【京都2歳ステークス 2023】出走馬適性チェック✔︎

京都2歳S 2023 出走馬 適性 診断 血統 傾向 評価重賞出走馬適性チェック
スポンサーリンク

2023年11月25日(土) 京都競馬場 芝2000m 京都2歳ステークス 出走馬全頭の適性診断記事になります。

この記事は京都2歳ステークスへの出走予定馬の適性を血統・距離・コース・ローテを細かく分析し、5段階(ABCD・E)で評価。最後に厳選上位馬を挙げたいと思います。

適性チェック✔︎は能力や調子、調教、枠順、馬場、天気などのファクターは完全に度外視した競走馬の個性を取り上げるものとなりますので参考にする程度で見てもらえたら幸いです。

血統の適性については下の血統適性評価基準をご覧下さい。

スポンサーリンク

京都2歳ステークス 2023 血統適性評価基準

4年ぶり京都内回りで行われる2歳重賞。

近年はクラシックで活躍する馬がここからは出ない現状で、長距離志向が強い馬の方がいいのかもしれません。内回りなのでロベルトの機動力はポイントに。

京都2歳ステークス 2023 出走馬適性チェック✔︎

オールナット

 父:サトノダイヤモンド
 母:キューティゴールド
母父:フレンチデピュティ

ステイゴールドの甥で、ジャパンCや秋華賞を制したショウナンパンドラの半弟にあたります。父のサトノダイヤモンドは菊花賞や有馬記念を制しているように本馬もステイヤータイプでしょう。前走は同コースの新馬戦。重馬場のスローの展開を逃げ切り勝ち。血統構成的にも奥手なタイプだとは思いますし、時計的な対応など課題は多くなりそう。ここも揉まれずに追走出来ればという感じだと思います。前走同様時計が掛かる馬場が現状は理想かも。

血統:B    距離:B    コース:B    ローテ:C

カズゴルティス

 父:アルアイン
 母:スネガエクスプレス
母父:ウォーエンブレム

サトノグランの半弟で、祖母のサンスプリングはアルゼンチンスプリントGI勝ち馬。父のアルアインは皐月賞や大阪杯を制したディープ産駒。ヘイローのクロスを持つので前向きさと機動力を兼ね備えた血統で、新馬戦は阪神2000mを逃げ切り勝ち。距離はこのくらいがギリギリな印象で、平坦よりは坂コースの方が合うか。

血統:B    距離:B    コース:C    ローテ:C

ギャンブルルーム

 父:キズナ
 母:シャンデリアハウス
母父:ヴァーミリアン

母シャンデリアハウスはJRA4勝。オレハマッテルゼやエガオヲミセテの甥で、曾祖母はダイナカールだから女傑エアグルーヴも同牝系にあたります。父のキズナはディープ産駒のダービー馬。ソングラインやアカイイトなどの父。母父ヴァーミリアンはエルコンドルパサーの後継種牡馬で、現役時代ダートで活躍。キズナの牡馬らしい身体付きですが、機敏性にも長けたタイプに感じます。走法を見ても内回りはこなせるタイプで、一瞬の脚を活かせる形になれば、突き抜ける事も可能でしょう。ハイペースよりもスローペースで。

血統:B     距離:A    コース:B    ローテ:C

キープカルム

 父:ロードカナロア
 母:ダンスアミーガ
母父:サクラバクシンオー

母のダンスアミーガは1400m~1600mで5勝。ラウルピドゥの半弟で、曾祖母ダンスパートナーはダンスインザダーク、ダンスインザムードと同血になります。ロードカナロア×サクラバクシンオーという短距離志向の構成ですが、母系がエルコンドルパサーにダンシングキイが入り中距離まではこなしてきます。京都2000mの未勝利戦を勝ち上がり。現状は折り合いも問題ないですし、内回りの流れならここも先行押し切りは十分可能でしょう。

