【カペラステークス 2023】出走馬適性チェック✔︎

カペラS 2023 出走馬 適性 診断 血統 傾向 評価重賞出走馬適性チェック
スポンサーリンク

2023年12月10日(日) 中山競馬場 ダート1200m カペラステークス 出走馬全頭の適性診断記事になります。

この記事はカペラステークスへの出走予定馬の適性を血統・距離・コース・ローテを細かく分析し、5段階(ABCD・E)で評価。最後に厳選上位馬を挙げたいと思います。

適性チェック✔︎は能力や調子、調教、枠順、馬場、天気などのファクターは完全に度外視した競走馬の個性を取り上げるものとなりますので参考にする程度で見てもらえたら幸いです。

血統の適性については下の血統適性評価基準をご覧下さい。

スポンサーリンク

カペラステークス 2023 血統適性評価基準

中山ダート1200mで行われるダートスプリント重賞。

米国のスピード血統はもちろん、フジキセキなどが持つインリアリティの血が好走する舞台です。

カペラステークス 2023 出走馬適性チェック✔︎

アイスリアン

 父:キズナ
 母:アイスメアー
母父:サウスヴィグラス

母のアイスメアーはJRAダ1200mで2勝。父のキズナはディープ産駒のダービー馬。母系がサウスヴィグラスにノーザンテーストのスピード血統が強く、ダートのスプリンターとして完成。弱点少なめのタイプで、馬群も割ってこれるのは魅力。中山でも問題ないですし、控える競馬も出来るので大崩れはしないのかなと思います。上手く噛み合えば上位も。

血統:A     距離:A    コース:B    ローテ:B

アティード

 父:サウスヴィグラス
 母:ロックフォーティ
母父:ロックオブジブラルタル

かきつばた記念や兵庫GTなどを勝ったティアップワイルドの甥。父のサウスヴィグラスはダートスプリントの名血で、テイエムサウスダンや、ヒロシゲゴールド、ナムラタイタンなどの父。母父ロックオブジブラルタルはデインヒルの後継で、ミッキーアイルやカテドラルの母父。フォーティナイナーのクロスと母父からもパワー型のスプリンターという感じで馬格も大きく内枠よりも外枠の方が良さが活きるタイプでしょうか。ここ最近は前に行くと甘いので、前走同様後方からの競馬が理想でしょう。中山も特に問題ないので展開ハマれば。

血統:B     距離:A    コース:B    ローテ:C

オメガレインボー

 父:アイルハヴアナザー
 母:ワイキューブ
母父:アグネスタキオン

母のワイキューブは北九州記念3着馬。クロニクルスカイの甥で、曾祖母からは朝日杯FS勝ち馬のセイウンワンダーに繋がる牝系です。父のアイルハヴアナザーはフォーティナイナーの系譜で、アナザートゥルースやウインマーベルなどの父。母系にロベルトを持つ機動力の高さが武器で内で上手く立ち回る競馬も出来るのは強み。一昨年3着、昨年5着の舞台で条件的には悪くないと思います。前走はチグハグな競馬でしたからスムーズなら再度浮上も。

血統:B    距離:B    コース:B    ローテ:B

オールアットワンス

 父:マクフィ
 母:シュプリームギフト
母父:ディープインパクト

母のシュプリームギフトはJRA5勝。プレサージュリフトの半姉で、デアレガーロの姪にあたります。父のマクフィはドバウィの後継の欧州マイラー。牝系のスピードも合わさった超スプリンターとして完成。アイビスサマーダッシュを2勝。今回初ダートですし、後方からの脚質込みで考えても条件が悪い気もします。せめて砂の被らないポジションで競馬がしたい。

血統:D    距離:B    コース:D    ローテ:D

オーロラテソーロ

 父:Malibu Moon
 母:For Passion
母父:Not for Love

父のマリブムーンは米国で未勝利戦のみの勝ち馬ですが種牡馬としては優秀で、オーブルチェフ、マドラスチェック、オーブなどを輩出。エーピーインディの系譜で持続力が高い血統。米国血統らしく前で押し切る競馬が合っていて、昨年の不良馬場のクラスターSを勝利。以降も地方交流重賞を中心に堅実に駆けています。関東馬の割には関西圏で好走する戦績ですが、中山のコース自体は特に問題ないと思います。軽いダートになった方がいいとは思いますが、力を出せれば上位も可能。

