【チャレンジカップ 2023】出走馬適性チェック✔︎

チャレンジC 2023 出走馬 適性 診断 血統 傾向 評価重賞出走馬適性チェック
スポンサーリンク

2023年12月2日(土) 阪神競馬場 芝2000m チャレンジカップ 出走馬全頭の適性診断記事になります。

この記事はチャレンジカップへの出走予定馬の適性を血統・距離・コース・ローテを細かく分析し、5段階(ABCD・E)で評価。最後に厳選上位馬を挙げたいと思います。

適性チェック✔︎は能力や調子、調教、枠順、馬場、天気などのファクターは完全に度外視した競走馬の個性を取り上げるものとなりますので参考にする程度で見てもらえたら幸いです。

血統の適性については下の血統適性評価基準をご覧下さい。

スポンサーリンク

チャレンジカップ 2023 血統適性評価基準

12月の阪神開幕週で行われる中距離重賞。内回りの2000mです。

阪神内回りらしく、キングカメハメハロベルトデピュティミニスターに注目していきたい。

チャレンジカップ 2023 出走馬適性チェック✔︎

アドマイヤビルゴ

 父:ディープインパクト
 母:イルーシヴウェーヴ
母父:Elusive City

母は仏1000ギニー勝ち馬のイルーシヴウェーヴに父はディープインパクトという良血馬。母父がゴーンウエスト系のイルーシヴシティで、その奥がレインボウクエストやニジンスキーを持つ欧州と米国の合わさった血統で、母父はダンジグを内包していてパワーに寄ったディープ産駒に。阪神のような直線坂コースは歓迎ですが、内回りの持続力というよりは直線勝負できる外回りの方がいいのかもしれません。そういった面では阪神なら1800m向きなのかなと思います。

血統:B     距離:B    コース:C    ローテ:C

イズジョーノキセキ

 父:エピファネイア
 母:キングダンサー
母父:キングカメハメハ

アイスブラストの半妹。エピファネイア×キングカメハメハはデアリングタクトと同じ配合で、大箱の中距離に適性の高い血統構成。前走エリザベス女王杯は形として悪くない展開で直線を迎えましたがジリジリと伸びた8着。地力はありますが使い詰めでデキ落ちは否めない状況で、阪神内回りも今ひとつピンと来ない印象。展開待ちの一発狙いで。

血統:B    距離:B    コース:D    ローテ:D

ウインマイティー

 父:ゴールドシップ
 母:アオバコリン
母父:カコイーシーズ

同コースで行われている昨年のマーメイドS勝ち馬のゴールドシップ産駒の6歳牝馬。母父のカコイーシーズはターフクラシックS勝ちやキングジョージVI&QEDSや英国際S2着など。スタミナに寄った配合で、阪神内回りは合う血統構成でしょう。力関係は置いておいても舞台は絶好で、綺麗な馬場で行われる開幕週は歓迎でしょう。ラストランになると思いますから何より無事に。

血統:B     距離:A    コース:A    ローテ:B

エヒト

 父:ルーラーシップ
 母:ヒーラ
母父:ディープインパクト

今年の小倉記念、昨年の七夕賞勝ち馬。ルーラーシップ産駒で母父ディープインパクトはキセキやビッグリボン、マスクトディーヴァなど活躍馬多数。母がスプリンターということもあり、血統のバランスを見ても2000m前後がベスト。阪神内の流れは合いますし、母系のデインヒルも活きた力強い後駆で坂コースは十分こなせるでしょう。上手く流れに乗れれば上位食い込みも可能。

血統:A    距離:A    コース:A    ローテ:C

エピファニー

 父:エピファネイア
 母:ルールブリタニア
母父:ディープインパクト

母はオークスや秋華賞を制したミッキークイーンと同血で、エリザベス女王杯を制したブレイディヴェーグのいとこにあたる血統。エピファネイア×ディープインパクトはアリストテレスなど長いところに向く配合で、距離は伸びてこなせるアウトライン。気性的に1800mあたりベターですが、2000mなら前走のような速いタフな流れが向くと思います。溜めて斬れ勝負になりやすい外回りよりは立ち回りやすいかも。

血統:B    距離:B    コース:B    ローテ:B

ガイアフォース

 父:キタサンブラック
 母:ナターレ
母父:クロフネ

昨年のセントライト記念勝ち馬で、マイラーズC2着、安田記念4着馬。父のキタサンブラックはイクイノックスやソールオリエンスなど活躍馬を輩出し勢いのある種牡馬。母父がクロフネという点からも血統的には阪神内2000mは悪くない配合でしょう。中盤緩めるよりも前走の天皇賞のような澱みない流れの追走力は現役でもトップクラス。ここも自分のペースで進めれば十分押し切れるだろう。

血統:A    距離:B    コース:B    ローテ:B

テーオーシリウス

 父:ジャスタウェイ
 母:ハロースカーレット
母父:シンボリクリスエス

曾祖母がスカーレットローズなので近親にサカラートやヴァーミリアンなどが出る名牝系で、タイセイアベニールのイトコにあたります。父のジャスタウェイはハーツクライの後継で、ドバイDFや天皇賞・秋、安田記念を制した名馬で、ダノンザキッドやヴェロックスなどの父。母父シンボリクリスエスはロベルト系で、レイデオロやソングライン、オーソリティなどの母父。ストライドが伸びるので、揉まれない競馬をするのが理想。同型次第ですが開幕週の阪神内回りは悪くないでしょう。理想はもう1ハロン短いところかも。

