドラーズウェルズ系種牡馬。芝に向く血統に感じますが、兄弟を見てもダートの中距離で活躍しているように、本馬もその手のタイプでダートで勝ち星を挙げてきました。見た目的にも脚長でスラッとした馬体ですし、芝の長いところは悪くないかもしれません。中山向きかというと疑問で京都ならとは思いますが、この舞台で新味を出せれば。

血統:C     距離:B    コース:D    ローテ:C

マイネルウィルトス

 父:スクリーンヒーロー
 母:マイネボヌール
母父:ロージズインメイ

マイネルラウレアの半兄で、母のマイネボヌールは1400m~マイルで4勝。7歳牡馬のスクリーンヒーロー産駒で如何にも力を要する展開に強いタイプ。ヘイルトゥリーズンの重厚なクロスですし、コーナーでの機動性は問題ないと思います。前走は惜しい2着。距離は長すぎるような気もしますが、じっくりレースを運べれば一気差しも十分。

血統:C    距離:B    コース:A    ローテ:C

メロディーレーン

 父:オルフェーヴル
 母:メーヴェ
母父:Motivator

タイトルホルダーの半姉。ステイゴールド系のオルフェーヴル産駒で、母父がサドラーズウェルズ系のモティベーター。さらに奥がミルリーフのラインのシャーリーハイツと重厚な欧州血統構成。小柄な牝馬で如何にも長距離向き。中山のようなタフなコース形態は酷にも感じますが、スタミナ自体は豊富で昨年も5着に健闘。今年も賑わすことが出来る舞台だろう。

血統:A    距離:B    コース:B    ローテ:C

レッドジェネシス

 父:ディープインパクト
 母:リュズキナ
母父:Storm Cat

ルージュスエルテの半兄。ディープインパクト×ストームキャットのニックスで、21年の京都新聞杯勝ちと神戸新聞杯2着の実績。母系にサドラーズウェルズを持つこともあり、道悪でも実績があります。戦績自体は不振で、前走も長欠明けで後方ままのレース。長距離向きという感じでもないですが、距離が伸びてキッカケになれば。

血統:C    距離:C    コース:C    ローテ:C

ワープスピード

 父:ドレフォン
 母:ディープラヴ
母父:ディープインパクト

菊花賞3着馬の牝馬、ディヴァインラヴの半弟で、サンデーウィザードやヒーズインラヴの甥にあたります。父がドレフォンで血統的には半姉よりは短いとこ向きに感じますが、馬自体は脚長に映り、そこそこ長いところもこなせる印象。前走は京都の長丁場で母父ディープインパクトも活きてきたように感じますし、中山だとまた少しイメージとズレるのかなと思います。揉まれず競馬が出来た方がいいとは思いますが、その分の距離ロスは気になるところ。

血統:B    距離:B    コース:C    ローテ:C

ステイヤーズステークス 2023 適性チェック✔︎上位馬3頭

✔︎アイアンバローズ
✔︎ヒュミドール
✔︎ダンディズム

以上の3頭をピックアップさせて頂きます。

ブログの冒頭にも書きましたが、

適性チェック✔︎は能力や調子、調教、枠順、馬場、天気などのファクターは完全に度外視した競走馬の個性を取り上げるものとなりますので参考にする程度で見てもらえたら幸いです。

最終的な予想(本命馬)はレース当日の朝までに予想記事を投稿しますのでそちらもあわせてよろしくお願いします。

今週末行われる重賞レース適性チェック✔︎

12月3日(日)中京11R チャンピオンズC

12月2日(土)阪神11R チャレンジC

ブログランキングに登録しています!よろしければポチポチお願いします!









タイトルとURLをコピーしました