【東海ステークス 2024】出走馬適性チェック✔︎

東海S 2024 出走馬 適性 診断 血統 傾向 評価重賞出走馬適性チェック
スポンサーリンク

2024年1月21日(日) 京都競馬場 ダート芝1800m 東海ステークス 出走馬全頭の適性診断記事になります。

この記事は東海ステークスへの出走予定馬の適性を血統・距離・コース・ローテを細かく分析し、5段階(ABCD・E)で評価。最後に厳選上位馬を挙げたいと思います。

適性チェック✔︎は能力や調子、調教、枠順、馬場、天気などのファクターは完全に度外視した競走馬の個性を取り上げるものとなりますので参考にする程度で見てもらえたら幸いです。

血統の適性については下の血統適性評価基準をご覧下さい。

スポンサーリンク

東海ステークス 2024 血統適性評価基準

今年は京都開催で行われる東海S。ダート1800mで行われます。

エーピーインディ系やヴァイスリージェント系が走る京都ダート1800mなので注目しておきたい。

東海ステークス 2024 出走馬適性チェック✔︎

ヴィクティファルス

 父:ハーツクライ
 母:ヴィルジニア
母父:Galileo

母はJRAで3勝。豪GIザメトロポリタンT12F勝ちのセヴィルやシルバーステートの甥にあたる血統で、父ハーツクライに母父ガリレオで全体的にスタミナに寄った配合で、母系もシルバーホークにニジンスキーのラインなので欧州色が強いので、乾いて力のいるダートに向くタイプかなと思います。前走の太秦Sは初ダートで活路を見出した勝利。捲り気味で上がって行きそのまま押し切る強い内容でしたし、相手は強化もここでも上位争いは可能。

血統:C    距離:B    コース:A    ローテ:C

ウィリアムバローズ

 父:ミッキーアイル
 母:ダイアナバローズ
母父:シンボリクリスエス

母はJRA3勝。イチブンの甥にあたる血統。父のミッキーアイルはディープ産駒のマイラーで、ロックオブジブラルタル内包でパワー型。メイケイエールやナムラクレアの父。母系がミルリーフのクロスを持つので重厚感があり、シンボリクリスエスが母父なので機動力と粘りの強さがストロングポイントに。安定した成績を誇りますが、裏を返すとワンパンチ足りず善戦タイプになっている感じは否めません。ここも自分の形で競馬をしてどこまで粘れるかの戦いに。京都も距離も問題は無いです。

血統:C    距離:B    コース:B    ローテ:C

オメガギネス

 父:ロゴタイプ
 母:スタートアップ
母父:ハービンジャー

祖母はヴィクトワールピサの全妹なので、近親にはアサクサデンエンやスウィフトカレントがいる血統。父のロゴタイプは朝日杯FSや皐月賞、安田記念勝ち馬のサドラーズウェルズ系。母父ハービンジャーと欧州色が強い中でもスピード血統でしょう。体型的にもマイルあたりがベターで、京都ダート1800mなら軽い馬場になった方がプラスに働きそうです。勢いある4歳馬でここでも勝ち負けは可能。

血統:B    距離:B    コース:B    ローテ:C

オーロイプラータ

 父:リアルインパクト
 母:カリスペル
母父:シングスピール

モンタナアゲートの半弟で、シャケトラのいとこにあたる血統。父のリアルインパクトは安田記念などマイルを中心に活躍したディープインパクト産駒。母父シングスピールはジャパンCウイナー。母系の中長距離志向が強く出て、距離は1800mでも忙しいかなという感じはします。道中急かさず終い勝負がいいタイプですし、大箱に向くのは確か。展開には左右されますが、噛み合えば纏めて差し切れるポテンシャルは十分。

血統:B    距離:C    コース:B    ローテ:C

キリンジ

 父:キズナ
 母:タイムピース
母父:ルーラーシップ

レイメイの半弟で、エアソミュールの甥。曾祖母アイドリームドアドリームはエアシャカールやエアデジャヴーを輩出した名繁殖。キズナ産駒の牡馬で母父ルーラーシップなら時計の掛かる中距離に向く配合で、ダートに出るのも順当。器用なタイプではない分大味な競馬が合うので、多頭数なら外枠からの競馬が理想かもしれません。坂コースの方が合うようなイメージもありますが、下りを利用して上がって行ければ。