血統:A    距離:B    コース:B    ローテ:C

フェーングロッテン

 父:ブラックタイド
 母:ピクシーホロウ
母父:キングヘイロー

スプリンターズS勝ち馬のピクシーナイトの半弟にあたります。父のブラックタイドはディープインパクトの全兄弟でキタサンブラックの父。母父キングヘイローだから血統の構成はイクイノックスに近く、その奥にサクラバクシンオーを持ち、1800m〜2000mに適性。先行して粘り強い走りが武器ですが、近走はスタートからズブくなっているところが気掛かり。阪神内回り2000mは今年の春の鳴尾記念で2着があるし適性自体は十分ですが、精神面が課題に。

血統:C    距離:B    コース:B    ローテ:C

フリームファクシ

 父:ルーラーシップ
 母:ライツェント
母父:スペシャルウィーク

ディアドラやリューベックの半弟にあたり、ダービー馬ロジユニヴァースの従兄弟にあたります。父ルーラーシップはキングカメハメハの後継種牡馬で、トニービン内包し長距離志向もしくはワンペースに向く産駒が多く、本馬はスペシャルウィークが母父にマキャヴェリアンを母系に持つのでスピード能力が高く出ました。性格的に燃えやすいので、揉まれない位置で競馬出来ればといったところでしょう。ダービー以来ですが内回り実績は十分だと思いますからスムーズに運べれば上位争いの1頭に。

血統:A     距離:A    コース:B    ローテ:C

べラジオオペラ

 父:ロードカナロア
 母:エアルーティーン
母父:ハービンジャー

祖母のエアマグダラはJRA4勝馬で、エアメサイアやエアシェイディの全妹にあたる血統。叔父にサトノヘリオスがいます。父のロードカナロアは世界を制したスプリンター。母父はハービンジャーでパワー型の中距離血統といったところでしょうか。重馬場のスプリングSを制し、ダービーも上がり最速で追い込んだ4着。アクション大きめで本質は大箱向きだとは思います。先行も出来ますし、阪神内回りでも案外やれそうですが、ダービー以来でどこまで馬が成長しているかが鍵。

血統:B    距離:B    コース:B    ローテ:C

ボッケリーニ

 父:キングカメハメハ
 母:ポップコーンジャズ
母父:ダンスインザダーク

宝塚記念や天皇賞秋を制したラブリーデイの全弟にあたります。中長距離でコースも大きく問わずGII、GIIIクラスなら崩れる走ってくるタイプ。7歳ですが、前走の京都大賞典の走りからも衰えは全く感じさせず、阪神内回り2000mの鳴尾記念制覇の内容からも特に不安材料は内容に感じます。全体的な重厚感からも上がりが掛かった方がいいタイプですし、持続力勝負になれば当然ここも勝ち負けに。

血統:A    距離:B    コース:A    ローテ:B

マテンロウレオ

 父:ハーツクライ
 母:サラトガヴィーナス
母父:ブライアンズタイム

サウスビクトルやインスピレーションの下で、マイスタイルのイトコにあたる血統。母のJRA3勝はダート1000m、1200mで、それに父が長距離志向のハーツクライだから中距離馬に出るのは順当で、母系がブライアンズタイムとダンジグで機動力パワーを備えています。関西圏なら崩れないですし、大阪杯4着の実績からもここに対する適性は十分。ここらで一発あっていい存在でしょう。

血統:A    距離:B    コース:A    ローテ:B

リカンカブール

 父:シルバーステート
 母:アンブラッセモワ
母父:Zoffany

4代母のジェノヴェーファからはサマーハが出るのでシャケトラやラスールなどと同牝系にあたります。シルバーステート産駒で母父がデインヒルのラインのゾファニーは愛国スプリンターとして活躍。母系の重厚血統からも上がりの掛かるタフな決着には強く、ロベルト持ちらしく内回りに向きます。展開には左右されるタイプだとは思いますし、前崩れになるようなら浮上。開幕週の馬場がどうかでしょう。

血統:A    距離:B    コース:A    ローテ:C

チャレンジカップ 2023 適性チェック✔︎上位馬4頭

✔︎ウインマイティー
✔︎エヒト
✔︎ボッケリーニ
✔︎マテンロウレオ

以上の4頭をピックアップさせて頂きます。

ブログの冒頭にも書きましたが、

適性チェック✔︎は能力や調子、調教、枠順、馬場、天気などのファクターは完全に度外視した競走馬の個性を取り上げるものとなりますので参考にする程度で見てもらえたら幸いです。

最終的な予想(本命馬)はレース当日の朝までに予想記事を投稿しますのでそちらもあわせてよろしくお願いします。

今週末行われる重賞レース適性チェック✔︎

12月3日(日)中京11R チャンピオンズC

12月2日(土)中山11R ステイヤーズS

ブログランキングに登録しています!よろしければポチポチお願いします!









タイトルとURLをコピーしました