【共同通信杯 2024】出走馬適性チェック✔︎

共同通信杯 2024 出走馬 適性 診断 血統 傾向 評価重賞出走馬適性チェック
スポンサーリンク

2024年2月11日(日) 東京競馬場 芝1800m 共同通信杯 出走馬全頭の適性診断記事になります。

この記事は共同通信杯への出走予定馬の適性を血統・距離・コース・ローテを細かく分析し、5段階(ABCD・E)で評価。最後に厳選上位馬を挙げたいと思います。

適性チェック✔︎は能力や調子、調教、枠順、馬場、天気などのファクターは完全に度外視した競走馬の個性を取り上げるものとなりますので参考にする程度で見てもらえたら幸いです。

血統の適性については下の血統適性評価基準をご覧下さい。

スポンサーリンク

共同通信杯 2024 血統適性評価基準

クラシックへ繋がる登竜門レース。東京1800mで行われます。

ここ最近はハーツクライサドラーズウェルズの血が好走。素質馬が上位には来やすいレースではあります。

共同通信杯 2024 出走馬適性チェック✔︎

エコロヴァルツ

 父:ブラックタイド
 母:プティプランセス
母父:キングカメハメハ

母のプティプランサスは芝1800~2000mで3勝。従兄弟に短距離重賞を2勝しているヴェントヴォーチェがいます。ブラックタイド×キングカメハメハのパワー型の配合でストライドからも大箱に向き、朝日杯は後方まで下げて大外からぶっ飛んできた2着ならポテンシャルは十分通用。折り合いさえ気にならなければ距離も1800mは悪くないと思います。手前の好みはありそうで左回りが少し気になりますが、クリアして欲しいところ。

血統:B    距離:B    コース:B    ローテ:B

エンヤラヴフェイス

 父:エイシンヒカリ
 母:タイキアプローズ
母父:Devil’s Bag

浦和記念を制したサミットストーンの半弟で、曾祖母からはウェルシュマフィンが出るので近親にタイキシャトルのいる血統。エイシンヒカリ産駒らしくマイルまでという印象があるので、距離延長はひとつ課題にはなりそう。先行押し切りのスタイルを取れるのなら面白いとは思いますが、展開の助けは欲しいところ。

血統:C    距離:C    コース:B    ローテ:C

ジャスティンミラノ

 父:キズナ
 母:マーゴッドディド
母父:Exceed And Excel

母は英GIの5F戦ナンソープS勝ち馬のマーゴットディド。父のキズナはディープ産駒のダービー馬という血統で、母父はデインヒルの後継の豪州スプリンターであるエクシードアンドエクセルという配合。母系のダルシャーンの影響もあって斬れ味鋭い大型馬に。新馬戦はスローの恩恵もありましたが番手で我慢して直線も鋭く伸び完勝。ここも同舞台で、決め手勝負になるならチャンスは十分でしょう。

血統:B     距離:B     コース:A    ローテ:C

ジャンタルマンタル

 父:Palace Malice
 母:インディアマントゥアナ
母父:Wilburn

母は米GIII芝11F勝ち馬で、父のパレスマリスはジャスティンパレスやアイアンバローズの半兄にあたる血統で、ベルモントSなどの勝ち馬。母父ウィルバーンは米国マイラー。母系の構成自体はストームキャットも入りスピードを持ちますが、本馬は中距離馬でしょう。フィジカル的にはまだまだなところはある中で、抜群の競馬センスで2歳チャンプに。ここもお利口な競馬で勝ち負けに。

血統:B    距離:A    コース:B    ローテ:B

ショーマンフリート

 父:スワーヴリチャード
 母:スカイフ
母父:Siyouni

ヒシルリアンの半弟で、豪州GIのBRCドゥームベンC勝ち馬ポルニシェの甥にあたる血統。スワーヴリチャード産駒らしくかなり大きいストライドで如何にも東京に向く走りをします。母系の影響もあって筋肉痛ですが、大箱1800mはイメージ的には問題なくこなしてきそう。シンザン記念は下が緩くて案外でしたが、ここで巻き返しは可能でしょう。