血統:B    距離:B    コース:B     ローテ:C

コスモエスメラルダ

 父:ゴールドシップ
 母:コスモリープリング
母父:ヤマニンセラフィム

コスモポポラリタの半弟。父ゴールドシップはステイゴールド系のスタミナ血統に、母父ヤマニンセラフィムはダンジグ内包で京成杯勝ちのパワー型種牡馬。母系にダンジグのクロスと全体でサンデーサイレンスのクロスを持つ血統で、新馬は東京2000mで勝ちましたが、本質は小回りのタフな流れの方が合うタイプでしょう。距離的にももっと伸びていいと思いますし、持続力勝負に持ち込めればしぶとく走れるのかなと思います。

血統:B    距離:B    コース:A    ローテ:B

コスモキュランダ

 父:アルアイン
 母:サザンスピード
母父:Southern Image

母はオーストラリアGIのコーフィールドC(芝12F)勝ち馬。父のアルアインは皐月賞と大阪杯を制したディープ産駒。母父のサザンイメージはサンタアニタHなど米国ダートGIを3勝したヘイロー系種牡馬。前向きさとパワーを備えた血統構成らしく、重馬場の新潟内回り2000mを前目追走から押し切り。時計が掛かってくるタフな展開になれば浮上するタイプで、ここもスローを前で受けて押し切りを狙いたい。

血統:B     距離:A     コース:B     ローテ:C

サトノシュトラーセ

 父:ジャスタウェイ
 母:ワンダーオブリップス
母父:Champs Elysees

母のワンダーオブリップスは独オークス3着馬。父はハーツクライの後継のジャスタウェイで、母父はデインヒルのラインのシャンゼリゼ。母系にロミタスを持つので血統構成自体はサリオスに似たイメージです。新馬戦はショウナンラプンタの2着で、2戦目の未勝利戦を快勝。500kgを超える馬体で、まだまだ奥のありそうな感じはします。本質は大箱向きでしょうから、揉まれず流れに乗れればここでも上位でしょう。

血統:B     距離:B     コース:C    ローテ:B

シンエンペラー

 父:Siyouni
 母:Starlet’s Sister
母父:Galileo

米BCフィリー&メアターフなどGI7勝を挙げたシスターチャーリーの半弟で凱旋門賞や仏ダービーなどを制した名馬ソットサスの全弟。父のシユーニはピヴォタルの後継の欧州マイラー。母父もガリレオと重厚な構成ですが、母系にミスワキの4×4を持ちスピード面も補填されたバランスの良い構成。新馬戦は若さ溢れる走りでしたが完勝。まだまだ身体を持て余している感がありますが、能力の高さは感じます。血統背景的にもこの時期の京都は悪くなさそうですし、距離も問題ないでしょう。先々に繋がるレースを。

血統:B     距離:B     コース:B     ローテ:A

ダノンデサイル

 父:エピファネイア
 母:トップデサイル
母父:Congrats

母は米BCジュヴェナイルフィリーズ2着馬のトップデサイルで、半姉にトップザビルやスタティスティクスのいる血統。父のエピファネイアはシンボリクリスエスの後継。母父のコングラッツはエーピーインディの系譜とシアトルスルーのクロスを持つ持続力血統。京都外回りの1800mで勝ち上がり。小脚を使えるタイプでは無さそうで、内回りよりは直線の長いコースの方が舞台設定は合いそう。ただ、距離が伸びること自体はプラスに感じます。前走のように番手に付けれればジリジリは伸びてきそうです。

血統:A    距離:A    コース:C    ローテ:B

ディスペランツァ

 父:ルーラーシップ
 母:ルパンⅡ
母父:Medaglia d’Oro

ファントムシーフの半弟で、祖母のプロミシングリードは英10FGIプリティポリーS勝ち馬。父がルーラーシップに変わり、兄よりも成長は遅めの雰囲気で、大型馬らしくまだまだ緩さが目立ちます。その中でも阪神2000mの未勝利戦は後方から一捲りで完勝と先々が楽しみになるパフォーマンス。ルーラーシップ産駒ですし、阪神外回りでストライドを伸ばすレースをした方が合うとは思いますが、前が崩れる展開になればここでも差し込める可能性は十分あると思います。距離はそこまで持つタイプではないとは思いますが2000mは圏内。

