【シルクロードステークス 2024】出走馬適性チェック✔︎

シルクロードS 2024 出走馬 適性 診断 血統 傾向 評価重賞出走馬適性チェック
スポンサーリンク

2024年1月28日(日) 京都競馬場 芝1200m シルクロードステークス 出走馬全頭の適性診断記事になります。

この記事はシルクロードステークスへの出走予定馬の適性を血統・距離・コース・ローテを細かく分析し、5段階(ABCD・E)で評価。最後に厳選上位馬を挙げたいと思います。

適性チェック✔︎は能力や調子、調教、枠順、馬場、天気などのファクターは完全に度外視した競走馬の個性を取り上げるものとなりますので参考にする程度で見てもらえたら幸いです。

血統の適性については下の血統適性評価基準をご覧下さい。

スポンサーリンク

シルクロードステークス 2024 血統適性評価基準

4年ぶりの京都開催。芝1200mで行われます。

ストームキャットが強い舞台ではありますが、今年はタフな芝ですからその辺りに対応できるかどうかは気にしたいところ。

シルクロードステークス 2024 出走馬適性チェック✔︎

アグリ

 父:カラヴァッジオ
 母:オールドタイムワルツ
母父:War Front

米9FGIのQE2世チャレンジC勝ち馬のトゥギャザーが祖母で、4代母まで遡るとアベイドロンシャン勝ち馬のインペリアルビューティがいる血統。父カラヴァッジオはストームキャット系のスキャットダディの後継で、欧州スプリンターとして活躍。母父のウォーフロントはダンジグの後継で、様々な分野で活躍馬を出すオールマイティな種牡馬。スピード+パワーで急坂コースに強い印象。1400mベターと常々書いてきましたが、今の京都の時計の掛かる馬場はプラスになるかもしれません。道悪よりは乾いた馬場で。

血統:B     距離:B    コース:B    ローテ:C

エターナルタイム

 父:ロードカナロア
 母:マジックタイム
母父:ハーツクライ

母はダービー卿チャレンジトロフィーやターコイズSを制したマジックタイム。近親にはゲシュタルトのいる血統で、父のロードカナロアはスプリント色強めの種牡馬ですが、母系がハーツクライにサドラーズウェルズと長丁場にも向く血が入り、マイル前後で勝ち鞍。快速馬というイメージこそないですが、距離を短縮する分には問題ないでしょう。関西圏や右回り等諸々初めての経験ですし、展開に寄るとは思いますが時計が掛かってくれば上位のチャンスはあるのかなと思います。

血統:B    距離:B    コース:C    ローテ:B

オタルエバー

 父:リオンディーズ
 母:ルージュクール
母父:Redoute’s Choice

ロークアルルージュやベイサイドブルーの半弟。父リオンディーズは朝日杯FSを勝ったシーザリオ一族のキングカメハメハ産駒。母父が豪州スプリンターのリダウツチョイス。パワー型スプリンターで、1年休養を挟んでから徐々に力をつけて前走でリステッド競走勝ち。京都よりも阪神や中山の方がいいイメージはありますが、いよいよ完全された感じはしますここでも上位にこれるポテンシャルは秘めていると思います。

血統:B     距離:A    コース:C    ローテ:B

カイザーメランジェ

 父:サクラオリオン
 母:サクラジュレップ
母父:サクラプレジデント

京王杯SCなど短距離で活躍したサクラゴスペルの甥にあたる血統で、父のサクラオリオンはエルコンドルパサーの系譜で、ダンジグ内包とパワーやタフさに振れた種牡馬で、母父サクラプレジデントへ札幌記念や中山記念を制した馬。2走前のルミエールオータムダッシュで4年振りの勝利と今年9歳でも闘争心は十分。年齢的にも速い決着は厳しいと思いますし、今のタフな京都の馬場なら条件は悪くないでしょう。上手く行って少しでも上の着順を。

血統:C    距離:A    コース:B    ローテ:C

カワキタレブリー

 父:ドレフォン
 母:カフジビーナス
母父:ディープインパクト

カフジアスールやニシキギミッチーの兄弟でローレルブレットやウィンドライジズの甥にあたる血統。父ドレフォンはストームキャット系種牡馬で芝ダート兼用の産駒が多く、ジオグリフやデシエルトの父。母系の奥がカーリアンやプリンスリーギフトと京都に合いそうな血が入ってはいますし、前走同コース凡走も馬場や展開を考えれば見直しは可能。1200mは疑問ですが、今の馬場なら対応は出来るのかなと思います。差し込みは十分。