血統:B     距離:A    コース:C    ローテ:C

カイザーメランジェ

 父:サクラオリオン
 母:サクラジュレップ
母父:サクラプレジデント

京王杯SCなど短距離で活躍したサクラゴスペルの甥にあたる血統で、父のサクラオリオンはエルコンドルパサーの系譜で、ダンジグ内包とパワーやタフさに振れた種牡馬で、母父サクラプレジデントへ札幌記念や中山記念を制した馬。父系が強くて、時計の掛かる北海道の芝で良績が集まります。前走は不良馬場の新潟千直で勝利。年齢は感じさせませんが、ダートは笠松で1勝挙げた時以来になります。乾いたダートがどうかでしょう。

血統:C    距離:A     コース:D    ローテ:D

スズカコテキタイ

 父:ディスクリートキャット
 母:コテキタイ
母父:サウスヴィグラス

園田で勝ちまくったナリタミニスターの半弟で、バスドラムガールの半兄。父のディスクリートキャットはストームキャット系でオオバンブルマイが世界で活躍。母父サウスヴィグラスらしく、ダート短距離馬として中山ダート1200mで4連勝しています。前走の行きっぷりの悪さは使い詰めが原因か。一息入れて仕切り直しなら再度好走は可能でしょう。

血統:A    距離:B    コース:A    ローテ:B

タガノクリステル

 父:ドレフォン
 母:タガノキャンドル
母父:アグネスタキオン

祖母は秋華賞馬のブゼンキャンドルで、父はストームキャット系種牡馬のドレフォン。母系がモガミのスタミナ志向とノーザンテーストのスピードのバランスを見ても、タイプ的に1200mよりは1400mの方に適性があるように思えます。とはいえ、2走前は同舞台で快勝とこなせない条件では無いので立ち回り次第では上位に食い込めるだろうと思います。軽いダートの方が良績なのはチェックしておきたい。

血統:B    距離:B    コース:A    ローテ:C

チェイスザドリーム

 父:ロードカナロア
 母:ゴールドチェイス
母父:アドマイヤムーン

スズカフレーム、スズカセクレターボの姪で、近親にゴーンウエスト、ロードアルティマ、サクラオリオンのいる名血。父のロードカナロアは世界で活躍した名スプリンター。母父のアドマイヤムーンはJCやドバイDFなどを制したフォーティナイナー系種牡馬。字面通りのスピード血統で、ダートの1200m以下に適性。揉まれるのは良くなさそうで外枠でスムースに先行出来ることが好走への近道でしょう。京都よりは中山の方が合うと思います。

血統:B    距離:B    コース:B    ローテ:B

テイエムトッキュウ

 父:ロードカナロア
 母:アグネスナチュラル
母父:サクラバクシンオー

母のアグネスナチュラルはJRA4勝。4代母まで遡るとアグネスレディーがいて、アグネスタキオンやアグネスフライトなどが出る牝系にあたります。父ロードカナロアに母父サクラバクシンオーのスプリント配合で、ファストフォースやキルロードと同じになります。後駆がかなりしっかりとしてるし、芝スタートの中山ダート1200mは歓迎でしょう。同型次第ではありますが、スタートダッシュ決まればそのまま逃げ残りも十分だと思います。得意コースで重賞奪取へ。

血統:A    距離:A    コース:A    ローテ:B

デュアリスト

 父:ミッキーアイル
 母:デュアルストーリー
母父:エンドスウィープ

母のデュアルストーリーは芝ダート1200mで4勝。デターミネーションの半弟で、牝系はアルーリング血統など活躍馬を多数出し繁栄する名牝系。父のミッキーアイルはダンジグを内包するディープインパクト系のパワー型種牡馬。母父はフォーティナイナー系のエンドスウィープ。母系のみでもヘイルトゥリーズンのクロスを持ち、全体でもヘイローのクロス。インリアリティも入り、機動性の高いダートスプリンターに。展開に左右はされるかもしれませんが、ロスなく回って前が崩れる展開になれば上位も可能。