血統:B    距離:B    コース:C    ローテ:C

パワーホール

 父:スワーヴリチャード
 母:ストロベリーズ
母父:コマンズ

ネイキッドハートの半弟で、ミッドサマーフェアやソフトフルート、フィアスプライドの甥にあたります。曾祖母ストームソングからはオーダーオブセントジョージやアイスストームなどが出る牝系です。父のスワーヴリチャードはハーツクライの後継種牡馬で、ジャパンCと大阪杯の勝ち馬。母父コマンズはデインヒルの後継の豪州トップサイヤー。母系はスピード志向が強く、距離的には中距離までというイメージの構成でしょう。先行力が武器で内回りで粘り込む競馬が出来る京都内2000mは合うタイプでしょう。上位争いは十分可能。

血統:B     距離:B    コース:A    ローテ:B

プレリュードシチー

 父:ハービンジャー
 母:ソムニアシチー
母父:メイショウサムソン

母のソムニアシチーはJRA2勝。父ハービンジャーで、母父はメイショウサムソン、その奥がエルコンドルパサーと重厚な血統構成。未勝利勝ちは東京でしたが、抜け出す一瞬の脚が良かった面からも内回りでこそのタイプでしょう。馬群も割ってこれますし、母系にブライアンズタイムも持つので機動力もあるのは魅力。十分権利はありそうで、あとは相手関係になるかと思います。

血統:A    距離:B    コース:A    ローテ:B

ホウオウプロサンゲ

 父:キズナ
 母:セルキス
母父:Monsun

ヴェロックスの半弟で、母は独オークストライアル勝ち馬のセルキス。キズナ産駒の牡馬で母系がドイツ血統ということもあって斬れるというよりも持続力に向くタイプで、前走のアイビーSは逃げて自分の形を作っての2着。京都内回りの方が合うと思いますし、距離も十分対応は可能。あとは激流レースにならなければ上位に食い込める存在でしょう。

血統:B    距離:B    コース:A    ローテ:C

ルカランフィースト

 父:イスラボニータ
 母:ゴージャスランチ
母父:マンハッタンカフェ

母のゴージャスランチはJRA4勝。父のイスラボニータは皐月賞を制したフジキセキの後継。母父のマンハッタンカフェは菊花賞や有馬記念、天皇賞・春などを制したステイヤー。イスラボニータ産駒らしいストライドで大箱向きに感じます。京都内回りのイメージはそこまでないですが距離は問題ないですし、前走のように外からスムーズに運べれば面白いと思います。

血統:B    距離:B    コース:C    ローテ:C

京都2歳ステークス 2023 適性チェック✔︎上位馬5頭

✔︎プレリュードシチー
✔︎コスモエスメラルダ
✔︎シンエンペラー
✔︎ダノンデサイル
✔︎パワーホール

以上の5頭をピックアップさせて頂きます。

ブログの冒頭にも書きましたが、

適性チェック✔︎は能力や調子、調教、枠順、馬場、天気などのファクターは完全に度外視した競走馬の個性を取り上げるものとなりますので参考にする程度で見てもらえたら幸いです。

最終的な予想(本命馬)はレース当日の朝までに予想記事を投稿しますのでそちらもあわせてよろしくお願いします。

今週末行われる重賞レース適性チェック✔︎

11月26日(日)東京12R ジャパンC

11月26日(日)京都12R 京阪杯

ブログランキングに登録しています!よろしければポチポチお願いします!









この記事を書いた書いた人
ころめん

ころめんです!30代会社員競馬好き!競馬の魅力を伝えていけたら嬉しいです!

ころめんをフォローする
スポンサーリンク
重賞出走馬適性チェック
スポンサーリンク
シェアする
ころめんをフォローする
ころの競馬人生
タイトルとURLをコピーしました