血統:A    距離:B    コース:B     ローテ:B

サトノラムセス

 父:ルーラーシップ
 母:サトノエカテリーナ
母父:ディープインパクト

サトノファビュラスの半弟で、祖母がロンドンブリッジなのでダイワエルシエーロやグレーターロンドンの甥。父ルーラーシップで母はブリッツフィナーレの全妹なのでキセキと同血統。前走の淀短距離Sからも1200mよりも1400mの方が競馬はしやすいのかなという印象。京都は合いますし、時計が掛かる今の馬場はプラスに働くと思いますから今回もロスなく立ち回って上位を。

血統:B    距離:C    コース:A    ローテ:C

サンライズオネスト

 父:ダイワメジャー
 母:サイモンドルチェ
母父:ジャングルポケット

オーロマイスターやテーオーアポロンの甥にあたる血統。父ダイワメジャーはマイル志向の強いサンデー系種牡馬で、セリフォスやレシステンシア、アドマイヤマーズなどの父。母父ジャングルポケットはスタミナ豊富な血統で、それもあってかタフな展開への強さが武器に。1200mよりはもう少し距離があった方がポジションは取れそうで、今回も位置取りが課題に。前々で運べれば粘り込みも可能。京都よりも阪神に向くタイプだとは思いますが、今のタフな馬場はいいかもしれません。

血統:C    距離:B    コース:B    ローテ:C

サンライズロナウド

 父:ハービンジャー
 母:ヴァイスハイト
母父:アドマイヤベガ

スキルヴィングの叔父にあたり、祖母がソニンクなのでディアドラやロジユニヴァースのいとこにあたります。父ハービンジャーはデインヒルの後継種牡馬。母父アドマイヤベガはサンデー直仔のダービー馬。元々中距離を使ってましたが母がダートスプリンターということもあり、距離を短縮して3勝クラスを突破。ハービンジャー産駒らしく下る京都は合っていそう。1200mも前走の感じからは問題ないと思います。気性的に難しそうなのでピンパーだとは思いますが、地力的には通用しても驚かない存在です。

血統:B    距離:B    コース:A     ローテ:B

ジューンオレンジ

 父:ジャスタウェイ
 母:アドマイヤサブリナ
母父:シンボリクリスエス

ジューンベロシティの半妹で、謹慎にペールギュントのいる血統。父ジャスタウェイはハーツクライ産駒で天皇賞・秋や安田記念、ドバイDF勝ち馬で、ダノンザキッドの父。母父シンボリクリスエスはロベルト系でパワー機動力に富む血統。本質大箱向きで、前走のように外から揉まれず回ってくる形が理想でしょう。京都よりは阪神だとは思いますし、このクラスのスプリント戦での追走は課題になるかも。連勝している1400m向きかもしれませんがポテンシャルはいいものを持っています。

血統:C     距離:B    コース:C    ローテ:C

ショウナンハクラク

 父:Frankel
 母:ショウナンアデラ
母父:ディープインパクト

阪神JF勝ち馬のショウナンアデラの初仔で、父は欧州マイル絶対王者のフランケルという良血。母系にゴーンウエストも入る欧米のブレンドでバランスの取れた構成。母父ディープインパクトということもあり溜めて弾けるスプリンターですが、オープン入り後はワンパンチ足りない印象も。京都1200mの舞台自体は悪くないですから展開などの後押しがあってどこまで。

血統:B    距離:A    コース:B    ローテ:C

ディヴィナシオン

 父:ヴィクトワールピサ
 母:フギン
母父:ストリートセンス

母のフギンはJRA4勝、NAR3勝のスプリンターで、4代母からは安田記念を制したフェアリーキングプローンが出る牝系。父のヴィクトワールピサはドバイWCや有馬記念、皐月賞を制した種牡馬。母父ストリートセンスはBCジュベナイルやケンタッキーダービーを制したアメリカの名馬。マキャヴェッリアンのクロスでスピードが強く、デインヒルのパワーと持続力で中山や小倉の様なコースに良績。年齢的にも時計が速すぎると流石に厳しい面はあると思いますし、今の時計の掛かる外差し馬場は悪くないでしょう。上がり自体はしっかり使えるので展開次第で上位流れ込みか。

血統:B     距離:A    コース:C    ローテ:C

テイエムスパーダ

 父:レッドスパーダ
 母:トシザコジーン
母父:アドマイヤコジーン

母のトシザコジーンはJRA3勝。ナーゲルリングの全妹で、トシザグレイトの姪。父レッドスパーダはタイキシャトルの系譜で、ストームキャット内包。母父アドマイヤコジーンだからテンから流れる競馬が合う血統。2走前のセントウルSでマイペースで逃げて快勝。その時のような競馬が理想。京都コース向きだとは思いますが、今の時計の掛かる馬場が懸念材料に。先ずは好枠から発進したい。