血統:A    距離:A    コース:A     ローテ:B

ディマイザキッド

 父:ディーマジェスティ
 母:ミスミーチャン
母父:ファスリエフ

牝祖を遡るとスカイビューティー〜ハリケーンキャットや、プレザントホーム、テイルオブエカティなどが出るメイプルジンスキーの一族。ディーマジェスティ産駒で、母系にもブライアンズタイムやサンデーサイレンスが入り、ヘイルトゥリーズンの血が濃い配合で、前走の未勝利戦は外からジワリと捲り気味に上がっていき勝利。母父ファスリエフだし、本質はもっと短いところに向くとは思います。東京よりも中山のような小回りでコーナリング性能を活かした競馬が向くとは思うので、コース適性は疑問も距離は詰める分には問題ないでしょう。時計が掛かって欲しいか。

血統:C    距離:B    コース:D    ローテ:B

パワーホール

 父:スワーヴリチャード
 母:ストロベリーズ
母父:コマンズ

ネイキッドハートの半弟で、ミッドサマーフェアやソフトフルート、フィアスプライドの甥にあたります。曾祖母ストームソングからはオーダーオブセントジョージやアイスストームなどが出る牝系です。スワーヴリチャード産駒で、母父のデインヒル系のコマンズの影響も大きく脚力は相当なものを持ちます。京都2歳は大敗しましたが、ペース的にも少し流れていたのと、直線入口でバランスを崩した影響がほとんど。1800mに短縮はプラスになりそうですし、スローになりやすい東京コースで巻き返しは可能でしょう。

血統:A    距離:A    コース:B    ローテ:C

フォスターボンド

 父:キズナ
 母:パールシャドウ
母父:クロフネ

母は5勝馬のパールシャドウ。キミノナハマリアが姪にいる血統です。キズナ産駒の牡馬ですが斬れ味鋭く、戦績通り東京で末脚を伸ばすのが合うタイプでしょう。後方からの競馬なので展開や馬場などの助けは必要になるかもしれませんが、堅実な末脚は使ってくるので相手関係次第になるかなと思います。距離短縮よりはもう少し伸びた方が良さは出そうです。

血統:B    距離:B    コース:A    ローテ:C

べラジオボンド

 父:ロードカナロア
 母:ダンサーデスティネイション
母父:Dubai Destination

伊1000ギニーを制したダンサーデスティネイションを母に持ち、父は世界のロードカナロアという血統構成。カナロア産駒でも距離は中距離位は持ちそうで、折り合い的にも1800mは十分守備範囲。キャリアが浅いので何とも言えませんが、輸送をこなせれば新馬戦の勝ちっぷりも良かったですし、メンバーは強化されますが楽しみな1頭です。

血統:C     距離:A    コース:B    ローテ:B

ミスタージーティー

 父:ドゥラメンテ
 母:リッスン
母父:Sadler’s Wells

母のリッスンは英GIフィリーズマイル勝ち馬で、タッチングスピーチやサトノルークスの半弟にあたります。阪神JFを制したアスコリピチェーノが姪にいる血統。ドゥラメンテ産駒に母父サドラーズウェルズという重厚な血統ですが、しなやかさも豊富で広い東京コースも歓迎ではないでしょうか。まだまだ課題は多いと思いますが、前走は直線勿体ない競馬で見直しは可能。引き続き強い相手でも上位に食い込める存在でしょう。

血統:A     距離:B    コース:B    ローテ:B

共同通信杯 2024 適性チェック✔︎上位馬4頭

✔︎ショーマンフリート
✔︎ジャンタルマンタル
✔︎パワーホール
✔︎ミスタージーティー

以上の4頭をピックアップさせて頂きます。

ブログの冒頭にも書きましたが、

適性チェック✔︎は能力や調子、調教、枠順、馬場、天気などのファクターは完全に度外視した競走馬の個性を取り上げるものとなりますので参考にする程度で見てもらえたら幸いです。

最終的な予想(本命馬)はレース当日の朝までに予想記事を投稿しますのでそちらもあわせてよろしくお願いします。

今週末行われる重賞レース適性チェック✔︎

2月10日(土)東京11R クイーンC

2月11日(日)京都11R 京都記念

ブログランキングに登録しています!よろしければポチポチお願いします!









タイトルとURLをコピーしました