血統:C    距離:B    コース:C    ローテ:C

ゲンパチルシファー

 父:トゥザグローリー
 母:ラブリイステラ
母父:クロフネ

母はJRAで2勝。祖母のタイキステラは6勝を挙げています。近親にはタイキトレジャーやタイキエルドラドがいる血統で、父のトゥザグローリーは重賞5勝のキングカメハメハの後継で、カラテの父。母父クロフネに母系にブラッシンググルームがいるのでタフな展開に強い血統。小回りの機動力も持っていて、一昨年のプロキオンS(小倉ダ1700m)では綺麗な立ち回りで優勝。京都の下りも魅力で、軽いダートになれば浮上は可能。流れ次第では。

血統:B    距離:B    コース:A    ローテ:B

サンライズウルス

 父:ヘニーヒューズ
 母:アルーシュ
母父:チチカステナンゴ

メイサウザンアワーの甥で、曾祖母トゥザヴィクトリーはエリザベス女王杯勝ち馬で、ドバイWC2着馬。父のヘニーヒューズはストームキャット系のダート種牡馬。母父チチカステナンゴはパリ大賞典勝ち馬。母系のヌレイエフからも大箱に向き。丸一年ぶりのレースになるので、そこの勝負勘は課題にはなると思いますし、勝負どころで置いていかれるところが解消されているかが気になります。ポテンシャルはありますからどのような形で直線に向けるかでしょう。

血統:B    距離:B    コース:B    ローテ:D

スマッシングハーツ

 父:ヘニーヒューズ
 母:プリティメイズ
母父:ゼネラリスト

アフォードの半弟で、母のプリティメイズはJRA5勝馬。父ヘニーヒューズはストームキャット系のダート種牡馬。母父ゼネラリストはデインヒルの後継のシンザン記念勝ち馬。京都の下りに向く血統だとは思いますし、馬自身も条件不問で走ってくるタイプなだけに、ここでも着実に走ってきそう。母が超短距離馬だし軽い馬場の方がいいかもしれません。

血統:B    距離:B    コース:B    ローテ:B

タイセイドレフォン

 父:ドレフォン
 母:デイトユアドリーム
母父:トワイニング

母のデイトユアドリームはダート短距離馬で、イトコにヒンドゥタイムズのいる血統。父ドレフォンはストームキャット系でデピュティミニスターを内包した種牡馬で、ジオグリフやデシエルトなどを輩出。母父がフォーティナイナー系のトワイニング。ヌレイエフも母系に持ち京都は合うイメージではありますが、時計的な面では掛かった方がいいと思うので、良馬場でやりたいところ。

血統:A    距離:A    コース:B    ローテ:C

バビット

 父:ナカヤマフェスタ
 母:アートリョウコ
母父:タイキシャトル

20年のラジオNIKKEI賞、セントライト記念の勝ち馬。今では数少ないナカヤマフェスタ産駒でステイゴールド系らしく中山などタフな舞台に向くタイプ。マイペースに逃げて良績が多かったですが、復帰後はそれでもひと踏ん張りが出来ない現状。今回新味を求めてダートで起用。ダート自体がどうこうよりも行き切れるかどうかが大事な気もしますから、ダートでのスタートをクリアしたい。

血統:B    距離:B    コース:C    ローテ:C

ビヨンドザファザー

 父:Curlin
 母:ガリレオズゾング
母父:Galileo

米GIガーデンシティBCS勝ち馬マグニフィセントソングの甥で、オーロラエックスの半兄にあたる血統。父のカーリンはスマートストライクの後継の米チャンピオン。パレスマリスの父で、リビアングラスの母父。母父ガリレオはサドラーズウェルズ系の大種牡馬。北米のスピードと欧州のスタミナのブレンドで、母系の奥がストームキャットだから2000m以下が守備範囲でしょう。結構ズブい感じではあるので、乱ペースになった方が浮上はありそう。揉まれないで競馬がしたいところ。