血統:B    距離:A    コース:B    ローテ:C

トゥラヴェスーラ

 父:ドリームジャーニー
 母:ジャジャマーチャン
母父:アドマイヤコジーン

母はスプリンターズSを勝ったアストンマーチャンの全妹で、トオヤリトセイトの全兄にあたる血統。父のドリームジャーニーはオルフェーヴルの全兄でグランプリ連覇を果たした名馬で、ヴェルトライゼンデやスルーセブンシーズの父。母父アドマイヤコジーンはノーザンテーストを内包したコジーン産駒。ドリームジャーニーらしくピッチ走法で使える脚がそこまで長くない分スムーズに運びすぎると最後甘くなります。開幕の進んだ京都ならプラスになりそうですが、距離は1400mの方が立ち回り易いか。展開と馬場次第で差し込みは警戒。

血統:A     距離:B    コース:B    ローテ:B

バースクライ

 父:ハーツクライ
 母:ティップトップ
母父:Dubawi

母はJRA3勝。インテンスフレイムの半妹で、英ダービーやキングジョージ勝ち馬のアダイヤーが近親にいる血統。父ハーツクライはサンデー系の大種牡馬。母父ドバウィはマイル志向の強い血で、母系のカーリアンからも全体的なスピード色は強い血統かなと思います。目下3連勝でチューリップ賞以来の重賞再挑戦。ピュアスプリンターでは無いと思いますが、精神的な難しさもあるので、現状は1200mで問題は無いでしょう。京都平坦よりは阪神など坂のあるコースの方がプラスに働きそうですが、ポテンシャル自体は通用十分。

血統:C    距離:B    コース:C    ローテ:B

ホープフルサイン

 父:モンテロッソ
 母:ステラーホープ
母父:グラスワンダー

母はJRA2勝で、近親からは特に目立った馬は出ていません。父のモンテロッソはドバウィの後継でAWのドバイWCを制覇。マクフィやビリーバーの父で、母父のグラスワンダーはダンジグ内包のロベルト系でグランプリ3連覇した名馬。母が短距離で活躍し、血統的なパワーからも京都よりは阪神や中京向きのようにも。1200mよりも1400mベターだと思いますが、力の要する今の馬場は合いそうですから、前走のようなロスのない競馬で一発を狙いたい。

血統:C    距離:B    コース:C    ローテ:C

メイショウソラフネ

 父:モーリス
 母:メイショウデイム
母父:マンハッタンカフェ

メイショウゲンセンの半弟で、母はシルクロードS3着馬。モーリス産駒で母父マンハッタンカフェ、そして母系にプリンスリーギフトのラインを持つ血統構成で、京都の下りには合うイメージです。前走の様な綺麗な競馬が出来れば重賞でも上位争いは可能でしょう。速すぎるペースにならなければ面白い存在に。

血統:B    距離:B    コース:A    ローテ:C

リバーラ

 父:キンシャサノキセキ
 母:インドリア
母父:Stormy Atlantic

母のインドリヤはブラジルGIII勝ち馬で、イグザルトの半妹。父キンシャサノキセキはスプリンターで、フジキセキの後継。母父はストームキャット系のストーミーアトランティックでダート6Fを中心に勝ったスプリンター。ファンタジーS勝ち以降凡走が続いています。京都1200m自体は合う舞台だと思いますが、問題は今のタフな馬場が合うかどうか。

血統:A    距離:A    コース:B    ローテ:D

ルガル

 父:ドゥラメンテ
 母:アタブ
母父:New Approach

曾祖母イーストオブザムーンはキングマンボの半妹で仏オークスなど仏GI3勝の名牝。ドゥラメンテ産駒で母父ニューアプローチだと少し重たい印象はありますが、本馬は母系にストームキャットを持ち締まりもある血統構成。同条件だった京阪杯は2着とここでも勝ち負けになれる能力はありますし、この産駒ですし時計の掛かる馬場もこなしてくるのかなと思います。実力は上位で。

血統:B    距離:B    コース:A    ローテ:A

シルクロードステークス 2024 適性チェック✔︎上位馬4頭

✔︎ルガル
✔︎カワキタレブリー
✔︎サンライズロナウド
✔︎トゥラヴェスーラ

以上の4頭をピックアップさせて頂きます。

ブログの冒頭にも書きましたが、

適性チェック✔︎は能力や調子、調教、枠順、馬場、天気などのファクターは完全に度外視した競走馬の個性を取り上げるものとなりますので参考にする程度で見てもらえたら幸いです。

最終的な予想(本命馬)はレース当日の朝までに予想記事を投稿しますのでそちらもあわせてよろしくお願いします。

今週末行われる重賞レース適性チェック✔︎

1月28日(日)東京11R 根岸S

ブログランキングに登録しています!よろしければポチポチお願いします!









タイトルとURLをコピーしました