血統:A    距離:A    コース:B    ローテ:C

ピンシャン

 父:Speightstown
 母:Beauty and Light
母父:Unbridled’s Song

近親に米ダート7FGIIで3勝を挙げたマニングスのいる血統で、父のスパイツタウンはマテラスカイの父でゴーンウエスト系らしく高速決着に強い血統。母系はアンブライドルドソングにフォーティナイナーも持つのでスピード能力が高い血統構成になります。1400mで好走してますし、1200m向きでは無いのは確か。現状頭打ち感もありますし、思い切って逃げてどこまでやれるかに賭けた方がいいか。

血統:B    距離:C    コース:B    ローテ:C

ベルダーイメル

 父:オルフェーヴル
 母:ルリニガナ
母父:スニッツェル

母のルリニガナは芝1000~1200mで4勝のスプリンター。父のオルフェーヴルはステイゴールド系で、ウシュバテソーロやヘリオスなどダートでも活躍する産駒を輩出。初距離ですが血統面でもスプリント性能が高いのでマイルよりは1200mの方が合うかもしれません。好位で運ぶ競馬は出来ないと思いますが、流れ次第で上位まで差し込んでくる可能性は十分ある存在でしょう。

血統:B     距離:B    コース:A    ローテ:B

メタマックス

 父:Into Mischief
 母:Zapara
母父:Not for Love

父は北米リーディングサイヤーのストームキャット系種牡馬のイントゥミスチーフ。日本の産駒だとジゲンやイモータルスモークなどがダートスプリンターとして勝ち星を挙げています。母父ノットフォーラヴは上にも書いたオーロラテソーロと同じ母父。母系にボールドルーラーも活きた530kg近い馬体で力の居るこの時期は如何にも合うタイプに思えます。前走は逃げて溜めて突き放す完勝。ピュアスプリンターという感じではないのかなという印象も、ポテンシャル高くここで好走も驚かない存在です。

血統:B    距離:B    コース:B    ローテ:B

ラプタス

 父:ディープブリランテ
 母:エアラホーヤ
母父:ボストンハーバー

マジェスティハーツやプレシオーソの半兄弟。父のディープブリランテはディープ産駒のダービー馬で、エルトンバローズやミッキーブリランテの父。母父ボストンハーバーはシアトルスルーのラインでファインルージュやクロコスミアなどの母父。母系にストームキャットが入るスピードと、父の中距離志向からもマイル前後がベストディスタンスでしょう。中央で走るのは一昨年の3月以来。地方のタフな馬場の方が合う印象は否めませんが、前走JBCスプリントは逃げて5着に粘ってることを考えれば、一発は秘めていそう。時計が掛かる展開に持ち込めれば。

血統:C     距離:B    コース:C    ローテ:C

リュウノユキナ

 父:ヴァーミリアン
 母:ネオカラー
母父:クロフネ

祖母のナギサはJRA4勝馬。TCK女王盃勝ち馬のサウンドザビーチの甥で、スマハマのいとこにあたります。父のヴァーミリアンはエルコンドルパサーの後継でダートGIを勝ちまくった名馬。母父クロフネに、インリアリティの系譜のマークオブディスティンクションを持つ血統で、このレースに対する適性は高く、2年連続で2着に好走。8歳になっても大崩れすることなく今年は走っています。立ち回り器用で内から競馬するのが理想だと思います。今年こそ1着が欲しい。

血統:A    距離:A    コース:A     ローテ:B

カペラステークス 2023 適性チェック✔︎上位馬4頭

✔︎テイエムトッキュウ
✔︎リュウノユキナ
✔︎アイスリアン
✔︎スズカコテキタイ

以上の4頭をピックアップさせて頂きます。

ブログの冒頭にも書きましたが、

適性チェック✔︎は能力や調子、調教、枠順、馬場、天気などのファクターは完全に度外視した競走馬の個性を取り上げるものとなりますので参考にする程度で見てもらえたら幸いです。

最終的な予想(本命馬)はレース当日の朝までに予想記事を投稿しますのでそちらもあわせてよろしくお願いします。

今週末行われる重賞レース適性チェック✔︎

12月10日(日)阪神11R 阪神JF

12月9日(土)中京11R 中日新聞杯

ブログランキングに登録しています!よろしければポチポチお願いします!









この記事を書いた書いた人
ころめん

ころめんです!30代会社員競馬好き!競馬の魅力を伝えていけたら嬉しいです!

ころめんをフォローする
スポンサーリンク
重賞出走馬適性チェック
スポンサーリンク
シェアする
ころめんをフォローする
ころの競馬人生
タイトルとURLをコピーしました