血統:B    距離:B    コース:B    ローテ:C

ブライアンセンス

 父:ホッコータルマエ
 母:ヒラボクビジン
母父:ブライアンズタイム

母のヒラボクビジンはJRA4勝。インカンテーションの甥で、エンデュミオンの半弟にあたります。父のホッコータルマエはキングカメハメハの後継で現役時代はダートで大活躍。メイショウフンジンやレディバグ、ブリッツファングなどの父。母系がブライアンズタイムにダンジグを持ちパワー型に。京都で連勝しオープン入りをしましたが、京都より阪神や中山などの急坂に強いイメージはありますが、弱点は少ないタイプに感じます。距離も丁度いいと思いますし、上位は形成できる存在でしょう。

血統:B    距離:A    コース:B    ローテ:C

ブラックアーメット

 父:ブラックタイド
 母:カチューシャ
母父:ケイムホーム

母のカチューシャはJRA6勝馬で、アルトップランの甥で、サイモンザナドゥのいとこにあたります。父ブラックタイドはディープインパクトの全兄で、7冠馬キタサンブラックの父。母父ケイムホームのスピードが活きて軽いダートに向く血統でしょう。速いペースになって差して来るタイプで展開には左右されますが、前傾ラップになるのなら浮上のチャンスはありそう。1800mよりもローカル1700m向きではあると思います。

血統:B    距離:C    コース:B    ローテ:C

ペプチドナイル

 父:キングカメハメハ
 母:クイーンオリーブ
母父:マンハッタンカフェ

母のクイーンオリーブはJRA4勝。ハセドンの半兄で、4代母からはハートレイクが出る牝系。キングカメハメハ×マンハッタンカフェはレッドジェニアルと同じ。530kg前後の雄大な馬体ながら前走は逃げずに馬込みから抜け出して勝利。戦法に幅が出たのは大きく、舞台も悪くないので、重賞でも好走は可能。

血統:B     距離:A    コース:A    ローテ:B

ミッキーヌチバナ

 父:ダノンレジェンド
 母:ヌチバナ
母父:キングカメハメハ

祖母のラバヤデールはゴールドアリュールの全妹で、ソロルの甥にあたり、ギャラクシーソウルやアコークロー、オソルノの兄弟にあたります。父はダノンレジェンドで母父キングカメハメハのパワー型血統らしく大型馬で母系のヌレイエフの影響もあってかしぶとく末脚を伸ばしてきます。舞台設定は悪くないですし、堅実に脚を使ってきますから相手関係次第になるのかなと思います。

血統:B    距離:A    コース:B    ローテ:C

レッドファーロ

 父:ハーツクライ
 母:プラヤデシエルタ
母父:Orpen

牝祖リヴィエールはサトノダイヤモンドの母マルペンサに繋がる名繁殖。曾祖母ラコスタアズールは亜1000ギニー勝ち馬。レッドロワの半弟にあたります。父ハーツクライはサンデーサイレンスの後継の大種牡馬。母父オーペンはダンジグ系種牡馬。ハーツクライ産駒らしく胴長な体型で大箱に向くタイプでしょう。一瞬の脚が武器で終いは伸びてきますが、外差しの方が合うのかなという印象は受けます。スローになるよりはある程度流れて縦長の展開になった方がロスなく立ち回れそう。京都は問題無いと思いますが、距離はもう少しあってもいいかもしれません。

血統:C    距離:C    コース:B    ローテ:C

東海ステークス 2024 適性チェック✔︎上位馬3頭

✔︎ペプチドナイル
✔︎ゲンパチルシファー
✔︎タイセイドレフォン

以上の3頭をピックアップさせて頂きます。

ブログの冒頭にも書きましたが、

適性チェック✔︎は能力や調子、調教、枠順、馬場、天気などのファクターは完全に度外視した競走馬の個性を取り上げるものとなりますので参考にする程度で見てもらえたら幸いです。

最終的な予想(本命馬)はレース当日の朝までに予想記事を投稿しますのでそちらもあわせてよろしくお願いします。

今週末行われる重賞レース適性チェック✔︎

1月21日(日)中山11R AJCC

ブログランキングに登録しています!よろしければポチポチお願いします!









この記事を書いた書いた人
ころめん

ころめんです!30代会社員競馬好き!競馬の魅力を伝えていけたら嬉しいです!

ころめんをフォローする
スポンサーリンク
重賞出走馬適性チェック
スポンサーリンク
シェアする
ころめんをフォローする
ころの競馬人生
タイトルとURLをコピーしました